kamisama のすべての投稿

「むすび」と「ゆう」とは

2020年4月15日発行分
この世の中はモノとモノとが結びつく「結びの力」によって

新たな「いのち」や物が生まれるようになっています。
例えば原子が結びついて分子となり、さらにその分子が結びついて

私達の身の回りにある物ができています。
また地球の表面には海水がありますが、

この海の水が、太陽などの天の恵みと、大地の恵みを結ぶことによって

地球上にあらゆる生命を生み出しています。
私達の体の60%は水でできていますが、

この水が遺伝子などの生きるために必要な情報を体内で運ぶという「結びの力」を出すことにより

私達は生きることができています。
このような結びの力は「中間子」として現代科学で証明されましたが、
驚くべきことに、科学などのなかった太古の昔に

私達のご先祖様はこの結びの力というのを肌で感じ、

古事記(こじき)という日本最古の歴史書に「むすびの神」として記されています。
これは、宇宙のはじめに天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)という神様が現れ、

次に「高御産巣日神(たかみむすびのかみ)」「神産巣日神(かみむすびのかみ)」という

「むすびの神」が現れ、そのお力によって

この世のすべてのものが現れてきたという内容です。
また私達日本人にとって一番大切なお米においても、

それを「おむすび」にすることで、

お茶碗で食べるのとはまた違った美味しさが生み出されますが、

これも「結びの力」によるものです。
また「ゆう」ということばもありますが、

夕方、ひもをゆう(結う)、セリフをゆう(言う)などで使われるように

「むすぶ」と似た意味で使われます。
夕方も昼と夜をむすぶという意味から夕方といいます。
日本人は昔から、この昼でも夜でもない、

結びのひとときの夕日に神のお姿を見て感謝して拝んできました。
結納(ゆいのう)という言葉がありますが、

結婚についても神様のお導きで、両家と男女が一つに結ばれて

生まれてきた子供に「いのち」が伝わるようになっています。
しかし現代ではお導きによるのではなく、

二人が愛し合って自分達の力で結婚したと思い違いをしている人が増えたため、

愛が冷めるとすぐに離婚というような世の中になってしまいましたが

これは神の御心に反することです。
本来、夫婦生活というのはお互いが、忍耐して適応し、

その姿を子供に見せながら「いのち」を伝えてゆくのが真実です。
また言葉を話すことを「ゆう(云う)」といいますが、
これは本来、相手に自分の心の波動を伝えることで、

相手はそれを受け取って、また相手も心の波動を返して

お互いが結ばれるという意味です。
そのため一方通行の話は本来の「云う」ではないのでいのちが生まれません。
現代ではメールだけで会話をしている人が多いですが、

相手に直接、言葉を「云う(ゆう)」ことによって相手と心が結ばれるわけです。
また子供に絵本を読み聞かせる時も

声に出して「云う(ゆう)」ことによって子供にいのちが伝わります。
特に私達現代人は「結び」や「云う」の本来の意味についてしっかりと理解する必要があります。

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

正しいことを続ける

2020年4月1日発行分
「継続は力なり」という言葉がありますが、

神の御心にそったことなら、何があっても辛抱強く続けることによって

そこに神のいのちが生まれ、成功へと導かれます。
ここで大切なのは、続ける対象が「神の御心にそっているか」ということです。

そうでないものは、どれだけがんばっても良い結果になりませんし、

達成したとしても誰も幸せになりません。
神の御心にそっているかどうかは、

「それをすることで周りの誰かを幸せにすることができるかどうか」で

チェックすることができます。
自分の欲のためだけに続けても幸せにはなれないということです。
この世の中は神の御心にそったことはいつまでも続いてゆきます。
昔、中臣氏の誰かが神の声を肌で感じ、

それをことばに表した「大祓(おおはらい)のことば」というものがありますが、

これを唱えると体についた「つみ・けがれ」という悪いものを消すことができます。
このことばも神のいのちを表しているので、太古の昔からずっと続いており

今でも全国の神社で毎日唱えられています。
この体についた「つみ・けがれ」を消すおこないを「祓い(はらい)」といいます。
「はらい」についてはこちらをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/ooharai.html
日々の家庭でのおまつりも何年も心を込めて続けていると

