kamisama のすべての投稿

相手が喜ぶことをする

2022年3月15日発行分

仕事でも家庭でも、相手が喜ぶことをするのが真実の人生です。

例えばお客さんや取引先が喜ぶようなことを考えて仕事をしたり、

社内では、上司にゴマをするという意味ではなく、

純粋に上司が喜ぶような行動をとることによって、

最高の結果を得ることができます。

純粋にお客さんや上司が喜ぶような仕事をしていれば、

自然と能力もアップしますし、

趣味や遊びでは得られないような、大きな充実感が得られるので

結局は自分の幸せとなって返ってきます。

日本では「はたらく」という言葉がありますが、

これは単なる労働という意味ではなく、

「はた」というのは「まわりの人」、

「らく」というのは「楽にする、楽しませる」という意味です。

つまり「はたらく」というのは単なるお金を稼ぐためではなく、

周りの人を楽にする、楽しませるというのが本来の目的です。

また、老後は年金をもらって、仕事をせずに毎日自由に過ごすというケースが多いですが、

それでは結局、充実感がなく、むなしい毎日になってしまうので、

お金に困っていなくても、積極的に働きに出るという方も多いです。

これは自分の楽しみだけで生きるよりも、

周りの人を楽にしたり、楽しませたりして

人間本来の充実感を得たいという心理からくるものです。

生涯現役という言葉がありますが、これは人間の真実を表しています。

また日本人は古来から、

神社や家の神棚で、神様とご先祖様に感謝のおまつりをしてきましたが、

これも同じく、「神様とご先祖様にお悦びいただく」というのがおまつりの目的です。

神様とご先祖様にお悦びいただくために

ごちそうをお供えして、

神様をほめたたえる祝詞(のりと)を奏上し、

美しい曲と、かわいい巫女さんの舞いの、お神楽(おかぐら)を奏上しています。

神様とご先祖様に感謝して、お悦びいただければ、

何もお願いしなくても、お恵みがいただけるということを

日本人は肌で感じていたので、

太古の昔から今日まで感謝のおまつりが連綿と続けられています。

これは世界に誇る日本人の素晴らしい世界観です。

常に神様とご先祖様をはじめ、

周りの人が喜ぶようなことを考えて生きることが一番大切なことです。

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

遺伝子をオンにする

2022年3月1日発行分

人間をはじめあらゆる生物は遺伝子というものを持っていますが、

この遺伝子の中には生物が生きるための知恵(=いのち)と、

ご先祖様の経験や病原体に対する抗体などの重要な情報が入っています。

つまり遺伝子というのは、

神様のお恵みとご先祖様の恩が詰まっているわけです。

しかしこの遺伝子というのは体の中で、

すべてがオンになっているわけではありません。

ほとんどの遺伝子がオフになって眠っている人もいれば

ちゃんと、すべての遺伝子がオンになっている人もいます。

遺伝子の中には生きるための知恵(=いのち)が入っているので、

すべての遺伝子がオンになっていれば、

人間として本来持っている、正しい判断で行動でき、

健康な体で生きることができるようになります。

遺伝子には、神様のお恵みとご先祖様の恩が詰まっているので

 

神様とご先祖様に日々素直に感謝することによって

遺伝子が活性化して、

おのずと、すべての遺伝子をオンにすることができます。

そのためには、毎日神様とご先祖様に感謝のおまつりをすることが大切です。

教育に関しても、毎日家族そろって神棚の前で感謝のおまつりをすることによって

子供のなかで正しい人間としての遺伝子が目覚めるので、

習い事をたくさんさせたり、あれこれ言わなくても、

おのずから立派な人間に育ってゆきます。

 

