kamisama のすべての投稿

今が一番大事

2024年3月1日発行分

人は時には、先のことばかりに意識がいってしまい、

今現在、今この瞬間がおろそかになってしまうことがあります。

しかし先の予定や目標のことばかり考えるのではなく、

「今、この瞬間、この時間」を一番大切にすることが重要です。

未来は今現在、自分がやっていることの積み重ねの結果なので、

どれだけ先のことが気になったとしても、

そればかりに気を取られたり、悩んだりするのではなく、

冷静に今この瞬間に最大限のパフォーマンスを上げるように

心がけたいものです。

これを神道では、中今(なかいま)といいます。

将来のことや過去のことをあれこれ心配するのではなく、

「今、この瞬間を素直に、全力で生き、

あとは、神様に導いていただく」という姿勢でいれば、

最善の道を歩むことができます。

例えば受験勉強にしても、

今この瞬間に自分なりに、全力で努力することができれば、

結果が合格であっても、不合格であっても

それは神様のお導きということです。

不合格であった場合でも、一年後に入学したおかげで

最高の出会いに恵まれたりするので、

ただただ、自分はがんばれることに感謝して、

全力で努力すればよいということです。

長い人生ですが、

「今、この瞬間を大切に過ごす」ということを忘れないようにすべきです。

 

これらのことは、葉室頼昭先生の書籍でも詳しく知ることができます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

日本人の歴史

2024年2月15日発行分

私たちの生活内容やこれから何を行うべきかという判断は、

日本人の生きてきた歴史を理解することで正しく行えます。

たとえば、普段の食事においても、

明治維新以降の洋食文化の影響で

牛や豚などの四つ足のお肉や

高い温度で調理された揚げ物などが

おいしいという理由で多くの人に食べられていますが、

本来日本人はお米や野菜、魚を中心の食事で生きてきた民族なので

欧米人とは内臓の作りも異なっています。

日本人は農耕民族で、欧米人よりも腸が長く、食べた野菜を長時間かけて

吸収できるようになっているので、

四つ足のお肉を日本人が食べると、その長い腸の中でいつまでも留まって、

腐敗してしまいます。

その結果、肉食文化以降の日本人に大腸がんが激増しているのもその理由といえます。

また油で高温で調理された揚げ物なども、

日本人は古来から食べてこなかったので、

コレステロールの異常など健康を害してしまうのもおかしくありません。

さらに高温で調理された揚げ物は、喫煙と同じく、

老化を促進させるのは医学界でも常識ですし、

よくよく考えてみれば、パン粉に大量の油を吸収させたものをしょっちゅう食べるというのは

非常に不自然で危険なことというのも分かるかと思います。

これだけでも、いかに日本人の本来の食生活が優れているかということがわかります。

私もこれに気づいてから、揚げ物やスナック菓子などはやめましたが、

揚げ物をやめてから今まで、食べるはずだった揚げ物の量を考えると

本当に知恵に助けられたと実感できます。

このように食事一つにしても、日本人が長年どのようにして生活してきたかという

歴史を理解することによって正しい食生活がわかり、

健康で長生きできるというわけです。

日本人の生き方に関しても、

古来から神様のお恵みと、ご先祖様の恩に感謝し、

神さまとご先祖様にお喜びいただくためのおまつりを一番大切にしてきたという歴史があります。

古代遺跡を見ても、何万年も前からそれを非常に大切にしてきたかということがわかります。

また日本人は自分よりも周りの人の幸せのために行動することによって

結局は自分にも幸せが返ってくるという人生を生きてきました。

 

日本の歴史といいますと、家康が天下をとったといった史実ばかりのイメージが強いですが、

日本人が「どのような考え方で、何を大切にしてきたか」ということを

理解して、今の生活に活かすことが大切です。

これらのことは、葉室頼昭先生の書籍でも詳しく知ることができます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

