kamisama のすべての投稿

ことばのちから

2019年2月1日発行分

日本語の平仮名(大和言葉)は一文字づつそれぞれ意味があります。

例えば、「か」という言葉は「神」の「か」、「おかあさん」の「か」であり、

いのち(生きるための知恵)を表す言葉です。
おかあさんは子供にいのちを伝えるので「か」という言葉が含まれています。
次に「き」という言葉は、私達、生物を生かす神の知恵を表しています。

漢字で書くと「気」になりますが、この「気」が衰えると病気になったり

いろいろな不幸が現れてきます。
人間には普段知らず知らずのうちに「つみ・けがれ」というマイナスのものが付くことがありますが、

この「けがれ」というのは神様の尊い「気」が枯れてしまった状態(気枯れ=けがれ)です。
そして神社で行われている「おはらい」は、この「つみ・けがれ」を消して

人間本来の元気な姿に戻すことができます。
はらいについてはこちらをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/ooharai.html
また言葉というものは、それを発することによって

現実の世界が現れてきます。
150億年前に起こったビックバンで、はじめに素粒子という目に見えない波動が生まれました。

そしてこの波動同士が結びつくことによって、

原子、分子ができ、それらも結びつくことによって、

私達の目に見える物質というものが出てきました。
言葉を発すると、音となりますが、音も波動の一種ですので、

言葉を話すということは、波動を出すということになります。
これが結びの力で、現実の現象となるので、

神の御心に沿う「良い言葉」を話せば、そこに神の世界が現れてきますが、

逆に神の御心に反する「悪い言葉」を話せば、悪い現象が現れます。
これを日本では言霊(ことだま)とよんでいます。
そして最高のことばというのは、「おはらい」のときに奏上する

「大祓いのことば」です。

これこそ、最も神の御心に沿った最高のことばです。
このことばは、太古の昔、藤原氏の誰かが、

神様が言われた( 宣(の)られた )言葉を肌で感じ、

それを言葉に表したもので、これを無我になって唱えれば

体についた「つみ・けがれ」を消して本来の元気な姿に戻すことができます。
つまり元気な体にするには、

運動をしたり、あれこれ健康食品を選ぶ前に

「大祓いのことば」を唱えて、

神様の尊い気が枯れないようにするということが一番大切です。
大祓いのことばについてはこちらをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/ooharai.html
毎日家庭で「はらい」を行い、

日常生活でも「良い言葉」を発するようにし、

神様に感謝のおまつりをして神様にお喜びいただくことによって

最高に幸せな人生を生きることができます。
神様のおまつりの仕方は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

