kamisama のすべての投稿

感謝と健康

2018年6月1日発行分

むかしむかし、九州・薩摩のお殿様が江戸から国に船で帰る途中に

船頭がフグ中毒にかかってしまいました。
そこで、お殿様は自分の持っていた

当時大変貴重であった砂糖をその船頭にあげたところ

たちどころにフグ中毒が治ったというお話があります。
現代医学では砂糖でフグ中毒が治るはずがないと考えられますが、

これは船頭が、お殿様から大変貴重な砂糖をいただいて、

ただただ、ありがたいと心底感謝したため、

人間の理屈では計り知れない不思議な力が働いて

体の調子が整って治ったということです。
また元、春日大社の宮司で、神道のことを分かりやすく教えてくれる本の著者である

葉室頼昭先生も大学時代、当時死の病といわれていた肺結核にかかってしまいましたが、

ある日、心から神様に感謝する気持ちになって涙が止まらなくなったとたん、

突然肺結核が消えたという奇跡の体験をされています。
このように神様に心から感謝することによって

人間の理屈では計り知れない不思議な力が働いて

元の健康な姿に戻ることができます。
現代では、自分の体に感謝することなく、不摂生をして

病気になったら医者に診てもらって薬を飲めば良いと考えている人が多く、

医師も検査データだけで判断し、機械的に治療するということが行われています。
また〇〇を食べれば健康になるとか、〇〇の運動をするのが良いといった

情報もたくさんあふれていますが、

健康の一番の基本は「感謝のこころ」で、健康には必要不可欠なものです。
感謝のこころなくして、本当の健康というものはあり得ません。
人間の体は機械ではないので、

どれだけ良いものを食べてジョギングなどをしても

感謝のこころがなければ、効果はありません。
健康食品や運動といった目に見えることばかりに意識が行きがちですが、

実は目に見えない「感謝のこころ」というものが一番重要であり

一番健康に影響するものです。
私達は自分の力で生きているのではなく、

私達の体は神様のお恵み(水、空気、細胞など)とご先祖様の恩(遺伝子、経験など)のお蔭で

「生かされている」というのが真実です。
毎日神様とご先祖様に生かされているということに感謝して手を合わせ、

毎日休まず働いてくれている自分の体にも感謝して、

「ありがとう」と言って肩や足などをさすってあげることが大切です。
神様とご先祖様に感謝のおまつりをする方法は以下のページをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神様・ご先祖様とひとつになる

2018年5月15日発行分
神様・ご先祖様とひとつになるというのは、

我欲を祓って、

常に何事も神様とご先祖様のお蔭と感謝し、

毎日神様とご先祖様に感謝のおまつりをしてお喜びいただくということです。
神様がお喜びなられると

願わなくてもお恵みをいただくことができます。
あの世とこの世はつながっているため、

ご先祖様が幸せになられてはじめて、

私達も幸せになることができます。
これは本来、日本人が日々の生活において一番大切にしてきたことで、

昔は当たり前のことでした。
神社のおまつりも神様にお喜びいただいて、神様とひとつになるために

太古の昔から絶えることなく行われています。
また神社や家庭の神棚でおまつりの時にお供えをしますが、

おまつりが終わったらそれを下げて、

皆でありがたく、いただくことを「直会(なおらい)」といいますが、

これも神様とご先祖様と同じものを食べて、ひとつになろうという知恵です。
よく「運が良い・悪い」とかいいますが、

運の良し悪しというのは何かを選択しなければならないときに、

正しい選択ができるかどうかで決まることが多いです。
そして正しい選択をするには今までの経験から出てくる「ひらめき」というものが必要です。
毎日の生活のなかで、初めて経験したと思うことがありますが、

私達の遺伝子にはご先祖様がそういうことをすでに経験して解決した知恵というものが

びっしりと入っています。
この遺伝子というのは自分から働きかけないと目覚めないものもありますが、

神様とご先祖様に毎日感謝していると

遺伝子の中にあるご先祖様の経験の知恵が出てくるため、

自ずと正しい判断ができるようになります。
逆に神様やご先祖様に感謝せず、毎日不平不満だけ言って生きていると、

知恵の入った遺伝子が眠ったままで、正しい判断ができなくなります。
つまり普段から素直に神様とご先祖様に感謝するという生活をしていると

最善の方向に導かれてゆくわけです。
この世の中は神様とご先祖様が一番尊い存在なので、

神様とご先祖様とひとつになろうというのは

世界の模範となる素晴らしい日本人の知恵です。
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html
神様とご先祖様に感謝のおまつりをする方法は以下のページをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

