kamisama のすべての投稿

子どもに「いのち」を伝える

2019年11月1日発行分

「命」という言葉がありますが、

「いのち」というのは本来「生きるための知恵」のことです。
そして「生きるための知恵」というのは昔からの伝統のことです。

民族によって伝統はいろいろありますが、

日本人の伝統の基本は「神様、ご先祖様に感謝し、周りの幸せを考えて生きる」ということです。
私達の体は常に新陳代謝によって古い細胞から新しい細胞に

いのちを伝えることによって生きていますが、
人間もこの新陳代謝のように

「いのち」というものを新しい子供に伝えてゆくことが必要です。
生きるというと、単に栄養のある食事をして、仕事などをすればよいと解釈している人が多いですが、

人間が本当に生きるというのは、「いのち」を次の世代に伝えることです。
現代の日本ではこの「いのち」を子供に伝えず、

伝統を忘れ、欧米の考え方に憧れて、目先の利益を第一に考えて生きている人ばかりなので、

日本始まって以来の乱れた国となっています。
動物の場合は、食べ物を採ったり、敵から身を守るという

生きるための知恵を子どもに伝えていますが、
人間の場合はそれに加えて、それぞれの民族の伝統、

日本人の場合は「神様、ご先祖様に感謝し、周りの幸せを考えて生きる」という徳を次の世代に

伝えて続いてゆくようになっています。
そのため神様は人間に他の動物にはない高度な頭脳を与えられました。
ところで、私達の体の中にある遺伝子には

150億年昔からの神の命と知恵と、

38億年昔からの祖先の経験の知恵が入っていますので、
「いのち」をしっかりと子供に伝えることによって

この遺伝子がすべて目覚めるので、
大人があれこれ注意しなくても、自分で人としての正しい判断ができるようになり

立派な大人に成長してゆくのが真実です。
そのためには、まず大人が神様とご先祖様に感謝しておまつりをし、

周りの幸せを考えて行動するという姿を

子供に見せて伝えてゆく必要があります。
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

山と水の神秘

2019年10月15日発行分

私達が普段当たり前のように飲んでいるお水は

神様の神秘なお恵みによって生まれたものです。
無数の惑星のうち、地球だけに水があるといわれていますが、

これは神様の尊い知恵のお蔭で

地球の大きさや引力、太陽との距離などの神秘的なバランスがとられて

地球に水が保たれているわけです。
そして特に日本には綺麗な水が豊富にありますが、

これも神様の尊い知恵のお蔭で

日本列島の中心に山ができ、

降った雨はその木のたくさん生えている山を長い年月かけて浸み込んでいきます。
その時、ただ浸み込むだけでなく、

木が落とした葉っぱを通して地下に浸み込むことによって

栄養のあるお水となってゆきます。
そして地下に入った水は清水となり川になります。
ちなみに雨が地下に入って1メートル移動するのに1年もかかるといわれています。

普通は300メートルほど移動して清水になるので

私達が今飲んでいるお水は300年前に降っていた雨水ということになります。
つまり江戸時代に降っていた雨水を今私達が飲んでいるということになります。
山の無い地域では、水不足に悩まされているように、

山と、そこに生えている豊富な木がないと、綺麗なお水をいただくことはできません。
このように神様の尊い知恵のお蔭で、私達はお水をいただいて生かされているわけです。
そして美しい水を生み出してきた山をご先祖様が破壊せず

きれいに保ってきてくれたお陰で、水をいただくことができます。
このような神様の知恵、お恵みを理解することが一番大切です。

絶対に山を削ったり、木を切ったりして汚してはいけません。
日本人は太古の昔からこのことを知っていたので

山に神様を祭って感謝し、決して山を汚すことはしませんでした。
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

