kamisama のすべての投稿

神様が作られた、はたらく本来の仕組みとは

2021年11月1日発行分

多くの方は毎日お仕事をして生活を維持していますが、

このはたらくという社会の仕組みですが、

神様は単に、お互いにお金を稼ぐためや、各々の技術を磨くためだけの理由で、

このような仕組みに導かれたわけではありません。

人間がはたらく本来の目的は

「何事にも誠心誠意つくす心を磨く」ということです。

誠心誠意つくすというのは、「純粋な真心を持った誠実な行い」のことを指しますが、

これは周りの人を幸せにすることにつながります。

実際に日本での「はたらく」という言葉の本来の意味は

労働やお金儲けという意味ではなく、

「はた(周りの人)をらく(楽にさせる、楽しませる)」になります。

 

仕事そのものに対して、

上司や同僚に対して、

すべてに対して、

毎日「誠心誠意つくす心を磨く」ために

はたらくという仕組みがあります。

そして、この真実を理解していれば、

何が起こっても、不平不満を言ったり、腹を立てることなく、

シンプルに今自分ができることに誠心誠意つくすことができます。

そしてこの磨いた心は来世にも持っていけるので、

毎日誠心誠意つくすという心を磨いていれば

人間はこれからさらに進化してゆけます。

仕事以外でも家庭でもプライベートでも、

すべてに対して誠心誠意つくすようにしていれば

すべてが良い方向へ導かれます。

 

また神様とご先祖様に誠心誠意を尽くすには

毎日、何事も「神様とご先祖様のおかげ」という感謝の生活をして、

感謝のおまつりを行うというのが基本です。

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

 

何事にも常に誠心誠意つくすように心がけることが大切です。

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

バランス

2021年10月15日発行分

この世の中はすべてバランスで成り立っています。

地球においても自転しながら、太陽などのほかの星と絶妙なバランスをとることによって

地上に水ができ、私たち生物は生かされています。

生物も、小さな虫や海底生物など一見、そのような生物はいなくても特に問題ないように感じますが、

実はそうではなく、

人知を超えた、神様の素晴らしい知恵によって

すべての生物がお互いに共存することによって、

私たち人間も生きることができるようになっています。

人間の体も同じく、バランスを保つことによって健康に生きることができます。

古来から日本人はその真実を知っていたので、

西洋医学の場合は、胃が悪ければ、胃を検査して

薬や切除などで直そうとしますが、

日本医学(東洋医学)では、胃が悪ければ、

それは体のバランスが崩れているサインであると、とらえて、

まずは胃をつかさどるツボにはりやお灸を施して、

体のバランスを元の正常な状態に整えることにより、

結果的に胃が治ってくるという治療をしてきました。

しかし、明治時代に西洋一辺倒で、東洋医学は正しくなく、

西洋医学が正しい医学とされてしまい、

現代のような検査データや薬に頼る理屈的な医療となってしまいました。

このように東洋医学は宇宙のバランスのしくみを理解した

真実にそくした医学です。

加えて体のバランスを整えるその根本は、

生かされていることに感謝することです。

そうすると、脳から正しい指令が出て、体のバランスが整い

健康に生きることができます。

感謝の心なくして、いくらジョギングをしようと、

栄養のあるものを食べようと、効果はありません。

毎日神様とご先祖様に生かされていることに感謝して

感謝のおまつりをすることが大切です。

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

 

今回は葉室頼昭先生から教わりました、

「東洋医学」についてお伝えさせていただきました。

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

謙虚な心

2021年10月1日発行分

常に何事に対しても謙虚な心で接することによって

すべてが良い方向へ導かれます。

人の話を聞くときでも、自分の我が強かったり、

感情的になったりすると、

本当にためになることでも頭に入ってきませんが、

常に謙虚な姿勢で聞けば、

冷静に話を聞くことができ、

自分では気が付かなかったような、ためになることが得られます。

また親しき中にも礼儀ありという言葉があるように、

家族に対しても謙虚な心、思いやりの心で接することが大切です。

私たちは普段当たり前にできていることや環境に対しては

感謝の心を忘れて、次第に横柄になってしまうことがありますが、

仕事でもプライベートでも

常に謙虚な姿勢を心がけることによって

それが感謝につながり、

より先に進歩することができて、幸せな世界が現れてきます。

 