また感謝というのは、単に心の中で感謝するだけでなく、

感謝のこころを形であらわすのが本当の感謝です。

そして感謝のこころを形であらわすのが

神社や神棚で行うおまつりの目的です。

神棚で、お供えをして、神様をほめたたえる祝詞を唱え、

素直な心で神様とご先祖様に手を合わせて

感謝することが人間にとって一番大切なことです。

現代では、仕事や勉強などを第一に考えて、

感謝のおまつりは二の次と考えている方が多いですが、

本来は逆で、

「第一に、神様とご先祖様に感謝のおまつりをする」というのが真実です。

日本人が本来行ってきた、

このことを実行できる人が増えれば、

本来のすばらしい世の中に戻すことができます。

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

お米と日本人

2022年2月15日発行分

私たちは毎日お米を当たり前のようにいただいており、

ご存じのとおり、お米は日本人にとって無くてはならないものです。

日本の歴史書である日本書紀には、

日本人の総氏神である天照大御神(あまてらすおおみかみ)が

その孫の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に天上の清らかな稲を授けられ

稲を地上で作るように託されましたが、

そこで日本の始まりが位置付けられました。

天孫降臨神話についてはこちらをご覧ください↓
https://www.isejingu.or.jp/about/mythology/

この記述は単なる神話ではなく、日本=お米 というほど

お米は大切な日本のいのちであることを教えてくれています。

そのため、上記「祈年祭(きねんさい)」の章のとおり、

伊勢の神宮では五穀の豊穣をお祈りする祈年祭(きねんさい)がおこなわれますが、

伊勢の神宮をはじめ、全国の神社で執り行われるお祭りは、

「お米が無事に実りますように」と神様にお願いするものが中心となっています。

 