知恵を身につける

2019年10月1日発行分

現代では、知識はあるが、知恵が無いという人が増えてしまった結果、

おかしな事件や事故の多い世の中となってしまいました。
知識と知恵の違いというのは、

水を例にすると

知識で説明すると「2つの水素原子(H)と1つの酸素原子(O)で形成されたもの」という

単なる物質として考えられますが、
知恵で解釈すると、

「神様からのお恵みで、あらゆるものを清める、大変ありがたいもの」

となります。
このように知恵と知識では解釈がまったく異なってきます。
先日、近所の神社に参拝に行ったときに、

小学生が先生と神社について調べに来ていましたが、
手と口を水で清める手水(ちょうず)のところで

ある高学年の小学生が「これはなんだ?」と言っていたのには少し驚きました。
このように戦前では当たり前だった伝統を

学校や家庭で教えていないわけです。
そして戦後の学校ではこの知識ばかりたくさん詰め込むだけの教育がされてしまい、

知恵を教えてこなかったので、

理屈だけを考え、目に見えないもの、科学で証明できないものは存在しないという

かたよった考えの人が増えてしまいました。
知恵というのはここでは、生きるための知恵(=いのち)という意味で、

知恵がないと、危険な場所へ行ってみたり、昔より紫外線がはるかに多いのに、体を焼いてみたり、

人工的なものばかり食べてしまったりと、

自分の身を守る正しい判断ができなくなってしまいます。
動物でも、自分の体に悪いようなものは決して食べず、

危険な場所へも近寄らないような知恵を持っていますが、
今の人間は知識ばかり詰め込んでしまった結果、

そのような動物にも劣る知恵しか持っていません。
昔はこのような知恵は親や祖父母に教わってきましたが、

現代では、その親や祖父母まで知恵を覚えていないので、

子どもに伝えることができなくなってしまったわけです。
また科学技術についても、

知識では、「宇宙を開発したり、遺伝子を操作すれば

世の中は幸せになる」という解釈ですが、
「それ以上、自然を破壊したり、宇宙や遺伝子など神の領域をおかすようなことはやってはいけない」と

ストップをかけるのが知恵です。
そしてこの知識と知恵の両方をバランスよく持つことが大切です。
このような知恵は日本人の遺伝子にすでに入っているので

それを思い出すだけです。
遺伝子というのは神様のお恵みとご先祖様の恩のお蔭でできているので

毎日神様とご先祖様に感謝のおまつりをして

「何事も神様とご先祖様のお蔭」と感謝する生活をすることで
自ずと遺伝子が目覚め、知恵が復活するので

人間として正しい判断ができるようになります。
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

本当の健康を手に入れるには

2019年9月15日発行分
健康になるために、ジョギングをしたり、健康食品を摂るようにしている人がいますが、

本当に健康を手に入れるには、もっと根本的な部分に目を向ける必要があります。
現代人は健康な体は自分の力で作り上げるものと考えていますが、

実はそうではなく、

元々は健康な体なので、バランスを整えて元の健康な状態に戻すという考え方が真実です。
そしてその基本は「神様とご先祖様のお蔭で生かされていることに感謝する」という心を持つことです。
そうすると、遺伝子が正常に働き、脳からも正しい指令が出て体のバランスが整うようになります。
つまり感謝せずに、いくら運動をしたり、栄養のあるものを食べたりしてもほとんど効果はありません。
よく「神様なんて信じない。神頼みするのではなく、自分の意識を高めるべきだ」と言う人がいますが、

それは単なる我欲であって、すでにバランスが崩れた状態です。
そうではなく、神様から与えられた体に感謝することが大切です。
そして食事に関しても、生かされていることに感謝すれば

自然と、食べてよいもの、悪いもの、食べる量などの判断ができるようになります。
また運動に関しては、血液の循環を良くすることが基本です。

血液の循環といっても、皮膚のような細かい部分の血液の循環が大切です。
皮膚の中には細かい血管があるので、マッサージで血行を良くします。
また筋肉内の細かい血管の循環にはストレッチが効果的ですので、

