kamisama のすべての投稿

御塩の素晴らしい力

2021年3月15日発行分

今年も3月3日から7日まで三重県伊勢市の御塩殿(みしおどの)神社で、

当神社に隣接する御塩殿において御塩がつくられました。

荒塩を三角錐形の土器につめて堅塩に焼固められてつくられますが、

1日で20個、5日間で100個もの御塩が焼固められます。

御塩焼固の様子↓
http://www2.jingu125.info/2017/03/05/post-55559/

この御塩作りは伊勢の神宮のおまつりでお供えされるため

大変重要な作業です。

普段当たり前のように用いている御塩ですが、

御塩というものは大変尊い、ありがたいものです。

日本では古来より、天の神様を「天つ神」

大地の神様を「国つ神」として崇敬し、感謝のおまつりを行ってきましたが、

この御塩はマグマが海中に溶け出してできたもので、

大地の神様である国つ神からの尊いお恵み、エネルギーです。

お祓いで御塩が用いられますが、これは国つ神からのお恵みである御塩の力で

体についた「つみ・けがれ」をはらうためです。

はらいについてはこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/ooharai.html

海外では塩というと単なるナトリウムNaという物質と解釈されていますが、

日本人は太古の昔から、御塩は単なるナトリウムではなく、

国つ神からのお恵みである、素晴らしいエネルギーを持った

ありがたいものということを知っていました。

そして御塩でお漬物をつくったり、

塩漬けした魚を干したりしていただいてきましたが、

これは御塩のエネルギーで食物を長持ちさせたり、

そのエネルギーを体に取り入れようという日本人の素晴らしい知恵です。

現代では日本人でも

お塩といえば、摂りすぎると高血圧になるというイメージだけの方が多いですが、

このように本来、国つ神からのありがたいお恵みですので、

感謝していただくことが大切です。

今回は葉室頼昭先生から教わりました「御塩」についてご紹介させていただきました。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭宮司の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

お導きと進化

2021年3月1日発行分

物事というのは偶然に起こるというものはなく、

すべて神様のお導きによるものです。

そして神様のお導きにしたがって、

今自分ができるベストを尽くす、適応することによって

人間はどんどん進化することができます。

そして進化しながら「いのち(生きるための知恵)」を次に伝えるのが

神様の御心にそった人生で幸せに生きる秘訣です。

いのちを次に伝えるというのは自分の子供や後輩以外にも

来世に生まれ変わったときにも伝えられます。

将来のことを心配したり、過去のことをいつまでも悔んだりすることなく、

今この瞬間にやるべきことに意識を集中することを

神道では中今(なかいま)といい、

人生において非常に大切なことです。

逆に物事に不平不満を言って、流れに逆らうのは

我欲が出ている証拠なので「はらい」を行う必要があります。

はらいというのは、普段知らず知らずのうちに体についた

「つみ・けがれ」を消して、

人間本来の美しい状態に戻すことです。

はらいを行うには別に難しいことをする必要はありません。

毎朝、神棚の前で大祓い(おおはらい)の言葉を唱えます。

これは昔、中臣氏の誰かが神様の声を肌で感じ、

それを言葉にしたもので、

今でも全国の神社で毎日唱えられています。

言葉というのは本来、単なる情報伝達の手段ではなく、

音という波動を出すことによって

音が表す内容が現実に現れてくるというものです。

つまり良い言葉を言えば、良いことが起こり、

悪い言葉を言えば、悪いことが起こるわけです。

そして大祓いの言葉は神様の言われた最高の言葉なので

それを声に出して唱えることによって

つみ・けがれという悪いものを消すことができるわけです。

はらいについてはこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/ooharai.html

ぜひとも「つみ・けがれ」をはらって、

何が起こっても神様のお導きと感謝し、

今自分ができることに最善を尽くすのが、

素晴らしい人生を歩むために必要なことです。

今回は葉室頼昭先生から教わりました「お導き」についてご紹介させていただきました。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭宮司の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