そして毎日神様とご先祖様に「生かされている」ことに感謝して、

感謝のおまつりをするのが謙虚な生活の基本となります。

 

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

お導きで生かされている

2021年9月15日発行分

私たちは何でも自分の力でやっていると思い込んでいますが、

この世の中で自分の力でやっているということは、ひとつもありません。

すべて神様のお導きで生かされているというのが真実です。

例えば私たちの体の細胞ひとつとっても、

動かしたり止めたりと、自分の意志でコントロールすることはできません。

すべて神様のお恵みとご先祖様の恩からなる遺伝子の情報から

神秘的に動いているわけです。

また何かが成功したり、成し遂げた場合でも、

自分が頑張ったからできたというのは思い違いで、

お導きにしたがって自分なりに努力した結果、

神様とご先祖様のご加護で、成功に導かれたというのが真実です。

そこで物事がうまくいったときにも、慢心するのではなく、

謙虚に、神様とご先祖様をはじめ、周りの人に感謝することが大切です。

自分の目の前に起こる物事についても偶然というものはなく、

すべて神様のお導きから起こるものです。

何が起こっても慌てず、常にそのお導きに感謝し、

その瞬間、瞬間に自分でできる最善のことを行うというのが

正しい真実の生き方で、

いずれ幸せが現れてきます。

また人間は、この宇宙、自然の中で「生かされている」ということを

ご先祖様方は肌で感じていたので、

日本人は本来、自分たちの目先の利益のために

自然を破壊したり、汚したりすることなく、

山などに神様をおまつりして、大切に守ってきました。

そして人間にはほかの動物にはない「徳」というものがあります。

人間だけが周りの幸せを考えて行動するという「徳」を行うことができ、

神様やご先祖様に感謝し、

神様やご先祖様にお喜びいただくおまつりを行うことができます。

逆に言えば、このようなことができるように

神様は人間に高度な頭脳と器用な手を与えられました。

そしてこの世の中は循環によって成り立っており、

人は死ぬとそれで消滅するのではなく、

黄泉の国へ行き、また生まれ変わってくるという

循環になっています。

これは宗教や誰かの理論などではなく、

宇宙がそのようになっているということです。

この世で磨いた徳は来世にも持ってゆくことができるので

神様のお導きにまかせて、感謝しながら、

どんどん「徳」を磨いて進化してゆきたいものです。

今回は葉室頼昭先生から教わりました

「お導きで生かされている」をご紹介させていただきました。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