認める

2019年1月15日発行分

「認める」という言葉がありますが、

認めるの「み」は本来、「神様のいのち」という意味です。

そして「と」というのは「伝わる」という意味になります。

日本の「戸」という言葉は、外国のドアのように遮断するという意味ではなく、

内側のものが外側へ、外側のものが内側へ伝わるという意味になります。

そのため神社のおまつりではご神体のおまつりされているお宮の扉が閉じられたまま、

おまつりが行われています。

扉を閉じていても、お宮の内側の神様のいのちは外側に伝わってきますし、

お宮の外側の人の感謝のこころも内側の神様に伝わってくるわけです。

次に認めるの「める」という言葉は「薄める」などのように「する、行う」という意味です。

つまり「みとめる」という言葉は

「神様のいのちが伝わってくる」という意味になります。

そのため、神様の存在、神様からのお恵みを認めて、

感謝のおまつりを神様にさせていただくことによって、

神様のいのちが私達にも伝わってきて、幸せになれるわけです。

また、だれでも人から認められるとうれしいものです。

女性なら、「美しいですね。可愛らしいですね。」と褒められたら誰でもうれしいと感じますし、

男性なら例えば自分の取り組んでいる仕事などが立派ですね。と認められたらうれしいものです。

そこで常に神様やご先祖様をはじめ、周りの人を認めるということは非常に大切なことです。

葉室先生は医師をされていたころ、老人施設で診療をすることになり、

90歳を過ぎた女性で、周りに打ち解けられずに一人でしょんぼりしていた人を

診療する機会がありました。

そのとき、その女性が日露戦争の頃の話をはじめたときに、

葉室先生が熱心にその話を聞き始めたとたん、

女性は生き生きとしてきて、さらに自分の生い立ちから結婚のこと、

子供や孫の話まで目を輝かせて話し始めて

葉室先生の手を握ったまま離さなかったそうです。

つまり人の話をしっかりと親身に聞いてあげるということも

その人を認めることになるので、

神様のいのちがその人に伝わって生き生きとしてくるわけです。

ぜひとも神様とご先祖様を認めて感謝し、おまつりをして、

周りの人を認めて、幸せになってもらうことが大切です。

神棚のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

神様、ご先祖様が喜ぶことをする

2019年元日発行分
神様、ご先祖様にお喜びいただければ

願わなくてもお恵みがいただけるというのがこの世の真実です。
太古の昔から私達のご先祖様はそれを知っていたので、

神様やご先祖様への感謝のおまつりを第一に考えて生きてきました。
そして何事も「神様とご先祖様のおかげ」と感謝して生きるというのが

本来の日本人です。
しかし現代では、神様やご先祖様に感謝したり、おまつりをせずに、

科学や経済が豊かになれば幸せになれると

思い違いをしている人が多くなってしまいましたが、

それではいくらがんばっても幸せになることはできません。
戦後の欧米の知識だけを教える教育の影響で

そのような日本人ばかりになってしまった訳ですが、
あきらめていたらそれで終わりですので、

何事も「神様とご先祖様のおかげ」と感謝して生きる

本来の日本人に戻してゆく必要があります。
そしてあの世とこの世はつながっていますので、

ご先祖様が黄泉の国(よみのくに)(天国)で幸せに暮らしていただいて

はじめて、私達も幸せに暮らすことができます。
最近、まれにみる災害や事故が増えてきましたが、

これも真実に反したことをしている私達人間への警告です。
神様、ご先祖様にお喜びいただくには、

まず神様、ご先祖様に何事も理屈なく感謝し、

毎日感謝のおまつりをおこなうことです。
そして「いのち(生きるための知恵)」を子供や周りの人に伝えることも

重要です。
ここで「いのち」というのは、生きるための知恵であり、

これは神様、ご先祖様に何事も理屈なく感謝し、

毎日感謝のおまつりをおこなうこと、

そして周りの幸せを考えて生きるということです。
葉室頼昭先生の本を読んで、意味がわかったつもりでも、

それを実行しない人がいますが、

実行してはじめて理解できているといえます。
人間というのは極端に衛生的な環境で生きていると

本来、体を守るはずの免疫細胞が

抗体を出して外的から守る必要がなくなるため、

逆にアレルギーを引き起こすようになっています。
それと同じで人間自身も何も良いことをしないと、

不幸が現れてきます。
よく「私は無宗教です。」と言って、いかにもそれが普通であると考えている人がいますが、

神様、ご先祖様が喜ぶようなことを何もしないとか、

何も感謝しないというのも

宗教とかの問題ではなく、真実に反することなので不幸が現れてきます。
毎日、神様、ご先祖様をはじめ

周りの人が喜ぶようなことをすることが大切です。
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