お米と稲

2021年2月15日発行分

私達日本人の主食といえばお米ですが、

稲(いね)という言葉の語源は「いのちの根=いね」という意味です。

つまりお米のできる稲というのは

日本人にとって、絶対になくてはならないエネルギー源なので

そのような言葉となりました。

また米(こめ)の語源ですが、

こめの

「こ」という文字は「おとこ・むすこ」の「こ」であり、

「め」という文字は「おとめ・むすめ」の「め」を表しています。

つまり「こめ」というのは稲から男の子、女の子のいのちが生まれるという

意味になります。

日本最古の歴史書である「古事記(こじき)」に天岩戸(あまのいわと)の物語が書かれています。

これは私達日本人の総氏神で最も尊い、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が

その弟の須佐之男命(すさのおのみこと)が悪さばかりしたため

天岩戸にお隠れになり、

その結果、世の中は真っ暗になり、いろいろな悪いことが起こるようになってしまったというお話です。

古事記に書かれている物語は単なる作り話ではなく、

太古の昔に、神様から伝わってきたことを感じることができた人が

それを言葉として表し、

代々、口伝えにされてきたことをまとめたものです。

つまり古事記は、日本がいつまでも栄え続けてゆくために必要なことを

物語を通して記されたものです。

そして、このとき須佐之男命がした悪さの一つに「田んぼを壊した」というものがあります。

これは日本人の最も大切な食べ物であるお米を大切にしないと

日本が暗く、悪いものになってしまうということを表しています。

現在、日本人は田んぼを減らして、輸入に頼り、

お米をあまり食べないという人も増えてしまったため、

天岩戸(あまのいわと)の物語で記されているように

疫病や災害、事件など、いろいろな悪いことが起こるようになってしまいました。

 

毎日、神社や家庭の神棚で、

神様に感謝のこころでお供えする神饌(しんせん)でも

最も重要なものがお米になります。

また日本酒もお米から作られているので神様にお供えします。

また日本では、お米はそのまま食べる以外にも

お米を取った後のヌカでぬか漬けを作ったり、

日本酒を醸造したり、いろいろな形でいただいていますが、

これらもすべてお米のエネルギーをありがたくいただく日本人の素晴らしい知恵です。

現代では栄養学やカロリーといった知識だけで考えて

お米をあまり食べないという人が増えていますが、

それでは日本人としてのエネルギーが衰えてしまいます。

そしてお米は外国にもありますが、

日本の土地で育ったお米は

日本人の体に合った、日本人のいのちを伝えることができるので、

日本で作ったお米を食べることが大切です。

今こそ、日本人の最も大切な食べ物であるお米を大切に考えて、

日本で採れたお米をしっかり食べるという食生活に戻さなければなりません。

今回は葉室頼昭先生から教わりました「お米」についてご紹介させていただきました。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭宮司の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

はたらくの心

2021年2月1日発行分

「はたらく」という言葉がありますが、

現代では外国のように「働く=労働」と考えて、

生活のために仕方なく働いている人が多いようです。

しかし本来「はたらく」という言葉の「はた」というのは

「周りの人」という意味で、「はたから見たら」というときなどに使われており、

「らく」というのは「楽にさせる。楽しませる。」という意味になります。

つまり「はたらく」というのは「周りの人を楽にさせる。楽しませる」という意味になります。

このように日本では本来、「はたらく」というのは周りの幸せのためにおこなうものです。

はじめに周りを幸せにすれば、自然と自分も幸せになってくるという真実を

昔から日本人は知っていました。

現代ではまず自分の利益を最優先に考えるという人がいますが、

この世の中はそのようにはなっていません。

仕事でも何でも常に周りの幸せを考えて生きるというのが真実であり、

本当に幸せになれる方法です。

そして、これをかたちで表しているのが

毎日、神社で行われているお祭りです。

おまつりというのは、神様に願い事をしているのではなく、

ただひたすら、神様にお悦びいただくために行われています。

神様が一番よろこばれるのは、神様のすばらしさを認めて、それを表現することです。

人間も人に認められたり、褒められたりしたらうれしいのと同じことですね。

おまつりでは、神様の素晴らしさを認め、

それを言葉で表現した祝詞(のりと)や

歌、舞などで表現したお神楽をささげます。

 