体の前後、左右を伸ばすようにします。
つまり皮膚と筋肉の血液の循環を良くすることが大切です。
そして、このような血液の循環を良くする方法として「導引術(どういんじゅつ)」というものがおすすめです。
導引術では内臓や筋肉に気を充満させて、

それぞれの機能が十分に発揮できるように整えます。
激しい運動も必要なく、体をマッサージしたり、温めたりする手軽な方法なので

一生続けられる健康法になります。
導引術はこちら↓
http://kamisamagosenzosama.com/douin.html
そして以上のような血液の循環を良くする体操を毎日、一生続けることが大切です。

続けることによって本当の健康が現れてきます。
本当の健康法というものは一生続けられるものです。

ジョギングなどの激しい運動は高齢になると難しいですが、
血液の循環を良くするマッサージやストレッチは、よぼよぼになっても、一生続けられるので

真実の健康法と言えます。
神様から与えられた体と、すべてのことを神様に感謝して

正しい健康法を続けるということが真実の健康につながります。
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

バランスで成り立つ

2019年9月1日発行分

この世の中はすべて絶妙なバランスで成り立っています。

そしてそのバランスが崩れると、不幸なことが現れてきます。
例えば国際化というと、英語を話して、欧米の考え方にならって行動すると

思い込んでいる人が多いですが、
真の国際化というのは

日本人なら日本人、アメリカ人ならアメリカ人、中国人なら中国人と

それぞれの特徴を出しつつ、お互いに調和して

平和な世界を維持してゆくことです。
神様はこのように調和してバランスをとって世界が成り立つように

複数の民族を作られたわけです。
現代では、何事も欧米の方が日本よりも進んでいるので

見習わなければならないと考えている人が多いですが、
私達日本人は、外国のマネばかりするのではなく、

本来、日本人が大切にしてきた

「神様とご先祖様に感謝し、周りの幸せを考えて生きる」という人生観で

日本人としての自信と誇りを持って行動することが大切です。
家族においても、現代では男女平等をはき違えて、

男と女が同じことをすることが平等であると思い込んでいる人が多いですが、

夫は夫の役割、妻は妻の役割というものがあります。
妻は子供にいのちを伝え、子供を守るというのが役割であり、

夫は妻と子供を守ってゆくというのが役割です。
それぞれの役割というものが必要なので

神様はお母さん、お父さんというものを作られたわけです。
誰が上で、誰が下というものではなく、

それぞれに役割というものがありますので、

それぞれの役割を意識して行動することが大切です。
この宇宙においても、何万光年と離れているような無数の星がありますが、

何一つ無意味なものは存在していません。

無意味なものはブラックホールに吸い取られてゆきます。
全ての星はお互いにバランスをとっており、

地球もそのバランスのお蔭で、水や空気があり、他の惑星に衝突することなく

守られています。
そして神様は人間を誕生させるために宇宙や惑星を作り、

地球を作られたわけですが、
神様は、神の存在を認め、それを表現できるように人間というものを誕生されたので、

私達人間の役割というのはその神様の御心通りに、

「神様に感謝し、神様をおまつりする」ということを第一に生きることが大切です。
また、あの世とこの世もつながっており、バランスの上に成り立っています。
ご先祖様が黄泉の国(よみのくに:(あの世))で幸せに暮らされてはじめて