周りが喜ぶようなことをする

2018年5月1日発行分

因果応報(いんがおうほう)という言葉がありますが、

これは良いことをすれば、いずれ自分に良いことが返ってくる。

悪いことをすれば、いずれ自分に悪いことが返ってくるという意味で

これは世の中の真実を表しています。
現代では自分のための目先の利益を求めて

自分勝手な行動をする人が増えてしまいましたが、

これではいつまでたっても本当の幸せはやってきません。
それどころが、自分のことだけを考えて生きてゆく人は

あの世に行ってから地獄で反省することになります。
仕事でもプライベートでも

「とにかく誰かが喜ぶようなことをしよう」という想いを持って行動することが大切です。

そうすることによって、その想いはいずれ良いかたちで相手に伝わります。
神様の喜ぶようなこと、ご先祖様が喜ぶようなこと、

周りの人が喜ぶようなことをするのが大切で

それを毎日こつこつ行っていると、やがて自分にも幸せが返ってきます。
まず神様が喜ぶようなことというのは、神様の存在を認め

常に理屈なく神様に感謝して、感謝のおまつりをするということです。
神社のおまつりも神様にお喜びいただくために行われています。

ごちそうをお供えし、祝詞(のりと)を奏上して神様を褒めたたえ、

お神楽(かぐら)では、美しい音楽を奏でながら巫女さんが綺麗な舞を踊って

神様にお喜びいただきます。
またこのような「神様に感謝しておまつりする」という生きるための知恵(=いのち)を

次の世代の子供や周りの人にしっかりと伝えてゆくということも

神様はお喜びになられます。
ご先祖様が喜ぶようなことも同じく

常にご先祖様に感謝して、感謝のおまつりをすることです。

神様とご先祖様に感謝のおまつりをする方法は以下のページをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html
日本には「はたらく」という言葉がありますが、

これは「はた(周りの人)」を「らく(楽にする、喜ばせる)」という意味です。
つまり「はたらく」というのは単なるお金儲けのための労働という意味でなく、

周りの幸せのために生きるというのが本来の意味です。
そのため、企業なども利益を最優先にして商売をすると失敗しますが、

地道に周りの人を楽にしたり、喜ばせるようなサービスを提供してお金を得ることができれば

いつまでも続いてゆくことができます。
毎日、神様とご先祖様、周りの人が喜ぶことをして生きるということが大切です。
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html
神様とご先祖様に感謝のおまつりをする方法は以下のページをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

今を一番大切に

2018年4月15日発行分

時には過去のことを悔んだり、将来のことで不安になってしまうのが人情ですが、

これらの過去や未来のマイナスなことは一切考えないようにすることが大切です。
それよりも今、この瞬間を一番大切にすることが重要です。
そして神道では、将来のことを心配したり、過去のことをくよくよすると

自分の体に「つみ・けがれ」が付いてしまうとされています。
何が起ころうとも、「今を清く正しく、感謝して明るく生きていく」ということが、

何より神様の御心に添う道であるため

幸せな充実した人生を送ることができます。
例えばスポーツでケガをして挫折した選手が見事に復活したという話がありますが、

挫折しても、そこから前向きにやるべきことに集中してきた人は

神様の御心に添う道を歩んでいるため成功できるわけです。
実際に、今この瞬間を一番大切にして

今やるべきことに集中することによって

頭の中がクリアになって

すべてが良い方向へ向かいます。
そして過去や未来のマイナスなことは忘れて、

素直に今この瞬間に集中できるようになるには

人間の力だけではなかなか難しいので

大祓のことばを唱えて、こころを素直な状態にする必要があります。
この大祓のことばというのは昔、中臣氏の誰かが神様の言葉を肌で感じ、

それを文字に表したもので、

今でも全国の神社で毎日唱えられている最高のことばです。
このことばを理屈を考えずに素直に唱えると

普段知らず知らずのうちに体についてしまった「つみ・けがれ」を消すことができます。
大祓のことばについてはこちら
http://www.kamisamagosenzosama.com/ooharai.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html
神様とご先祖様に感謝のおまつりをする方法は以下のページをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