そこにいのちが生まれて、今まで気が付かなかった大切なことが見えてきます。
例えば美しい景色や花を見るだけでも

神様とご先祖様に守られて生かされていることを肌で感じることができます。

また人は何かを始めても、うまくいかなくなると、自分のやっていることが正しいのか

疑いを持つようになりますが、

それが神の御心にそうものなら自信を持って続けてください。

うまくいかないときでも、辛抱強く続けていれば、

いずれそこに、いのちが生まれて最善の方向へ導かれます。

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

女性の美しさ

2020年3月15日発行分
日本の女性は本来、外側からいろいろ飾らなくても

内面からにじみでる女性の美しさというものを持っていました。
しかし戦後、海外から入ってきた男女平等の考え方やファッションによって

そのような内面からの美が見えなくなってしまった人が増えてしまいました。
現代では「男女平等」という言葉をはき違えて

女性が男性と同じことをしたり、

女性が男性よりも前に出てゆくといったことをするようになったため

内面からにじみでる女性の美しさが見えなくなってしまいました。
人間には女性と男性という性別がありますが、

これも自然界の偶然からできたわけではなく、
「それぞれの役割を担ってお互いにバランスをとりながら、いのちを次の世代に伝える」ために

神様は2つの性別というものをつくられました。
男性は女性と子供を守り、女性は男性より一歩下がるという謙遜の美というものが

本来の男女のバランスになります。
このように言うと古くさい、差別だと言う人がいますが

女性は男性より一歩下がるという謙遜は

女性が男性よりも下という意味ではなく、

女性本来の役割、女性の美がそこにあるという意味です。
それに対して男性は、女性と子供を命をかけて守ってゆくというのが

男性本来の役割です。
このように男性は男性の生き方をし、女性は女性の生き方をするのが

男女平等の本当の意味です。
また若い時に綺麗な人が年を取ると

急に美しさが衰える人がいますが、
上記のような女性本来の生き方をしてきた人は

お年寄りになっても内面からの美によって、美しさは衰えません。
この世は、男女がそれぞれの役割を担ってバランスをとることによって

子どもにいのち(生きるための知恵)が伝わって家庭は発展し、

世の中全体も発展するようになっています。

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

神の美を表す

2020年3月1日発行分

美しいものはいろいろありますが、

神の美というのは非常にシンプルで究極の美です。
例えば夜空に光る星は誰もが美しいと感じますが、

ただシンプルに真っ暗な夜空の中に星が輝いています。
このように神の美というのは飾ったものではなく、

シンプルの極限の美です。
日本人はそのシンプルな中に神の美があることを知っている民族です。
そして日本の伝統文化も神の美を表すために生まれました。

服装についても海外のファッションの場合は、服を着て、そこにネックレスなどの飾りをつけて

外側から美を表そうとしますが、
日本の着物の場合は外側から飾ることなく、

シンプルな中に神の美を表しています。
日本の伝統装束は衣紋道(えもんどう)といって

熟練した作法で着物を着せてゆきます。
ただ着物を着せたら良いというわけではなく、

着物を着付けしながら

人間が持っている神の美を内面から表そうとします。
また十二単(じゅうにひとえ)という着方は重ね着をしますが、

内側の服は襟元や袖口にわずかに見えるだけとなっており

七色の虹のように神の美を表しています。
現代では洋服の方が優れていて、

着物は動きにくく時代遅れだと思っている人がいますが
そういう問題ではなく、

人間が生まれてきた本来の目的である、

「神の美を表す」ということが一番大切なことです。

そして日々の生活の中で、神の美を感じることが大切です。

星空や、夕焼け、自然の移り変わりなど、

神の美を感じて感謝することは、はらいにもつながります。
はらいというのは普段知らず知らずのうちに体についた

「つみ・けがれ」というマイナスのものを消すための行いです。
はらいについてはこちらをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/ooharai.html
このように日本の伝統文化はすべて神の美を表そうとするものなので、