この世の私達も幸せに暮らすことができます。
日本人は昔からこのことを知っていたので

ご先祖様に感謝し、おまつりをして

ご先祖様が黄泉の国で幸せに暮らされることを願ってきました。
現代では目に見えないもの、科学で証明できないものは存在しないと

考えている人が多いですが、

実は、神様やご先祖様、バランスなどの目に見えないものが一番重要で、

それを第一に考えることが大切です。
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

遺伝子をすべてオンにする方法

2019年8月15日発行分

人間は神様のお恵みとご先祖様の恩、経験からの遺伝子を持っていますが、

この遺伝子は常にすべてオンになっているわけではありません。
神様とご先祖様に感謝もせず、理屈や不満ばかり考えていたり、

自分の利益だけを考えているような人は眠っている遺伝子が多くなります。
そのため、現代では日本人としての遺伝子が眠ったままの人が多いので

おかしな事件や事故の多い、日本始まって以来の世の中になってしまいました。
ところで、私達の体は、酸素で糖分を燃やしてエネルギーにして生きているので、

酸素は血液によって全身に運ばれています。
しかし、体に傷ができると、出血を止めるために傷の周りの血管が収縮します。

すると傷の組織に血液が行かなくなるので当然、酸素も行かなくなり、

組織は死んでしまうところですが、

ここで瞬間的に35億年前の記憶がよみがえります。
35億年前の地球には酸素はなかったため、生物は酸素なしで生きていました。

これは「発酵」という酸素を使わないでエネルギーを出す仕組みで生きていました。
体に傷ができると、発酵の仕組みによって傷の周りの細胞を生かして

エネルギーを与えて傷を治していくわけです。
傷はこの仕組みでしか治らず、

この35億年前の記憶である発酵の仕組みは遺伝子から出てくるので、

神様のお恵みと、35億年前の記憶を伝えてきたご先祖様に感謝するというのは当たり前のことです。
※詳しくは、葉室頼明先生著、「神道のこころ」 P104 をご参照ください↓

神道のこころ
http://kamisamagosenzosama.com/kokoro.html
そして遺伝子ですが、

神様とご先祖様のお蔭で生かされているということに感謝しない限り、

全ての遺伝子はオンにならないので、

健全な心と体になることはできません。
また子育てにおいても毎日いっしょに神様とご先祖様をおまつりして

感謝の生活をすることによって、
神様とご先祖様とつながるので、遺伝子がすべてオンになり

親があれこれ言わなくても、

自分から進んで勉強したり、周りの幸せを考えられる立派な人間に育ってゆきます。
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