無我を目指す

2018年4月1日発行分

神様は神の世界を認め、それを表現することができるように

高度な頭脳を持つ人間をつくられました。
そのため、神の世界を認めて、感謝し、それを表現して

その知恵を次の世代に伝えるということが人間の生きる意味であり、

それをすることが神様の御心に沿うため神様はお悦びになられます。
また例えば絵画を見てその本当の良さが分かるには

自分の中に絵画を見る目がなければ無理なのと同じく、

神の世界を認めるには自分の中に神がないと完全に認めることができません。
そのため人間は少しづつでも神様に近づいてゆくということが必要ですが、

それには無我になる必要があります。
無我というのは自分自身(我)に対する意識や、

「〇〇が欲しい、〇〇がしたい」といった自分の欲を消し去った状態のことです。
無我になるには「自分に対する意識を忘れる」ことがコツです。

別に修行などをする必要もありません。

「自分の考えは~」とか「自分がこれだけしたのに~」 といった我(自分)を忘れます。
そして自分のことは忘れて、自分以外の幸せを考えて行動すると

神様の御心に沿うため、結果的に「自分が希望していたことよりもはるかに良いことが起こります。」
例えば、早く買い物に行きたいところを、道中で、人助けする時間に費やしたとします。

理屈では、他人のことは後回しにして急いでお店にいった方が特価品が売り切れる前に買い物ができるわけですが、

自分のことは忘れて人助けに時間を費やしてからお店に行ったことで、

ちょうどそのタイミングで、自分の目の前に、自分が最も欲しかった商品が品出しされるといった感じです。
無我になるのは難しいことですが、

毎日の生活の中で「無我になれる時間を1分でも多くしようと努めることが大切」です。
無我になるには自分に対する意識を消します。
そして無我になると神様の御心に沿うため、以下のような良いことが得られます。

・まず心が軽くなります。

・何が起こってもイライラしたり腹が立ったりしなくなります。

・必要以上に恥ずかしがったり、他人の目が気になったりしなくなります。
怒りや不安などマイナスの感情はすべて我欲が原因ですので

無我になれないと、いつまでたっても不幸な気分から解放されません。
「自分が変われば全てが変わる」とか「人間は宇宙の縮図」という表現がありますが

これもこの真実を別の言い方で表したものになります。
そして人間の力だけで無我になるのは難しいので

日本では太古の昔から「祓い(はらい)」というものを行って

神様の力をお借りして、心を本来の素直な状態に戻しています。
はらいについてはこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/ooharai.html
無我になるには「自分に対する意識を忘れる」ことがコツで

これができるようになればあらゆるマイナスな心から解放されます。
また人生を快適に生きるための手段として無我になるというよりも、

「無我になって神様に近づく」ということを人生の目標にするのが真実です。

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html
神様とご先祖様に感謝のおまつりをする方法は以下のページをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

神道の修行

2018年3月15日発行分

仏教では滝に打たれたり、断食をしたりする修行というものがありますが、

神道(しんとう)には修行というものはありません。
こう言いますと神道は楽なイメージに思われる方もいますが、

神道では「毎日の生活そのもの」が、強いて言えば修行に当たります。
また神道というのは数ある宗教の中のひとつではなく、

宗教という概念がなかった太古の昔から続いている日本人の生活そのものです。
常に、毎日の生活の中で「徳を磨く」というのが神道です。
徳を磨くというのは「神様、ご先祖様をはじめ周りの幸せのために生きる」ということです。
日本には柔道や剣道、書道や茶道など「道」と名の付くものがありますが、

これらもすべて「徳を磨く」ためにあるものです。
また現代では勉強といいますと、いい大学を出ていい会社に入るために

知識やテクニックを詰め込むものとなってしまいましたが、

本来は勉強というものも学問を学んで徳を磨くというのが目的です。
現代では周りのことよりも自分の利益を第一に考える人が増えた結果

乱れた世の中になってしまいましたが、

仕事や勉強、スポーツなどあらゆることを通じて自分の徳を磨くというのが

神道であり、私達人間の歩むべき道です。
そして家庭ではこの真実を子供たちに伝えてゆかなければなりません。
神様やご先祖様にお喜びいただくには

神様やご先祖様に感謝しておまつりすることが大切ですが、
何か良いことがあった ⇒ 感謝する という順序ではなく、

苦悩や病気など「何が起こっても神様のお導きとして感謝する」ことが大切です。
感謝する ⇒ 神様・ご先祖様にお喜びいただける ⇒ お恵みがいただける

というのが真実です。
神社や神棚の前でも神様に「〇〇にしてください」とお祈りするのではなく、

理屈なく「ありがとうございます。」と感謝することが真実です。
そして徳を磨くには自分以外の幸せのために生きるわけですが、

そのためには自分の我欲を消す必要があります。
仏教では修行をして自分の力で我欲を消そうとしますが、

神道では神様の力をお借りして我欲を消します。
自分の我欲を消すには人間の力だけでは難しいので、

太古の昔から神道では祓い(はらい)というものが行われています。
この祓いというのは、普段知らず知らずのうちに体についてしまった

「つみ・けがれ」を神様の力をお借りして良いものに変えるために行われますが、

この「つみ・けがれ」というのは我欲や理屈から生じます。
祓いについてはこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/ooharai.html
毎日、祓いによって我欲を消し、