きれいに整える気持ち

2024年2月1日発行分

仕事にせよ、勉強にせよ、

すべて「きれいに整える」というイメージで行うことが大切です。

整えるといえば、整理整頓や体のコンディションを整えるということだけを

思い浮かべる方が多いと思いますが、

すべての行いを、きれいに整えるという気持ちで行えば

運気が上がってゆきます。

たとえば、掃除をするにしても、

単に何も考えずに行ったり、

早く終わらせようという気持ちで行うのではなく、

「この場所をきれいに整えよう」という気持ちで行うことによって、

おのずと心のこもった丁寧なかたちで作業ができるので、

本当にその場所が美しくなりますし、

その場所の運気(エネルギー)も良い状態になります。

何かを作る際にも、単純に作業をするのではなく、

これらの製品をきれいな状態、良い状態に整えようという気持ちで行えば、

おのずと良い出来になり、その製品や仕事の流れの

運気も良い状態になります。

神様とご先祖様のおまつりにおいても、

ただ、お供えをして、拝礼をするのではなく、

最高のおまつりになるように整えようという思いで行えば、

神様とご先祖様にそれが伝わり、大変お喜びになられます。

普段何気なく行っているお仕事や勉強、

プライベートなことでも、

「きれいに整えよう」という気持ちで行えば

すべてが良い方向へ向かってゆきます。

心の持ち方で、あらゆる運気が左右されるということを

忘れないようにすることが大切です。

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

素直に挑戦する

2024年1月15日発行分

私たちは今までの経験で、新しいことに挑戦しようとしても、

どうせ私にはできないだろうと勝手に決めつけて、

はじめから挑戦しないということがあります。

しかし、たった一度の人生、

勝手に無理と決めつけて、挑戦しないのは非常にもったいないことです。

たった一度の人生とは言え、

人間というものは、魂は永遠に続きますので、

この経験は、来世でも活かすことができるわけです。

このようなスケールの大きい視野を持てば、

何も失敗を恐れる必要がありません。

もちろん、命や財産を失うようなリスクがあるものは、やる必要はありませんが、

そうでないなら、あまり恐れずに

どんどん自分というものを出して、挑戦するほうが楽しいですし、

その経験は永遠に次に活かすことができるので、

本当の充実した生き方をすることができます。

無理な理由ばかりを考えるのではなく、

とにかく経験してみようという意識が大切です。

リスクがなくて、周りの人が幸せになれるようなことなら

あれこれ心配せず、

恥ずかしがらずに、

積極的にどんどん挑戦されることをおすすめいたします。

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

相手のことを考えて生きる

2024年元日発行分

人間にだけ、ほかの生き物にはない、徳というものを持っていますが、

この徳というのは、

「感謝の心」と

「相手の幸せを考えて生きる思いやりの心」をさします。

誰でも相手が喜ぶことをしたら、無条件で気持ちが良く、幸せな気分になれますが、

これは人間が本来、あるべき姿なので、本能的にそのように幸せを感じるわけです。

これはきれいごとや道徳の話などではなく、

この宇宙、世の中が自分がしたことはすべて返ってくるという「因果応報」になっているわけです。

日本人は本来、この徳を一番大切にして生きてきた民族です。

海外の方が日本に来て、人やお店のサービスの素晴らしさに感動されるのもその表れです。

昔話でも、かさ地蔵さんや、はなさかじいさんなどの話でそれを子供に教えてきました。