日本人の誇り

2021年9月1日発行分

アメリカ人や中国人など、世界のあらゆる民族は自分の国に誇りを持ち、

例えば国歌がかかると直立不動で静粛に聞き入ります。

しかし、今の日本人だけは日本人ということに誇りを持たず、

何か欧米よりも劣った、遅れた考え方の国であると思っている人が多いようです。

そして多くの人は日本人の本当のすばらしさに気付いていません。

これは戦後の欧米からの強制的な、物質・理屈を第一に考えた教育の影響によるものですが、

これからその誤解を治してゆく必要があります。

実は、日本人ほど世界の模範になる民族はありません。

なぜなら、日本人は本来、

「自分以外の幸せを考えて生きる」という共生の世界観を持ち、

「神様、ご先祖様のおかげで生かされている、何事もさせていただいている」という

感謝のこころで生きるという民族だからです。

「自分以外の幸せを考える」というと、

そのような考えは時代遅れだ、欧米では通用しないという人もいますが、

因果応報という言葉があるように、

「周りの幸せを考えて生きていると、それが回りまわって

自分や自分の家族に返ってくる」というのがこの宇宙の不変の真実です。

日本人は感性が鋭いので、そのことを太古の昔から肌で知っていたので

「自分以外の幸せを考えて生きる」ということを大切にして生きてきました。

また欧米では人間は自分の力で生きているという発想ですが、

人間というのは神様のお恵みとご先祖様の恩のおかげで「生かされている」というのが真実です。

その証拠に、太陽や空気、大地の恵みが無ければ生きられませんし、

人間をはじめとするあらゆる生物は奇跡としかいいようのない仕組みで

成り立っています。

体の細胞についても、自分の意志ではコントロールできませんし、

酸素や栄養を運ぶ血流なども一瞬でもストップしたら生きてゆけません。

そしてご先祖様の経験の入った遺伝子や抗体のお蔭で

毎日元気に活動できています。

日本人はそれを感じていたので

神様とご先祖様をおまつりすることを第一に考えて生きてきました。

 

ご存知の通り近年、経済や科学を発展させただけでは

世の中は明るくなりませんでした。

幸せな世の中になるには、

やはりこの「感謝と共生」というものが絶対に必要です。

あの偉大な科学者、アインシュタインも大正時代に日本を訪れた時、

「戦争で疲れ、荒廃したこの世界を救えるのは日本人しかいない。」と

日本人のすばらしさを見抜いていました。

しかし当の日本人がそれに気付いていないので

今こそ、日本人の誇りに目覚め、世界に発信してゆくべきです。

国際化と言いますと、欧米の考え方に合わせて、

英語を覚えて欧米的なことをすることと、勘違いしている人が多いですが、

そうではなく、それぞれの民族がお互いの良いところを出し合って

協力してゆくというのが本当の国際化です。

このように私達、日本人は世界の模範となる民族なので、

自信と誇りを持って、

自分以外の幸せを考えて

何事にも感謝して生きてゆくことが大切です。

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

今回は葉室頼昭先生から教わりました

「日本人の誇り」をご紹介させていただきました。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

水の不思議

2021年8月15日発行分

普段何気なく使っているお水ですが、

現代では水はH2O(エイチツーオー)という単なる物質としかとらえられていませんが、

実は、お水はそのような単純なものではなく、

大変偉大で、尊いものです。

水は常温では液体、100度まで熱すると気体、

そして0度以下に冷やすと固体となりますが、

このような不思議な性質をもつものは他にはありません。

そして海や川の水は、水蒸気となって雲になり、

また雨として地上に降ぎながら、地球上で循環して

あらゆる生物を生かしています。

また水は普段は穏やかな海や川でも、

時には荒波や激しい川の流れとなってすべてのものを押し流すという

もの凄い力も秘めています。

さらに地球上のすべての生物に水は必要で、

人間の体も60パーセントは水でできています。

そして水は血液として栄養素や酸素を体内で運んだり、

遺伝子から情報を引っ張ってきて伝達してくれています。

このようにお水というのは不思議な力を秘めており、

私達生物を生かしてくれているという大変尊いものです。

私達のご先祖様はそれを直感的に肌で知っていたので

神前には御水をお供えし、

お水で体を清めたり、つみ・けがれを祓ったりしてきました。

ここで「つみ」というのは、人間本来の素晴らしい姿を包み隠してしまうもの「包む身=つみ」で、

「けがれ」は神様からいただいた尊い気(エネルギー)が枯れた状態、「気枯れ=けがれ」で

これらは人間の我欲から生じるものです。

はらいについてはこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/ooharai.html

 

現代人はすぐに除菌や抗菌と言って消毒液を使おうとしますが、

まずはお水で体を清めるというのが健康の基本です。

そして体の60パーセントが水なので、

ジュースなどの加工品ばかり飲むより、

綺麗なお水を体に取り入れることが大切です。

神社の御神水などは最高ですね。

とくに最近は熱中症のためにも

こまめに綺麗なお水をいただくことをおすすめします。

またご先祖様達はお水がいつまでも綺麗に沸いてくれるように

山に神様をおまつりし、大切に守ってきました。

近年、土地開発という目先の欲のために

山を削ったり、廃棄物が投棄されたりしていますが、

すぐに止めていただきたいものです。

お水に感謝して、

いつまでもお水が地球上で循環するように

守り続けるが人間のやるべきことです。

 