大切に次の世代に伝えてゆく必要があります。
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

技と心

2020年2月15日発行分

いくら技術やテクニックに優れていても、

その人の心、精神が正しく清らかでなければ、

本当の美や強さを出すことはできません。
葉室頼明先生の書籍で知ったのですが、

ある剣道の達人のお話で、

その達人は、技では自分の師匠より上なのに

師匠には何度対戦しても歯が立たなかったそうです。
そこで達人は考えた末、

精神の修行をすることにしたそうです。
そして精神修行を終えてから、再度師匠に挑戦すると、

はじめに剣を合わせただけで、

師匠が「私の負けだ。」と戦わなくても分かったそうです。
また染め物の人間国宝の方のお話では、

染め物も少しでも心が乱れた状態で行うと

色が変わって、うまく仕上がらないそうです。
このようにすべての行いには、その人の心が現れてくるので

何事もまず心を清らかにしておくことが大切です。
この心を正しい、清らかな状態にするには

毎日、はらいを行い、

神様とご先祖様に感謝のおまつりをして、

感謝の生活をすることが大切です。
「はらい」というのは体についた「つみ・けがれ」を消して

人間本来の素晴らしい姿に戻すおこないです。
はらいについては以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/ooharai.html
また神社や神棚で手を合わせているときだけ感謝するのではなく、

常に「何事も神様とご先祖様、周りのおかげでありがたい。」と

神様のお導きに感謝し、

今自分ができる最善のことを行うという

感謝の生活を実践することが大切です。
今の世の中も同じように

科学技術などの技術ばかりに重きを置いて、

一番大切な心がおろそかにされています。
そのため、自然に対する思いやりの心を忘れ、

人間の目先の利益のために、

空気を汚したり、海を埋め立てたり、宇宙にロケットを飛ばしてゴミを出したりと

本来この世に必要のないことに技術を使っています。
今一度、技よりも心を一番大切にする必要があります。
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

基本からの「ぶれ」を修正する

2020年2月1日発行分
精神や技術は、日々の生活の中で少しずつ基本から、ぶれてしまうことがあります。
例えば、私もそうですが「感謝の生活を送る」という基本を知って生活していても

知らず知らずのうちに、不平不満を言ったり、何かに腹を立てたりと、

感謝の基本から、ぶれてしまうことがあります。
そこで、定期的に徳の面や仕事の面において、

基本から、ぶれていないかチェックする必要があります。
結局、不満や怒りというものは「我欲」が出ている証拠です。
我欲がなければ、神様のお導きとして逆に感謝できるはずです。
そこで不満や怒り、不安な気持ちが出た時は、

「我欲が出ている」というサインとして改めるのが良いかと思います。
この我欲ですが、ご存知の通り自分の力だけで消すのは大変難しいので

古来より日本では「はらい」を行ってきました。
この「はらい」を行うことによって、神様のお力をお借りして

体についた我欲を消すことができますので、ぜひ行ってみてください。

はらいについてはこちらをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/ooharai.html
また、どんどん基本から、ぶれてしまっている状態を「退化」ともいいますが、