常にどうしたら相手が喜んでくれるだろうかと考えて行動している人は

常に幸せが返ってきますし、

逆に相手のことより、自分のことを第一に行動している人は

目先の利益は得られても、最終的に大した幸せを得ることは絶対にできません。

例えば、どんなに会社や学校に急いでいたとしても、

道中で誰かが困っていたら、迷わず助けてあげれば、

人間の理屈では、重要な用事に遅れてしまって、後で困るだろうと思っても、

結果的に、すべて良い方向へ導いていただけるので、

常に迷わず、思いやりの心、徳を優先すべきです。

そして相手の幸せを考えるのは、人間だけでなく、

神様とご先祖様にお喜びいただくことを大切にすべきです。

毎日、「何事も神様とご先祖様のおかげ」と感謝し、

神様とご先祖様に感謝のおまつりをすることが一番大切なことです。

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

素直にがむしゃらに

2023年12月15日発行分

「天は自ら助くる者を助く」という言葉がありますが、

これは自ら努力する人には神様が助けてくれるという意味です。

よく自分が無理そうだと思ったことは、はじめからあきらめてしまうことがありますが、

少しでも可能性があれば、集中して挑戦することが大切です。

ただし、挑戦する内容は、世のため人のためになるような、

神の御心に沿ったものであるというのが条件です。

ご経験がある方もおられるかと思いますが、

素直にがむしゃらにやっていると、

たとえ、自分の描いていた結果にならなくても、

自分でも思いもよらなかったような素晴らしい方向へ導いていただけます。

この世の中は、人間の考えたような理屈だけの世界ではありません。

人が喜ぶことをすれば、いずれ自分に返ってきますし、

がむしゃらに、人間として、正しい目標を目指して努力すれば、

必ず自分にとって最善の方向へ導かれてゆくというのが真実の世界です。

一番よくないのは、勝手に無理と思ったり、

他人の否定的な意見に流されて、

はじめからあきらめて、挑戦しないということです。

また、毎日忙しくて時間が取れないような場合でも、

ほんの少しでも毎日積み重ねるようにすれば、

おのずと良い方向へ導いていただけます。

ただひたすら、神の御心にそった目的を

素直に、がむしゃらに進めてゆくことで、

開運してゆくことを忘れないようにしたいものです。

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

正しい知恵を実践する

2023年12月1日発行分

人生を有意義に幸せに生きるためには、健康が基本となっていますが、

この健康を保つには、正しい知恵をもって、それを実践することが大切です。

「アンチエイジング」という言葉がありますが、

これは何も特別なことをしなくても、

正しい知恵を持って、それを実践できれば難しいものではありません。

特に現代人は老化を促進させるようなものをたくさん食べる習慣があるので、

それをやめるだけでも、本来の若々しさを保つことができます。

まず、食事ですが、

日本人は本来、老化を進めるようなものは食べてきませんでしたが、

明治維新以降、外国の食べ物がたくさん日本人の生活に取り入れられ、

また食品業界の合理化のために人工的に作られた食品も多く摂られているため、

その結果、老化を速めてしまうものもたくさん食べられています。

そこでまずは老化を進めない、健康的な正しい食べ物の知恵を持つ必要があります。

特に老化を大きく進めてしまう食品が以下のものです。

・揚げ物などの油を使って高温で調理されたもの。

・ソーセージやベーコンなどの超加工食品

・果糖ブドウ糖液糖(異性化液糖)