お参りの誤解

2019年8月1日発行分
お正月や、何かを祈願したい時などに神社で参拝される人がいますが、

お賽銭を入れて、神様に「〇〇になりますように。」と

お願いだけをしている人がいます。
しかし、お賽銭、お金を入れて 神様に何かをお願いするというのは

単なる取引、我欲の願いとなってしまい、本当のお参りではありません。

現代では、ほとんどの方が「〇〇がうまくいった」とか

何らかの理由がないと神様に感謝できない人が多いですが、
本当のお参りというのは、

神様とご先祖様に「いつもありがとうございます。」と

「理屈なく感謝する」ことです。
神様は理屈の無い世界におられるので、

理屈を言わず感謝することが大切です。
私達は、女性なら「美しいですね。」、男性なら「立派ですね」と認められたり、

「ありがとう」と感謝されるとうれしいものですが、
神様も同じく、

私達が神様の存在を認め、神様に感謝するとお喜びになられます。
つまり、神様にいつも理屈なく感謝することで、神様が喜ばれて、

「神様は何でも知っておられる」ので、いちいち頼まなくても、

その人にとって最高のお恵みをいただくことができます。
日本人は太古の昔からこのことを知っていたので、

各家庭では神棚で感謝のおまつりをし、

今でも全国の神社では、神様にお喜びいただくための、おまつりが

欠かさず行われています。
お祭りというと屋台が出て、お神輿などで派手に行うというイメージがありますが、

神社のお祭りというのは本来、

神様にお喜びいただくためだけに行われています。
神職が神様を褒めたたえる祝詞(のりと)を奏上し、

美しい音色の雅楽や、巫女さんが美しい舞を踊り、

海の幸山の幸の豪華なお供えものを捧げて神様にお喜びいただくわけです。
この世の中は小難しいことをしたり、

他人を蹴落としたりして幸せになれるものではありません。
幸せになるには、

神様に何かをお願いするのではなく、

はじめに神様にお喜びいただくことによって、

その結果、お恵みがいただけるという、非常にシンプルな世界です。
神様にお喜びいただくには、

日々、神様に理屈なく感謝し、感謝のおまつりをします。
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

真実の医学

2019年7月15日発行分
現代では、科学ですべて解決できると思っている人が多く、

病院などでも、検査の結果だけを見て、患者さんを見ずに診断していることが多いようです。
例えば葉室先生が形成外科医だったころ、

全身がだるく、食べると吐き、登校拒否症になってしまった小学生の女の子が

診察にきました。
その子はいろいろな病院で治療を受けてきたが、いっこうに良くならないので

藁をもすがる思いで葉室先生の病院へ来たそうです。
そこで葉室先生が女の子の体を触って診察したところ、

もの凄い肩こりがあることに気が付きました。
さすがに小学生にこれほどの肩こりがあるとは驚いたそうですが、

鍼治療をしばらく続けたところ

登校拒否症は完全に治り、元気にクラブや勉強に打ち込むことができるように

なりました。
治療というのは検査の結果だけ見て状態を判断するのではなく、

まず患者の体を自分の目でしっかりと見たうえで、

検査の結果を参考にするというのが本当の治療です。
この女の子のケースでも、検査ばかりで

女の子の体をしっかりと見て触診されていないので

いろいろな病院へ行っても一向に治らなかったわけです。
また昔は宗教と医学は同じもので、

お釈迦様もそうですが、お坊さんは説法もするし、病人も治すということをしていましたが、

明治以降、医学と宗教は別という考えの西洋医学が本当の医学とされ、

宗教と医学がつながっている東洋医学はそれよりも劣ったものと

解釈されるようになってしまいました。
しかし患者が人間として本来あるべき姿に戻すというのが真実の医療なので

医者には宗教的な心が必要です。
延命治療といって余命数日の夫を、数日間長く生かすために、

無理やり集中治療室に入れて

夫婦を離ればなれにしてしまうというのは真実の医療ではありません。
そうではなく、残された数日間を夫婦一緒に過ごしてもらうというのが

患者の幸せを考えた真実の医療ではないでしょうか。
近代医学は人間の体をモノ扱いして、

本来の人間のあるべき姿を忘れているので

医学の原点である、患者の真実の幸せを追求するというものに戻す必要があります。

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

日本のことば

2019年7月1日発行分

昔は日本には文字がなかったため、

日本の歴史などは、語り部(かたりべ)という記憶力のいい人が

次の世代に語ることによって伝えられていました。
その後、奈良時代にそれらを文字として残そうと、

中国から入ってきた漢字を当てはめて文字として残されるようになりました。
古事記という日本最古の歴史書がありますが、

これも稗田阿礼(ひえだのあれ)という語り部が日本の歴史を語り、

それを太安万侶(おおのやすまろ)という知識人が漢字を当てはめて文字にしたものなので、
現代では、漢字を解釈しようとしても、そこに何が書かれているか、

本来の日本の心である真実の意味は分らないという状態になっています。
このように本来の日本のことばに漢字を当てはめてしまうと、

後の世代の人は漢字の意味を訳そうとして、本来の日本のことばの意味が

わからなくなってしまいました。
例えば、「かみ」(神)という言葉がありますが、

これを漢字を見て解釈すると、西洋でいう「ゴッド」という意味と解釈してしまいますが、

実は日本の「かみ」という言葉は

鈴木様の「様」という敬語の中でも「最高の敬語」という意味です。
そのため「天照大御神」「豊受大御神」というかたちで

神様の名前の最後に「神」と付けるわけです。
つまり「かみ」というのは最も尊い方に付ける最高の敬語という意味です。
また「つき」(月)という言葉がありますが、

漢字を見て解釈すると、ただ夜空に出てくる月だなと解釈してしまいますが、

本来の日本の言葉の「つき」は別の意味になります。
まず「つき」の「つ」は「筒(つつ)」が円柱であるように「丸い」という意味になります。

また「き」というのは「奇妙」であるというように「奇・不思議」という意味になります。
つまり日本の言葉の「つき」というのは「丸くて不思議なもの」という意味になります。
満月になったり、三日月になったり、満月には産卵する動物がいたりと、