また「いね(稲)」という言葉がありますが、

「い」というのは「いのち(生きるための知恵)」の「い」で、

「ね」というのは根っこという意味です。

つまり「いね」というのは日本人にとっての「いのちの根っこ」となる重要なものです。

現代では、カロリーや炭水化物という理屈などで

お米をあまり食べないという人が増えてしまいましたが、

これはとんでもないことで、

このような食生活をしていては、日本人としてのいのちが衰えてしまいます。

お米というのは栄養やカロリーという問題ではなく、

それらの理屈を超えた

日本人にとって最も大切なエネルギー源ということを忘れないようにしなければなりません。

今こそ、このお米について、しっかりと理解して、

毎日神様に感謝していただくことが大切です。

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

怒りは出さない

2022年2月1日発行分

喜怒哀楽(きどあいらく)という言葉がありますが、

このうちで「怒り」という感情はほとんど人生において無意味なので

普段から出さないようにするのが人生を快適に生きるコツです。

この怒りという感情はごみのようなものなので、

意味はほとんどありません。

例えば自分に不愉快なことがあったら、腹を立てるのが人情ですが、

何がおこっても怒らないようにするには、

不愉快なことが起こる → 自分に不利益・自分の考えに反する → 腹を立てる

ではなく、

不愉快なことが起こる → 単なる現象が起こったととらえる → 特に何も感じない

という発想にするのが怒らないコツです。

これは言い換えれば常に冷静になるということです。

また「短気は損気」という言葉があり、皆さんもご経験があるかと思いますが、

怒ったり、イライラしても、何も良いことが起こらないですし、

逆に物事がうまくいかなくなったりします。

これは「怒る」ということは 神様のお導きで起こった物事に対して

感謝ではなく、不満をもった状態であるため

神様の御心に反するので、実際に悪いことが現れるわけです。

そして「怒り」以外にも 焦りや不安、といった

すべてのマイナスの感情も同じく、あえて出さないようにするのが

人生を快適に生きるコツです。

私もこれを実践しているおかげで、

常に快適に過ごすことができていますので、

皆さんもぜひ実践してみてください。

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

日本語の本当の意味

2022年1月15日発行分

言葉というのは現代では単なる情報伝達の手段と思われていますが、

実はそうではなく、

言葉というのは本来、神様の世界を表現するためのものです。

そのため良いことを言えば、良いことが実際に現れてきますし、

悪いことを言えば、そのようなことが実際に現れてきます。

また英語のアルファベットA,B,Cには一文字ごとに意味はありませんが、

日本で生まれた、ひらがなには一文字ごとに意味があります。

そして近年、もともと平仮名だった文章に、

漢字を無理やり当て字にしてしまったため、

文章の本当の意味が分からなくなってしまいました。

例えば国歌「君が代」を歌うべきか否かということが、いろいろなところで議論されていますが、

この歌も実際に良いことが現れてくる大変すばらしい内容です。

君が代の「君(きみ)」の意味は、あなたという意味ではなく、

「き」というのは、神様のいのち、気(エネルギー)という意味で、

「み」は、満ちるの「み」という意味なので、

神様のすばらしい、いのちが満ちあふれている様子という意味です。

つまり「君が代」は、神様のすばらしい、いのちが満ちあふれている世の中は永遠に続くという歌なので、

すべての人が、ありがたく歌うことによって実際に良い世の中になってゆきます。

また返事をするときに使われる「はい」という言葉ですが、

「は」というのは、「よみがえる」という意味の言葉です。

例えば葉っぱの「葉(は)」は二酸化炭素を、生物に必要な酸素によみがえらせてくれますし、

母(はは)は子供を産んで、いのちをよみがえらせます。

そして「い」というのは、本来、「いのち(生きるための知恵)」という意味です。

つまり「はい」という言葉は「いのちがよみがえる」というすばらしい意味ですので、

元気に「はい」という言葉を使うことによって

実際にいのちがよみがえって、良い世界が現れてきます。

このように日本語というのは本来、素晴らしい意味を持っており、

神様の世界を表すためのものなので、

それらを理解して、いつも良い言葉を使うことが大切です。

今回は葉室頼昭先生に教わりました

「日本語の本当の意味」についてお伝えさせていただきました。

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

感謝のまつりの生活

2022年元日発行分

■謹賀新年

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

今年も皆さんと共に、

いろいろな経験の中、人間として進歩してゆけたらと思います。

どんなときでも

「穏やかな心で、今に集中する」ということを大切にすると

何事も無事にこなせるので

今年もそれを継続してゆきたいと思います。

 

■感謝のまつりの生活

人間は神様からいただいた、ご先祖様の経験が詰まった遺伝子を受け継いで

生きることができています。

しかしこの遺伝子は持っていても、

すべてがオンになっているわけではありません。

この遺伝子がすべてオンになっていれば

正しい心で、健康に生きることができますが、

ほどんどの遺伝子がオフになっている人は

おかしな考え方や行動をしてしまい、

結果的に不幸な人生を歩むことになります。

遺伝子は神様のお恵みと、ご先祖様の経験が詰まったものなので、

毎日、神様とご先祖様に「生かされていることに」感謝し、

感謝のおまつりをすることによって、

神様とご先祖様がお悦びになられ、

体の中のすべての遺伝子がオンになり、正常な心で生きることができるようになります。

教育に関しても、私事で恐縮なのですが、

子供が生まれてから今まで、

毎日家族全員で感謝のおまつりをさせていただいているおかげで、

子供は周りの友達にやさしく、

勉強も運動も優秀で、

周りの親御さんが

私の子供のようになってほしいと

先生に相談していたほどのようです。

ここで大切なのは、

別に塾や習い事をたくさんさせたり、勉強しなさいなどと言わなくても、

毎日素直に、家族で感謝のおまつりの生活をしていれば

人間としての遺伝子がすべてオンになるので

何も言わなくても

自然と立派な子供になってくれるということを証明しています。

(逆に私自身は学生時代に感謝のおまつりをしていなかったので、散々たる人生でした。これも証明済みです。^^;;)