神様とご先祖様、周りの幸せのために生きることが人生で一番大切なことです。

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html
神様とご先祖様に感謝のおまつりをする方法は以下のページをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

よみがえる

2018年3月1日発行分
人間などの生物の体は新陳代謝によって古い細胞から新しい細胞に作り替えられて

生きています。
これは常に体の中で、いのちが新しくよみがえっているということですが、

神様も同じくある期間で新しくよみがえられています。
伊勢の神宮に式年遷宮(しきねんせんぐう)というおまつりがありますが、

これは20年ごとに神様の御神殿をはじめ、神様にお供えする御装束や御神宝もすべて新しいものに

作り換えられるというおまつりです。
このおまつりは「常若(とこわか)の思想」といい、

神様の身の回りを新しく、若々しくすることによって

神様も新しくよみがえってこられ、若々しいいのちが発揮されるという真実からおこなわれています。
神様も伝統を伝えつつ、新しくよみがえってこられることによって

いのちを伝えられています。
また全国の神社でも毎年お札やお守りを新しくし、

お正月に神社に古いお札を持って行って、新しいお札に換えていただきますが、

これも神様が新しくよみがえられて、神様のいのちが伝わるための行いです。
この神様のよみがえりですが、伝統はいつまでも変わらずに保ちつつ、

新しくよみがえるということです。
私達の人生も、本質的なもの、伝統というものは決して変えることなく、

時代に応じて変えるべきところは新しく変えて更新してゆくことが大切で、

これが進化というものです。
逆に伝統や歴史を否定してそれを変えてしまうのは単なる変化にすぎず、

民族が滅んでしまう原因となります。
現代の日本は伝統や歴史をないがしろにして

目先の流行を追い求めて変化しているため、滅びの姿となっています。
日本人としての伝統やこころは保ちつつ、時代に合わせて変化してゆくことが大切です。

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html
神様とご先祖様に感謝のおまつりをする方法は以下のページをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

おかげさまのこころ

2018年2月15日発行分

「おかげさまで〇〇になりました」という言葉が使われますが、

常にこの「おかげさま」というこころを持つことが大切です。
「おかげさまで今日も仕事ができました。」

「おかげさまで今日も無事に過ごせました。」
何事も自分の力だけでできるものはないというのが真実です。
私事で恐縮ですが私が小学生のころ、祖母の家に遊びに行ったとき、

祖母は神棚の前で「神様、孫たちが今日無事に遊びに来てくれました。

ありがとうございます。」とお礼を言っていました。
当時は私も神道のことを知らなかったので

「神様にお礼を言っているな」というくらいしか印象がありませんでしたが、

これこそ、人生で一番大切なこころがけです。
いつも当たり前のようにできていることなど特に感謝するのを忘れてしまいがちですが、

当たり前にできるというものはこの世に存在せず、

常に神様とご先祖様、周りの人の「おかげ」でうまくいっているというのが真実です。
その証拠に、邪魔が入ったり、体調を壊したりすると、目的のことができなくなることがあります。
■物事が無事にできるというのは神様とご先祖様が守ってくれているおかげです。
肩が痛くて上がらなくなって、歯磨きするのも大変になるという話がありますが、

これも「いつも当たり前にできることもちゃんと感謝しなさい」という意味です。
そして本来の日本人としての心を持った私達のご先祖様はそのことを知っていたので

常に何事も神様とご先祖様のおかげと感謝して生きてきました。
お陰様(おかげさま)の語源ですが、 お陰様の「陰」というのは

神様や仏様などの偉大なものの「陰」を表し、神様や仏様に守っていただいているという意味です。
何事も「神様とご先祖様のおかげ」でできるということを忘れてはいけません。
そして日頃の神様とご先祖様への感謝というものを「おまつり」という、行動で表すことが大切です。
神様とご先祖様に感謝のおまつりをする方法は以下のページをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