不思議だなということで「つき」という言葉になったわけです。
人間だけが言葉を使うことができますが、

これは神様が神の世界を言葉によって表現できるように

人間に言葉というものを与えられました。
そのため、このように日本の言葉はひとつひとつ意味のあるもので、

神様の世界を表現したものになります。
言葉は神様の世界を表現したものなので魂が宿っており、

言霊(ことだま)という言葉があるように、

良い言葉を言えば、良いことが起こり、

悪い言葉を言えば、悪いことが起こるわけです。
そして大祓(おおはらい)の言葉というものがありますが、

これは昔、中臣氏の誰かが、神の声を肌で感じ、

それを言葉に表したものです。
この言葉を唱えると体についた悪いものである「つみ・けがれ」を消すことができ、

今でも全国の神社で毎日唱えられています。
先ほどのように日本の言葉というのは神様の世界を表現したものですが、

その中でもこの大祓の言葉というものは最高の言葉になります。
ぜひ毎日の神様のおまつりの際に

この大祓の言葉を唱えられることをおすすめいたします。
大祓の言葉についてはこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/ooharai.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

いつまでも続ける

2019年6月15日発行分

何事もいつまでも続けることによってそこに「いのち」が生まれます。
全国の神社では毎日神様にお喜びいただくための、おまつりが神職によって

行われていますが、

このおまつりも永久に続けることによってそこに「いのち」が生まれて

いつまでも平和に私達が生きることができます。
伊勢の神宮では日々のおまつりが1500年も続けられていますが、

神様にお喜びいただくための、おまつりを太古の昔から休むことなく続けているという

日本人の知恵には驚くばかりです。
伊勢の神宮はこちら↓
https://www.isejingu.or.jp/
また、水は雲から雨、山水、川、海へと流れ続けることによって

私達生物にいのちをもたらしてくれますが、

水を流さずに一か所にとどめておくと、いずれ腐ってしまいます。
私達の体に関しても、血液や気が体の中を滞らずに循環することによって

生きてゆくことができます。
現代では西洋から入ってきた医学の考え方で、

体のどこかに不具合が見つかると、そこだけを切り取ったり、治療するという発想ですが、
日本古来からある東洋医学では、体のどこかに不具合が見つかると

それは体全体の血液や気の循環、バランスに問題があるというサインとみなします。
そこで体全体の血液や気の循環、バランスを整えることによって

結果的に体の不具合が元に戻るという治療法を行います。
ちなみに首や肩のこりは、西洋医学では大した重症とは考えませんが、
日本古来からある東洋医学では

首や肩がこるということは

大量の血液を必要とする脳への血液がスムーズに流れなくなるので、

脳梗塞や脳溢血になる前兆の重症であると考えます。

健康というと、すぐに栄養食品や薬にたよりがちですが、

このように体全体の血液や気の循環、バランスを整えることが必要です。
そして私達の遺伝子や細胞は、

はじめに神様・宇宙の情報、

そこに35億年間のご先祖様の記憶がプラスされてできているので、

神様のお恵みとご先祖様の恩で生かされていることに感謝することが一番大切です。
また「継続は力なり」ということばがありますが、目標を持ったら、

気の進まない日でも、少しでも実行するようにして、

「いつまでも続けてゆく」ということが成功の秘訣です。
何事も、いつまでも続けることによってそこに「いのち」が生まれ、

成功へ導かれるという真実を忘れないようにしたいものです。
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html