今回は葉室頼昭先生から教わりました

「御水の尊さ」をご紹介させていただきました。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

自分の行いは循環する

2021年8月1日発行分

この宇宙や世の中は循環の仕組みで成り立っています。

循環と言ってもいろいろありますが、

「自分がした行いというのは、いずれ自分に必ず返ってくる」という真実もそのうちの一つです。

因果応報(いんがおうほう)という言葉がありますが、

良いことをすれば、いずれ良いことが返ってくるし、

悪いことをすれば、いずれ悪いことが返ってくるというのがこの世の真実です。

仏教ではこれを、悪いことをした人は地獄へ行き、

良いことをした人は天国へ行くという表現にしています。

日本人は昔からこの真実を知っていたので、

自分以外の幸せを考えて生きていれば

それがいずれ自分や自分の家族に返ってくるという世界観を持っていました。

つまり幸せな人生を生きるには、

常に周りが喜んだり、幸せになるようなことをし続けていれば良いという

シンプルな結論にたどり着きます。

神様は受験の問題のような小難しいことを

私達の人生には求めていません。

人間が勝手に人生を難しく考えているにすぎません。

そして自分よりも周りの幸せを考えて生きるというのを妨げるものが

「我欲(がよく)」です。

現代では他人の迷惑よりも自分のことが最優先という人が多いですが、

これも我欲の表われです。

そのため日本には古来より、この我欲を消すために

「はらい(祓い)」というものを行ってきました。

この「はらい」というのは、

普段知らず知らずのうちに体についてしまった「我欲から生じるつみ・けがれ」という悪いものを、

神様の力をお借りして、良いものに変えるための行いです。

自分が日々、周りの幸せを考えて生きるといった正しい行いが素直にできるように

「はらい」を行うことをおすすめいたします。

これは別に難しいことをする必要はなく、

毎朝、神棚の前で「大祓いのことば」をゆっくりと素直に唱えるだけです。

はらいの方法についてはこちらをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/ooharai.html

 

毎日、神様、ご先祖様に感謝し、

神様、ご先祖様にお喜びいただくための「おまつり」と、

周りの人が喜ぶようなことを考えて行動するのが人生で一番大切なことです。

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

 

今回は葉室頼昭先生から教わりました

「世の中は循環で成り立っている」をご紹介させていただきました。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

 

■先日、以下のようなお便りをいただきました。

「海外在住の者です。ご縁をいただきこのホームページに出会いました。

古いメールマガジンから毎日一つずつ読んでおります。

葉室先生の本も読ませていただきます。

素晴らしいホームページをありがとうございます。」

葉室先生の本を読んでいただけるようで大変うれしく思いました。

これからもよろしくお願いいたします。

一人一人が日本人本来の、「感謝と共生」という真実の生き方を取り戻せば

必ず今よりも明るい世の中になります。

ものを大切にする

2021年7月15日発行分

現代では多くの商品は使い捨てされるのが当たり前で、

「もったいない」という感覚を持たない人が増えてしまいました。

本来、日本人は、ものを大切にする心を持っており、

昔はどこの家庭でも包装紙などは捨てずにとっておき、別のことに利用するという発想で

生活していました。

また仕事道具においても、

例えばプロスポーツの一流選手は道具を大切にする人が多く、

逆に道具を粗末にするような人は一流にはなれていません。

日本では柔道や剣道などにおいても、道具をしっかりと手入れし、

枕元において寝るくらい、大切に扱われてきました。

食べ物に関しても、現代では飽食の時代で、

簡単に食べ残して捨てたり、

企業も食品を大量に生産し、期限が切れたらすぐに廃棄という

宇宙の真実とはかけ離れた、罰当たりなことがおこなわれています。

また車の乱暴な運転や交通事故を起こしたりするのも、

基本的に車に対する感謝の心が欠けているというのが一番の原因です。

まずは身の回りの物や食べ物に感謝するのが大切で、

感謝して大切に使うことによって良い方向へ導かれます。

 