徳を磨く

2018年2月1日発行分

この世の中には無数の生物が存在しており、

皆それぞれ親から子、孫へと、いのちを次の世代に伝えています。
人間も同じく、いのちを子供に伝えていますが、

他の生物にはなく、人間だけに与えられたもののなかに「徳」というものがあります。
「徳」というのは

「神様にお悦びいただくために生きる」

「ご先祖様の幸せのために生きる」

「周りの人の幸せのために生きる」ということです。
そして人間だけがこの「徳」という、いのちを子供に伝えることができます。
また人間がこの「徳」というものを忘れてしまうと、

猿などと同じく高度な知能をもった動物と同じことになってしまいます。
また現代では立派になるといえば、

知識をたくさん詰め込んで、いい学校を出て、いい会社に勤めることと思われていますが、

実はそうではなく、

徳を積むことによってはじめて立派な人間になることができます。
戦後の教育では徳を磨くのではなく、知識を詰め込むだけのものになってしまい、

その結果経済は発展しましたが、

ご存知の通り日本始まって以来の乱れた国になってしまいました。
知識を詰め込むだけの教育をして経済を発展させるのではなく、

徳を積むための教育をして、子供にいのちを伝えることによって

その結果、経済が発展するというのが真実です。
「玉磨かざれば光なし」ということわざがありますが、

この玉というのは丸い形の宝石のことで、

宝石は原石を磨くことによってはじめて美しい光を放つのと同じく、

人間もどれだけ才能があっても、それを磨かなければ立派になれないという意味です。
それと同じく、人間にとって徳というものは新たに身につけるものではなく、

全ての人間にあらかじめ備わっているものなので、

徳を磨いて、それを子供に伝えるというのが人間のいのちの伝え方であり、

人生の目的です。
「神様とご先祖様に感謝のおまつりをしてお喜びいただき、

周りの幸せのために生きる」という徳を磨くことが一番大切です。
神様とご先祖様に感謝のおまつりをする方法は以下のページをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

技術の進歩にストップをかける

2018年1月15日発行分

今ではご存知の通り、街や電車の中などで、ほとんどの人がスマートフォンばかり見ており、

子供はゲームに夢中になっているという世の中です。
ハイテクなどの技術というものは世の中が豊かになるために進歩してきたはずですが、

今ではハイテク技術の進歩によって世の中が良くなるどころか、

逆に昔に比べて悪くなっています。
面白いゲームを作れば多くの人が夢中になって利益が出るため、

日々いろいろなものが開発されていますが、

企業は利益のためだけに、ゲームやインターネットサービスなどを提供するのではなく、

それらのサービスが子供達にどのような影響を与えるのかを考える必要があります。
子供のときからパソコンやゲームばかりやっていると視力が低下するのはもちろんですが、

発想が知識や理屈だけの平面的なものとなり、

情緒というものを感じないような心になってしまいます。
企業の利益のためにゲームを普及させて、その結果、多くの子供の人格が破壊されるのでは

世の中にとって何の意味もありません。
この他にも例えばインターネットの本来の使い方というのは、分からないことを調べたり、

有益な情報を多くの人に伝えるというものです。
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)という不特定多数とコミュニケーションがとれる

サービスがあり、良い面もありますが、これで世の中が豊かになるというよりも、

返信などのやり取りがせわしなく、常に心が休まらないという、豊かさとは逆の状態になることがあります。
また、必要でない人と知り合って事件に巻き込まれたり、

人を傷つけるような行為が行われる場所にもなっています。
この他にも技術の進歩は、宇宙開発や遺伝子を組み替えたり、細胞を作ったりという

人間が踏み込んではいけない領域まできています。
このように技術の進歩=世の中が良くなる というわけではないので、

そろそろ日本人本来の世界観に目覚めて、不要なものは控える必要があります。
「文明」と「文化」という言葉がありますが、

「文明」というのは人間の技術力でどこまでできるかというものです。
それに対して「文化」というのはそれぞれの民族が昔から培ってきた生きるための知恵です。
そして「もうこれ以上やってはいけないよ。」と文明にストップをかけるのが文化の役割になります。
日本人の文化というのは、

「神様、ご先祖様をはじめ、周りのすべてに感謝し、自分以外の幸せを考える」というこころが基本となっています。
これと照らし合わせて、現代の技術の行き過ぎた進歩(文明)にストップをかける必要があります。

毎日せわしなくSNSをしたり、宇宙開発や新たな細胞を作らないと幸せになれないように

神様はこの世の中をつくられてはいません。
みんながやっているから重要という考えは捨てて、

何が人間にとって、世の中にとって大切なのかを考える必要があります。
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html