ご存じの通り、戦後、

日本の伝統文化が否定されて、

欧米式の知識だけを詰め込んで、

立派な人格を育てるといった教育をしなくなったため、

今のような、感謝の心を持たず、

自分の利益だけを考えるような人間ばかりが増えてしまい、

おかしな事件や事故、疫病などに悩まされる暗い時代となってしまいました。

やはり、本来の明るい幸せな日本に戻すには、

経済や科学技術に重きをおくのではなく、

各家庭で、

毎日、神様とご先祖様に「生かされていることに」感謝し、

感謝のおまつりをするという

日本人が本来、一番大切にしてきた生活に戻す必要があります。

また、ただ心の中で感謝するだけでなく、

実際にその感謝をかたちに表すことが本当の感謝です。

毎日神棚で、神様とご先祖様にお悦びいただくために

お供えをして、祝詞(のりと:神様をほめたたえてお悦びいただくための言葉)を唱えて

手を合わせるという感謝のおまつりをすることが大切です。

もし、まだ感謝のおまつりをされていないという方は、新年のこの機会に

ぜひ始められることをおすすめいたします。

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

繰り返しと変化

2021年12月15日発行分

生きるための知恵である「いのち」いうのはシンプルな繰り返しによって

次の代に伝わるようになっています。

38億年もの前に生命が誕生してから

親の遺伝子を子に伝えるということを

繰り返し行ってきた結果、

今私たちも生きることができています。

体の細胞も新陳代謝によって繰り返し

古い細胞から新しい細胞によみがえることによって続いています。

神社のおまつりも同じく太古の昔から

神様にごちそうをお供えして、

神様をほめたたえる祝詞(のりと)を読み上げ、

巫女さんがきれいな歌とおどりのお神楽を奏上して

神様にお悦びいただくための、おまつりを繰り返しおこなっています。

そのおかげで神様のいのちがいつまでも続いて、

日本が無事でいられています。

それと同時にいのちが続くには変化も必要です。

生物もいのちを繰り返し次の代に伝えるのと同時に

それぞれの時代の環境に合わせて体を適応してきたものは、いつまでも続き、

適応できなかった生物は滅んでしまいました。

不易流行という言葉があるとおり、

伝統を続けるのと同時に、その時代に合わせて適応、変化するということが大切です。

今、日本人は伝統を伝えるということをせずに

変化や流行だけ求めているため、

このような乱れ切った世の中になってしまいました。

 

本来の平和な世の中に戻すには、

神様とご先祖様にお悦びいただくおまつりと

感謝の生活を、日々繰り返すことと、

時代に適応した生き方とを

平行して行ってゆくことが大切です。

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

理屈を忘れるのが大切

2021年12月1日発行分

気分が悪いときには

嫌なことが起こったり、何をやってもうまくいかないことがありますが

これは悪い気分そのものが、悪い気を呼び寄せているからです。

人のことを悪く思ったり、将来のことを不安に思ったりと

マイナスなことばかり考えると、

それなりのことが実際に現れてくるというのがこの宇宙、神様の法則です。

そして逆に良いことばかり考えていると

実際に良いことが現れてくるので

そのように心がけるのが幸せに生きるコツです。

そしてその最も良い方法は

特に理由がなくても、理屈なく、

ただただ「ありがたい」と神様とご先祖様に感謝することです。

神様は「理屈の無い世界」におられるので

「お金が儲かったとか、物事がうまくいった」からといった理由のある感謝よりも

理屈のない感謝のほうがお喜びになられます。

そして、すべてが良い方向へ向かうようになります。

立派な人間を育てるのではなく、

知識ばかりを詰め込むような戦後の学校教育の影響で、

理屈に凝り固まった人ばかりが増えてしまい、

その結果、毎日のように悪い事件や事故の多い世の中になってしまいましたが

神様とご先祖様に「理屈なく感謝」することができる人が増えれば

本来の素晴らしい世界に戻すことができます。

また神棚で神様に感謝のおまつりをする際に

大祓いの言葉というものを唱えますが、

この言葉を唱えると普段知らず知らずのうちに体についてしまった

悪いものを良いものに変えることができ、

全国の神社でも毎日唱えられています。

「はらい」についてはこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/ooharai.html

 