日本人の生活も太古の昔に比べて、かなり退化していることが分かります。
例えば食べ物も主食であるご飯よりもパンや外国の食べ物ばかりの食生活になったり

言葉使いにしても、おかしな略語で話したり、

服装も流行と言って変な格好をしている人が増えてしまいました。
実は、本来の美しく徳のある日本に戻すには、

経済や科学技術などは関係ありません。
そうではなく、本来の日本人としての正しい生活、

つまり何事も神様とご先祖様のお蔭と感謝して、おまつりし、

日本人としての言葉遣いや、食べ物、服装に戻すことが一番大切です。
そうすれば日本全体が本来の「感謝と共生」のこころで満ちた

美しく幸せな世の中に戻ります。
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

静けさ

2020年1月15日発行分

私達の日々の生活は、朝から晩まで、音楽やテレビなどの音であふれかえっていますが、

「静けさ」という贅沢に注目すると、より豊かな生活を楽しむことができます。

実は、音というものは本来、

神様の世界の本当の静けさというものを人間に知らせるために

聞かせておられるのです。

松尾芭蕉の句で「静けさや岩にしみ入る蝉の声」というものがありますが、

これも一見うるさいはずのセミの鳴き声を聞くことによって

逆にその場所の静けさに感動するということです。

また例えば、京都のお寺の庭園で竹林を眺めると

静寂の中で時間が止まっているような感覚になり

大変人気がありますが、

これも私達が潜在的に「静けさの素晴らしさ」を知っているからでしょう。

私も最近、静けさというもののすばらしさに気づかされたので、

この話題を書かせていただきました。

皆さんもぜひ夜寝る前などに、テレビなどを消して

「静けさ」という贅沢を味わって

神様やご先祖様の世界に思いをはせてみてはいかがでしょうか。

そして時には神社の森を訪ねて、鳥のさえずり、木々のざわめき、

小川のせせらぎを楽しんでみてください。

自然というものに囲まれながら、

神様やご先祖様に生かされているという

尊いありがたさを感じることができるかと思います。

そしてこの「静けさ」というものを日常で大切にされることをおすすめいたします。

神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

マイナスの考えを変換する

2020年元日発行分

■謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。
皆さんは初詣はどちらにいかれますか?

私は近所の有間神社と伊勢の神宮に初もうでに行かせていただきます。

伊勢の神宮
http://www.isejingu.or.jp/

有間神社
http://arimajinja.com/
皆さんは今年の目標や予定などは決められたでしょうか。

年を重ねるといろいろなことが億劫になったりしますが、
今年はあえて、自分を奮い立たせて

昨年よりもいろいろなことに積極的に挑戦してゆきたいと思います。

今年も皆さんと共に素晴らしい年になりますように。
■マイナスの考えを変換する
葉室先生が医師だったころ、患者さんの病気が治りやすいか治りにくいかは

その人の考え方を見れば分かるようになったそうです。
例えば、以前診察した患者さんが少しでも良くなってきたときに

「先生、前よりもこれだけ良くなりました」と感謝して喜ぶ人は治りが早いですが、
逆に、治っていない部分ばかりを考えて、不平不満を言っている人は

その通りに治りが遅いということが分かったそうです。
つまり病気が治るというのは、病気の程度よりも

その人の心の持ちようで大きく変わってくるということです。
病気やけがをすると、不安からそのことばかり考えてしまいますが、

そうすると、心で病気をつかんでいる状態になるため、

その通りに病気が治りにくくなります。
その解決策として、

病気というマイナスのことを考える気持ちを

神様に対する感謝に向けるのが最良の方法です。
以前お伝えしましたように、

神様に感謝するのは「何か良いことがあった」などの理由というものは不要ですので
まずはじめに理屈は考えず、神様に「いつもありがとうございます。」と感謝すればよいので

年齢や自分が置かれた立場など関係なく誰でもできます。
そして病気に限らず、生活の中での不満などのマイナスのことも

すべて神様に対する感謝に向けることが大切です。
理屈なく神様に感謝すると、心が素直になり

物事がすべて良い方向へ導かれます。
マイナスのことをいつまで考えていても

心にマイナスのものをつかんでいるので悪循環となってしまいます。
このようにマイナスのものを神様に対する感謝というプラスのものに

変換するのは「はらい」と同じ仕組みです。
そして素直にマイナスのものを神様に対する感謝というプラスのものに

変えるには毎日「はらい」を行うことをおすすめいたします。
はらいというのは私達が普段知らず知らずのうちに体についてしまった

「つみ・けがれ」といったマイナスのものを

神様のお力をお借りしてプラスのものに変換するためのおこないです。
はらいについては以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/ooharai.html
ぜひとも、マイナスのことに心が向かってしまったら