内面からのうつくしさ

2018年12月15日発行分

日本人は古来、「うつくしい」という言葉には、

「美」ではなく、「徳」という漢字を当てはめました。
これは日本人は外観の美しさではなく、

内面のうつくしさを重んじてきたため、

心のうつくしさを表す「徳」という字になったわけです。
人間は年を重ねると、しわが増えて、皮膚もたるんできたりして、

外見をどれだけ綺麗に見せようとしても

若いころに比べると限界がありますが、
心のうつくしい人というのは年を重ねるにつれて

内面からにじみ出るうつくしさによって

素晴らしさや輝きが、さらに増してゆきます。
そして神様は内面の美の大切さに気付かせるために、

年を重ねるにつれて外見が変化してゆくようにされました。
また日本には着物があり、着付けを行う「衣紋道(えもんどう)」というものもありますが、

この着物というのもそれを着た人の内面の美を表すことができます。
海外の場合は綺麗なドレスを着て、キラキラした装飾品などを付けて

外面の美しさを追求していますが、
日本ではシンプルな着物を正しく着ることによって

内面からの真実のうつくしさ、神様のうつくしさを出すことができます。
現代では流行といって得体の知れない服を着ている人がたくさんいますが、

日本人はやはり日本人らしい服装をすることによって

その人の本当のうつくしさが出てきます。
私達は、内面を常に磨いて、徳を積み、

本当のうつくしさを出せるようにしなければなりません。
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

まかふしぎな世界

2018年12月1日発行分
日本の歴史は古来、語部(かたりべ)という頭の良い人がすべて暗記しており、

それを他の人に語って聞かせることによって代々伝えられてきました。
しかし奈良時代に入ると中国から入ってきた漢字をそれらのことばに当てはめて

日本の歴史書である古事記などがつくられました。
言葉というものは発音して語ることによって日本人の心が伝わりますが、

このように漢字などの文字を当てはめたために、

それらの文字を読むだけでは、

語部が伝えてきた本来の日本人の心が次の世代に伝わらなくなってしまいました。
例えば古来より毎日全国の神社で唱えられている

「つみ・けがれ」を祓うための「大祓のことば」や古事記には

「たかまかはら」という言葉が出てきます。
「つみ・けがれ」を祓う「大祓のことば」については以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/ooharai.html

この言葉を漢字で書くと「高天原」になりますが、

漢字を当てはめてしまうと、「高い天に神様がおられる原っぱ」と別の解釈がされてしまいます。
しかし本来は「たかまかはら」の「たか」「まか」というのは、

まか不思議というように、「大変不思議である」という意味になります。
そして「はら」というのは、「は」というのは「いのちが生まれる」という意味になります。
そのため日本では、子供という新たな命を産んで、

いのちを伝えることができる母のことを「はは」、
二酸化炭素を光合成によって

他のいのちを生かす酸素を生み出すことができる葉っぱを「は」とよんでいます。
そして「はら」の「ら」というのは、

君ら、僕らというように「たくさん・複数」という意味です。
そこで「はら」というのは「いのちがたくさん生まれるところ」という意味になります。

「原」も草木がたくさん生い茂って、いのちがたくさん生まれているので

「はら」とよんでいるわけです。
つまり「たかまかはら」というのは、

神様の知恵によって、たくさんのいのちが生まれる大変不思議な世界という意味です。
このように古来からある日本のことばに無理やり漢字を当てはめてしまうと

本来の意味が分からなくなってしまうことがあります。
そして神様の世界は「たかまかはら」と表されるように

人間の常識では想像もできないようなすごい世界です。
例えば150億年前にビックバンが起こり、宇宙ができましたが、

ビックバンが起こる前の世界をどんどんさかのぼってゆくと、きりがないということが分かります。
また宇宙においても、宇宙の端っこというものが不明で、

仮にあったとしても、その向こう側も、きりがないということが分かります。
つまりこの世は、人間の常識である、時間や広さの限界というものが存在しないということです。
こんなことを考えるだけでも、人間には想像もできない不思議な世界に

私達は生きているということが分かります。
そして私達のご先祖様は太古の昔からこの不思議な世界を感じて、

神様やご先祖様を崇敬し、そのお恵みに感謝してきました。
私達も今こそ、科学で証明できないものは信じないといった人間だけの理屈は捨てて、

「たかまかはら」という素晴らしい世界、

神様やご先祖様に感謝するという生き方に戻す必要があります。
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