トンカツやスナック菓子などの揚げ物については、

まず使用されている油が良くないですし、

高温で調理されたものほど、体内で老化を進める悪い物質が発生しやすくなります。

生 → 蒸す → ゆでる → 煮る → 炒める → 焼く→ 揚げる 

の順で老化のリスクが上がってゆきます。

またソーセージやベーコンなど本来の形がわからないような

高度に加工されたものも老化を進めます。

また、果糖ブドウ糖液糖(異性化液糖)ですが、

砂糖より安価なため、清涼飲料水や菓子パンなどによく使われていますが、

こちらも老化を促進させてしまいます。

これらは、普段の生活で当たり前のように食べられていますが、

日本人は本来、このようなものは食べてこなかったので、

健康で、持久力のある、合理的な体格の民族でした。

いかに本来の日本人の食生活、知恵が優れていたかがわかります。

すべてを完璧に避けるのは難しいので、

大きな影響のある上記3つの食品だけでも注意して控えることによって、

老化や病気のリスクを大きく下げることができます。

古来より日本で神様にお供えされているような、

お米を中心とした、

野菜や魚などを食べることによって、

本来の強い体を取り戻すことができることを忘れないようにすべきです。

正しい知恵を持ち、それを実践することが健康と充実した人生の基本です。

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

真実の生活習慣に目覚める

2023年11月15日発行分

私達、現代人の生活習慣の中には、

人間本来の機能に逆らったものがいくつかあるので、

注意する必要があります。

例えば、ほとんどの人が、毎日お風呂で石鹸とスポンジを使って体を洗い、

シャンプーで頭を洗っています。

ここで、なぜ人間の肌は垢が出るのかを知る必要があります。

垢というのは、肌の新陳代謝による古い角質と肌の分泌物がまじりあったものですが、

これも神様の知恵によって、

角質が肌の水分を保持したり、細菌の侵入や肌のダメージを防ぐという働きをしているので、

石鹸でゴシゴシこすり落とすと、

それらの機能がなくなってしまい、結果、体を弱らせてしまいます。

頭皮も同じく、毎日、シャンプーでゴシゴシ洗っていると、

頭皮や体が弱り、薄毛の原因にもなります。

ホームレスの方にはハゲている方がほとんどいないようですが、

これもこの真実を表しています。

この様に、神様は人間の体の機能に無駄なものは

一切作られておられません。

現代人は、毎日人工物で体をこすり過ぎているので、

石鹸やシャンプーよりも、

お湯だけで軽く手を使って、体や頭を洗うのが一番健康的です。

このように、私達が当たり前と思っている習慣には結構落とし穴があります。

特にテレビや新聞、などの大きなメディアでは、

石鹸メーカーなどのスポンサーや政治家などとの関係があるので、

すべて真実を語っているとは限りません。

神様の知恵によって、人間の体が、どうしてこの様になっているのかというのを理解して、

食事や睡眠、衛生面など、

人間本来の正しい生活習慣にすることが大切なことです。

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

すべてを楽しんで行う

2023年11月1日発行分

日々の生活の中で、家に帰って好きなことをするときは「楽しい」、

仕事や勉強をしているときは「楽しくない」というかたちで、

楽しいときと、楽しくないときというものを分けてしまっている方が多いかと思います。

しかし、その場合、単純に

楽しいときは幸せですが、

楽しくないときは不幸ということになるので、

できれば、「すべてを楽しんで行う」ということが幸せに生きるコツです。

好きなことをするときはもちろん、

仕事をするときでも、家事をするときでも、移動するときでも、

すべてを楽しくやるようにすれば、

それだけ幸せな時間をたくさん過ごすことができるので、

そうでない人に比べて、人生得ですし、

さらに、

楽しくやることによって、

その行動は「幸せな気」というものを発生させるため、

今まで気が付かなかった、いろいろなものが見えてきたり、

すべて順調に行うことができるようになります。

みなさんも経験があると思いますが、

イライラしたり、いやいや仕方ないような気持ちでやっていると、

あまり、うまくいかなかったり、失敗することが多いかと思います。

1日24時間、すべてを楽しんで行うことができれば、

どれだけ気持ちよく、幸せに生きられるかということがイメージできるかと思いますので、

何をしているときも、

楽しんでやるように意識してみることをおすすめいたします。

そうすれば、自ら、「幸せな気」というものを出すことができるのを実感できるとおもいます。

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

理屈は忘れる

2023年10月15日発行分

本来、日本人は、理屈よりもご先祖様から受け継いできた

大切な知恵を一番にしてきました。

その知恵とは、

神様とご先祖様に感謝して、おまつりをし、

神様からいただいている自然や生き物を大切にする。

周りの幸せを考えて生きる。

という

「生きるための知恵=いのち」のことです。

しかし戦後、アメリカ政府の指導によって

欧米式の知識や物質を第一に考えた教育を受けさせられてきた結果、

現代のような、

目に見えないものは信じない、

科学で証明できないものは信じない、といった考えで、

人間の都合だけで、平気で自然を破壊したり、

神様やご先祖様に感謝することのないという人が増えてしまいました。

しかし、この宇宙、神様の世界というのは、

理屈のない世界であり、

人間の短い歴史のなかで考えたような理屈では、成り立っていません。

例えば、人間の理屈で、

遺伝子や細胞を操作したり、

山や海に手を加えようとしても、

後からしっぺ返しが来るだけで、

決して世の中がよくなることはありません。

また世の中、お金や物が一番大切という理屈にとらわれている人が多いですが、

実は、感謝や思いやり、感動、などといった、

お金とは関係のない、理屈のないものが

人生で一番尊いというのが真実です。

このように温暖化やウイルス感染といった

宇宙からの警告もある中、

今こそ、理屈で何でも解決できるという誤解は捨てて、

私達ご先祖様が大切にしてきた

神様とご先祖様に感謝して、おまつりをし、

周りの幸せを考えて生きるといった知恵を

忘れずに生きてゆくことが重要なことです。

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

また神さまに感謝といっても、

「○○だから感謝する」といった

何か良いことがあったときだけ感謝するという

理屈の感謝ではなく、

どんな時でも理屈なく「ありがとうございます。」と感謝するのが本当の感謝です。

そして毎日、素直に理屈は忘れて、

神様とご先祖様に感謝のおまつりをすることが一番大切です。

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html