この大祓いの言葉についても

理屈を忘れて唱えることによって、祓われることができます。

この言葉は「たかまのはらに かむづまります すめらがむつ かむろぎ かむろみのみこともちて」という

一文からはじまります。

そして「たかまのはら」とはなんぞや といった意味を知りたがる人がいますが、

言葉の意味などは考えずに

ただ理屈を忘れて、素直な心で集中して唱えることが大切です。

神様は理屈のない世界におられるので

理屈を忘れて唱えることによって実際に祓われてお恵みが現れてきます。

ぜひとも「ただただありがたい」と

神様とご先祖様に「理屈なく感謝」して

落ち着いた心で、日々過ごされることをおすすめします。

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

急ぐものは滅びる

2021年11月15日発行分

皆さんも経験されていると思いますが、

焦ったり、急いで何かをすると余計にうまくいかないことが多いです。

これは神様の時間に逆らっているからです。

車の運転にしても一台でも先に行こうと、

縫うようにして運転している人がいますが、

このような考え方では良い方向へ物事は進みません。

「急ぐものは滅びる」と葉室先生も指摘されています。

どんなにスケジュールが立て込んでいたりして急いでいるときでも、

あえていつも通りの平常心で、

今やるべきことひとつひとつに意識を集中して進めることによって、

神様の時間と一致して

より良い方法を思いついたり、助けになる人が現れたりして、

結局は焦ってやるよりもすべてうまくいくようになります。

誰でも焦ったり、急いでしまうことがありますが、

そのような時にはこの真実を思い出して、

あえていつも通りの落ち着きで、

ひとつひとつ進めていかれることをおすすめいたします。

また人生においても、急がずに待つときは待って、

適応するという姿勢が大切です。

地球の歴史においても、

待てない生物、適応できない生物はすべて滅んでいます。

氷河期でも、暖かくなるまでひたすら体を温めて待ち、

環境に合わせて体を変えるなどして

適応してきた生物だけが、子孫を残して生き残ってきています。

 

焦らず落ち着いて今に集中することが大切です。

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

神様が作られた、はたらく本来の仕組みとは

2021年11月1日発行分

多くの方は毎日お仕事をして生活を維持していますが、

このはたらくという社会の仕組みですが、

神様は単に、お互いにお金を稼ぐためや、各々の技術を磨くためだけの理由で、

このような仕組みに導かれたわけではありません。

人間がはたらく本来の目的は

「何事にも誠心誠意つくす心を磨く」ということです。

誠心誠意つくすというのは、「純粋な真心を持った誠実な行い」のことを指しますが、

これは周りの人を幸せにすることにつながります。

実際に日本での「はたらく」という言葉の本来の意味は

労働やお金儲けという意味ではなく、

「はた(周りの人)をらく(楽にさせる、楽しませる)」になります。

 

仕事そのものに対して、

上司や同僚に対して、

すべてに対して、

毎日「誠心誠意つくす心を磨く」ために

はたらくという仕組みがあります。

そして、この真実を理解していれば、

何が起こっても、不平不満を言ったり、腹を立てることなく、

シンプルに今自分ができることに誠心誠意つくすことができます。

そしてこの磨いた心は来世にも持っていけるので、

毎日誠心誠意つくすという心を磨いていれば

人間はこれからさらに進化してゆけます。

仕事以外でも家庭でもプライベートでも、

すべてに対して誠心誠意つくすようにしていれば

すべてが良い方向へ導かれます。

 

また神様とご先祖様に誠心誠意を尽くすには

毎日、何事も「神様とご先祖様のおかげ」という感謝の生活をして、

感謝のおまつりを行うというのが基本です。

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

 

何事にも常に誠心誠意つくすように心がけることが大切です。

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html