本物に何度も触れる

2018年11月15日発行分
生まれて間もない子供は大人のような免疫を持っていないため、

体内のTリンパ球という免疫細胞が、胸のところにある胸腺(きょうせん)というものに触れて

免疫の能力を得る訓練をします。
このTリンパ球が免疫の能力を得るには、まず自己というものを知ることからはじまります。

そして自己を知ることによって、体の中に細菌が入ってきたときに、

その細菌に触れて「自分とは違う異物である」と認識することができます。
これと同様に異物や偽物が分かるには、

はじめに本物に十分に触れて本物を知る必要があります。
例えば宝石の鑑定士もはじめに本物の宝石を十分に知っておくことによって、

偽物が一目で見分けられるそうです。
私達の生活においても、常に本物や真実に何度も触れて

間違いがすぐにわかるようにしておく必要があります。
神様とご先祖様のおまつりにおいても、

感謝の心を込めて毎日欠かさず続ける(触れる)ことによって

人生において何が真実で、何が間違いなのかが自ずと分かるようになってきます。
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

我々を生かしてくれる細菌・微生物

2018年11月1日発行分

現代では細菌や微生物といいますと人間に害のあるものと考える人が多いですが、

神様が人間に害のあるものをわざわざ作られるはずがありません。
それどころか、人間は細菌のお蔭で生きることができています。
例えば腸の中にいる無数の菌は人間が食べたものを分解して、

いろいろな栄養素を生み出してくれるお陰で私達はエネルギーを得ることができます。

また不要になったものは外に排泄できるように働いてくれています。
しかし現代では何でもかんでも抗菌しようとして、抗菌グッズなど、

細菌や微生物を殺すことばかり考え、

ケガをしたり体調が崩れるとすぐに細菌を殺す抗生物質を飲んだりしています。
また抗生物質を含んだエサを食べている「豚や牛の肉」なども売られています。
その結果、人間の体内の細菌が死んだり弱ったりするので

体の力も衰えてゆくわけです。
また人間の免疫細胞には「Th1」と「Th2」という2つのものがあります。
「Th1」は体の中に入ってきた微生物などから病気になるのを防ぎ、

「Th2」はアレルギーを起こす作用があります。
そして免疫細胞が「Th1」か「Th2」のどちらに行くかは人間のいる環境によって決まります。
人間の周りに細菌やウイルスなどがたくさんいれば体を守る必要があるので「Th1」に行きますが、

逆に抗菌、滅菌と極端に清潔な環境の場合は体を守る必要がなくなるためアレルギーを引き起こす「Th2」に行くわけです。
戦後、生活が豊かになり、抗菌、滅菌と極端に清潔な環境になったため

ご存知の通り花粉症などのアレルギー性の病気が激増してきたわけです。
そこで、まずはこのような生物の原点を理解することが大切です。
人間を生かしてくれる細菌と共に生き、

それに感謝することによって真の健康が現れてきます。
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

大祓のことばを唱えると…

2018年10月15日発行分

太古の昔から現代まで、全国の神社では毎日「大祓(おおはらえ)のことば」というものが

唱えられています。

このことばは太古の昔、中臣氏(神事・祭祀をつかさどった中央豪族)の誰かが神様の声を肌で感じ、

それをことばとして表したもので、
このことばを唱えることによって普段知らず知らずのうちに体についた

「つみ・けがれ」が消えて、人間本来の素晴らしい姿に戻ることができます。
ここで「つみ」というのは罪という意味ではなく、

人間本来の素晴らしい姿を包み込んでしまうもの(包む身 ⇒ つみ)で

「けがれ」というのは汚いという意味ではなく、

神様の尊い気が枯れてしまった状態(気枯れ ⇒ けがれ)を指します。
はらいについてはこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/ooharai.html
現代では言葉といえば、単に意思や情報を伝達するための手段にすぎないと思われていますが、

実はそうではなく、言葉というものは神様の世界を表現するために人間だけに与えられたものです。
150億年前にビックバンがおこり、宇宙ができましたが、

そのときに中間子や素粒子という「波動」によって原子ができ、宇宙に無数のものがあらわれてきました。
つまり、この世のあらゆるものは「波動(はどう)」からできていますので