今回は葉室頼昭先生から教わりました

「ものを大切にしよう」をご紹介させていただきました。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

別の角度から物事を見る

2021年7月1日発行分

物事は別の角度から見ることによって

世界が変わって見えてきます。

例えば、ある貧しい人がお店のパンを盗んだとします。

するとある人は「パンを盗んだからこれは犯罪なので罰するべきである」と考える人と、

「貧しくて可哀そうなんだから、パン一つくらい許してあげようじゃないか」と考える人もいます。

この場合、どちらが正しくてどちらが間違っているともいえません。

現代の日本人は、戦後の欧米からの教育の影響で

物事をすべて理屈だけで考え、

自分の固定観念だけで善か悪かを判断する人が増えてしまいましたが

物事は別の角度から見ることによって

そこから相手を許すという人間らしい心が現れてくることがあります。

いわゆる頑固おやじ的な人は

自分の理屈に反していることは絶対に許せないという発想にとらわれている人です。

もちろん明らかに悪い行いについては論外ですが、

物事は別の角度から見てみることによって

常に冷静でいることができるようになりますし、

相手を批判ばかりするという癖から解放されることがあります。

相手を批判ばかりしているということは

ストレスを感じているということなので

その分不幸であるということです。

 

また常に物事を良いようにとらえることによって

現実に良いことが現れてきます。

そして今自分ができることに全力を尽くすことによって

人間は進化することができます。

 

今回は葉室頼昭先生から教わりました

「別の角度から物事を見る」をご紹介させていただきました。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

文化といのち

2021年6月15日発行分

文化といいますと現代では、経済よりも優先度の低い

趣味のようなイメージにとらえられがちですが、

実は、文化はそれぞれの民族にとって一番重要なものです。

文化はそれぞれの民族の「生きるための知恵 = いのち」で、

それぞれの民族の原点の心から生まれて、

それが現在まで伝わっているものです。

文化がなくなればその民族は滅びてしまいます。

それぞれの民族は自分の国に誇りを持っていますが、

戦後の日本人だけは、アメリカの理屈、物質的な教育を受けたため

自分の国に誇りを持たず、

日本は何でも欧米よりも遅れた、劣った国と思い違いをしている人が増えてしまいました。

そのため日本の文化、こころはどんどん消えつつあります。

日本人の文化の基本は

神様とご先祖様にお悦びいただくことと

相手とひとつになる共生のこころです。

日本の文化のうちの多くには

書道、華道、剣道などのように「道」という名前が付いていますが、

 

これらは単にテクニックの上達を目指すものではなく、

技を通じて、神の世界、神の美を表現するために存在しています。

例えば書道の場合は、文字によって神の美、神の世界を表現するのが本来の目的です。

神様は神の世界を表現できるように

人間だけに高度な頭脳や徳、器用な手を与えられたので

それを使って神の世界を表現することによって神様はお悦びになられます。

もうひとつの共生については、

日本人は本来、「相手と対立せずに、相手とひとつになる」というこころを持っています。

そのため自然に対しても、人間の都合で山などを破壊せず、

そこに神様をおまつりして、大切に守ってきました。

医療に関しても日本では本来、

体の悪い部分を切り取ったり、病原菌を殺すという対立の方法ではなく、

体全体のバランスを整えることにより、

自然と病気が消えてゆくという方法で治療されてきました。

現代では外国の対立の考えにかぶれて、

何でも理屈で考え、人の悪口を言ったり、だましたりと

乱れ切った日本になってしまいました。

 

以上のことから、日本の文化をないがしろにすれば

今のような暗い世の中がいつまでも続いてしまうので

今こそ、日本人の原点のいのち、文化を第一に生きるときです。

日本人の原点のいのち、文化を第一に生きるには以下のことをする必要があります。

1 日々「何事も神様とご先祖様のお蔭」と感謝し、感謝のおまつりをする。

2 何事も共生のこころで相手と対立せずに解決することを考える。

2 日本の文化にふれ、神の世界を表現する。

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

 

今回は葉室頼昭先生から教わりました

「文化といのち」をご紹介させていただきました。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html