神様に対する感謝に心を向けるようにしてください。
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

常に感謝を持つ

2019年12月15日発行分

戦後、日本人は多くの大切な伝統を忘れてしまいましたが、

その中で一番大きなものは「感謝の心」です。
戦後の欧米型の教育の影響で、

各家庭で神様やご先祖様に感謝しておまつりするという生活をしなくなり、

何事も理論や理屈だけでものごとを考えて

感謝の心を忘れてしまった人が多くなってしまいました。
そのため、現代のような警官や教師が犯罪を犯すといった

日本始まって以来のおかしな世の中となっていまいました。
しかし私達日本人には太古の昔からご先祖様によって伝えられている

日本人としての遺伝子をすでに持っていますので、

あとはそれを目覚めさせれば良いだけです。
日々の生活の中では、不安になったり、自分の思い通りにならないときもありますが

そのようなときにも「理屈を考えずに神様とご先祖様に感謝」してみてください。
神様は理屈の無い世界におられるので、

どの様な時でも、理屈なく感謝すれば、温かいお恵みをいただくことができます。
逆に理屈ばかり考えて、不平不満を言って感謝しないと

その後も、ロクなことが起こらないようになっています。
例えば、自分に落ち度がなくても、

誰かを恨んだり、イライラしていると

さらに悪いことが起こったりしますが、
これは、自分に落ち度がないといった理屈に関係なく、

とにかく「恨んだり、イライラして感謝していない」と

神様からのお恵みをブロックしているということの現れです。
人生というのは世間で言われているような複雑なものではありません。
ただ素直に、「いつも理屈なく神様とご先祖様に感謝」して生活していれば

すべて良い方向へ導いていただけます。
良いことがあったら感謝するのではなく、

はじめに理屈なく感謝するからこそ、幸福が与えられるというのが真実です。
理屈なく感謝するのは能力や年齢など関係なく誰でもできることです。

神様は難しいことは人間に与えてはいません。
これは宗教うんぬんという次元ではなく、

この宇宙というか世の中がそのようになっている不変の真実です。
気分がすぐれないときこそ、

理屈を考えず、神様とご先祖様に感謝してみてください。

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

見えない心に目を向ける

2019年12月1日
この世の中のすべてのものは、

はじめにそれを作ろうという心から生まれています。
例えば、お茶碗ひとつとっても、それを作ろうという心がはじめになければ

お茶碗は存在していません。
この宇宙も150億年前にビックバンという大爆発が起こってできたと言われていますが、

このビックバンも何もないところから偶然起こるはずがありません。
これもはじめに宇宙、太陽、地球を作ろうという神様の御心によって

ビックバンが起こったわけです。
そしてなぜ神様が地球を作ったかといいますと、

神の世界を認めて、それを表現できる人間を作ろうという神様の御心があったからです。
すべての存在は自分自身を客観的に見ることはできません。
自分を鏡で映して見たとしても、それは光に反射した自分の像を見ているだけで

本当の自分を見ることは自分以外の他人でしかできません。
そのため、人というのは自分で自分を称賛するよりも、

他人から「立派だ」とか「美しい」と認められて褒められたほうが嬉しいわけです。
そして神様も自分自身を客観的に見ることはできないので、

神様自身を認めて、それを表現できる人間を作られたわけです。
そのことを直感的に知っていた太古の日本人は

自分達の願いをお願いするのではなく、

ただひたすら神様をお喜ばせするために真剣におまつりをおこなってきました。
そのおかげで今でも日本という国が反映しているわけです。
このように今、こうして宇宙や地球、自分達が存在しているのは

目に見えない神様の御心のおかげということを常に感じることが大切です。
現代では外見や結果ばかりを見て、その裏にある心というものを

見ていない人が増えてしまったため、

現代のような日本始まって以来の乱れた国となってしまいました。
スポーツなどでも、メダルが何個取れたとか、勝敗だけを見て判断するのではなく、

その裏にある、どれだけその舞台に立つまでに

苦労や挫折があったのかといった選手の「見えない心」に目を向けて称賛するべきです。
自分が何かを成し遂げたときも、

「自分が頑張ったからうまくいった」というのは思い違いで、

実は「神様とご先祖様に守られて、周りの人のおかげで無事にできた」というのが真実です。
秋の紅葉を見ても、ただ綺麗だなというだけでなく、

人間にそのような美しい安らぎを見せてくれている

神様の優しい御心に手を合わせることが人間として大切なことです。
「自分達が今あるのは神様とご先祖様のおかげ」

「何かあったら、他人(ひと)様のおかげ」と、

結果だけでなく、ものごとの後ろにある「見えない心」に目を向けて感謝することが大切です。
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html