当然、発声した言葉というものも波動です。
大祓のことばというのは神様の世界を表現したものですので

このことばを唱えるということは、

神様の世界を表現した素晴らしい波動を出しているということになります。
そして、それによって人間本来の素晴らしい姿に戻ることができるわけです。
言葉を発するというと、単に音となって伝わるだけと思われていますが、

このように言葉を発するというのは、波動を出しているということになるので、

常に正しい日本語、周りが喜ぶような良い言葉を発するということが大切です。
現代では若い人が流行と言っておかしな造語ばかりしゃべっていることがありますが、

それはおかしな波動を出しているため

ご存知の通り今、おかしな世の中になっているわけです。
毎日神棚の前で大祓のことばを唱えて

素晴らしい波動を出されることをおすすめいたします。
神棚の前で大祓のことばを唱える作法は以下のページの
「4 おまつりの仕方」をご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

バランスと調和

2018年10月1日発行分

この世は神様の知恵によって全体がバランスをとって調和して成り立っています。
例えば人間の体に関しても、ある細胞のグループは脳みそ、

別の細胞のグループは心臓といったかたちで役割ごとに分かれて、

全体として調和することによって私達は生かされています。
また食物連鎖という言葉がありますが、

こんな生物は別にいなくてもいいんじゃないかと思うようなものもありますが、

決してそのようなことはなく、地球全体のバランスのために必要であるため存在しているわけです。
また、世界には様々な民族がありますが、

この民族に関してもお互いに争うのではなく、

それぞれが民族ごとの特徴を出しながら、調和して繁栄してゆくために

神様は世界に様々な民族を作られました。
このように神様の素晴らしい知恵によって、

複数のものがお互いにバランスを取り合って調和するというのが真実であるため、

私達もそれを意識して生きてゆく必要があります。
日本には八百万の神(やおよろずのかみ)といって

数えきれないほどのいろいろな神様がおられ、様々な神社がありますが、

神社同士が争うことなくお互いにバランスよく調和することによって日本が成り立っています。
これが日本人が古来から大切にしてきた「共生」という素晴らしい生き方です。

他人を不幸にしたり、他人と争ったりして自分が幸せになるというのは真実ではありません。
人間には、相手の幸せを考えて、争うことなく「共に生きてゆく」という

「共生のこころ」が大切であり、

その真実を子供たちに伝えてゆく必要があります。
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

この世で必要ないものは消えてゆくアポトーシス

2018年9月15日発行分

宇宙には「アポトーシス」という法則があります。

これは「この世で必要ないものは消えてゆく」というものです。
例えば病気などで長い間寝たきりになっていると、

足の細胞が自分は必要でないと感じて消えてゆくため、

いざ歩こうとしてもまともに歩けないということがあります。
また認知症が問題になっていますが、脳の細胞においても使わないと

どんどん消えてゆくといわれています。
私達、人間の脳を活性化させて、脳細胞が消えてゆかないようにするには、

理屈を考えるという部分よりも、

「神様の真実の世界を見る。感じる。」ということに努めることが大切です。
美しい宇宙、自然の恵み

人の努力や思いやりに感動するといった情緒を大切にし、

太古の昔から連綿と伝わる知恵や伝統を知り、

神様やご先祖様にお喜びいただく日々のおまつりをすることなどを通して

神様の真実の世界を肌で感じることが脳の活性化につながります。
がん細胞についても、神様の御心に沿った正しい心、正しい生活をしていれば

アポトーシスの法則のお蔭で体の中から、がん細胞が勝手に消えてゆくため、

いつまでも健康で生きられるわけです。
ここで正しい心というのは、神様、ご先祖様に対する「理屈の無い感謝」のことです。

毎日感謝して生活することによって、体の中の細胞が正常に働き、

アポトーシスによって体に不要なものも消えていってくれるわけです。
人間だれしも、毎日の生活で不満なことが出てきますが、

それらに意識を向けすぎず、

神様とご先祖様をはじめ、周りのすべてに「理屈なく感謝する」ということに

一番意識を向けるということが大切です。
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html