これは各家庭で毎朝神棚でおまつりをおこなうときも同じことで、

神様に何かをお願いするのではなく、

ただひたすら神様にお悦びいただくことが大切です。

具体的にお願いなどしなくても、神様は何でもご存知ですので、

真剣におまつりをして、神様にお悦びいただけたら、

自分が願ってもいないような素晴らしいお恵みをいただけます。

日本人はこの真実を知っていたので、

太古の昔から神様のおまつりを第一に考え、

神様のお恵みに感謝して生きてきました。

しかし現代の人はその逆をやっており、

おまつりは二の次に考えて、

自分達の利益のことばかり考えているので

いつまでも真実の幸せがやってこないわけです。

特に戦後、日本はご存知の通り、

周りより自分の利益を優先する人が増え、

不祥事や災害など、日本始まって以来のひどい状態になってしまいましたが、

日本が滅びずにこれたのは、

日々、神社や家庭で真剣に神様にお悦びいただく、おまつりをしてこられた方々のお蔭です。

今こそ、私達もご先祖様がしてこられたように

真剣に神様のおまつりをし、神様に感謝する生活をおくるときです。

神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

必要な情報だけを得る

2021年1月15日発行分

人間の目や耳は

神様の神秘なお力で必要な情報だけを取り入れるようになっています。

例えばもし人間の目にスマートフォンの電波や電磁波などあらゆるものが見えてしまったら

人間はひっくり返ってしまうでしょう。

元々人間の目にはいろいろなものが映っていますが、

その中から人間にとって必要なものだけを脳の神経がとらえているわけです。

まさに神の神秘なお力のおかげです。

耳に関しても、かりに補聴器をつけると、

普段聞こえないような雑音まで聞こえてきますが、

これは機械がすべての音をひろっているということです。

これも人間の耳の鼓膜から

人間に必要なものだけを脳の神経がとらえているわけです。

このように人間の体は神様の神秘なしくみによって

必要なものだけを取り入れるようになっています。

現代ではテレビやインターネットなどで様々な情報が入ってきますが、

私達もそれらを何でもかんでも見たり、取り入れるのではなく、

神の御心にそったものだけを意識して見ることが大切です。

神の御心にそったものというのは、

自然の美しさや芸術など神様のすばらしさを表現したものや

笑いや感動、

周りを幸せにするために必要なものをさします。

以前、このメールマガジンやホームページで

言葉には魂があるので

良い言葉をいえば良いことが現れ、

悪い言葉をいえば悪いことが現れるとお伝えしましたが、

情報を見ることに関しても同じことです。

今ニュースでは視聴者の注目を得るために

悪いニュースや暗いニュースを中心に報道していますが、

これではそれを見た人が暗いネガティブな気持ちになり、

世の中全体も暗いものになってしまいます。

ぜひとも目や耳と同じく、

神の御心にそったものだけを見ることが大切です。

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

「させていただく」という感謝の心

何事も「させていただく」という感謝の心で行うことが大切です。

日本には「はたらく」という言葉がありますが、

この「はた」というのは「はたから見たら」という時に使うように

「周りの人」という意味になります。

そして「らく」というのは「楽にさせる」「楽しませる」という意味なので

「はたらく」というのは「周りの人を楽にさせる、楽しませる」という意味になります。

周りの人を楽にさせる、楽しませることを感謝の心を持って、「させていただく」というのが

「働く」という言葉の真実の意味で、本来の日本人の人生観です。

そのため日本人はこのように「はたらく」という言葉にしたわけです。

実際に長年繁盛しているお店や企業というのは

利益を追求する前に、

「お客さんを楽にさせたり、楽しませる」ということに力を入れています。

 

それに対して「労働」というのは

「俺はこれだけ働いたから〇〇の報酬をよこせ」といった

感謝の心とはかけ離れた単なる取引の考え方です。

このような考え方ではたらいても、

疲れるだけで幸せになることもできません。

 

逆に感謝の心を持って、周りの人を楽にさせる、楽しませるように働けば

周りから感謝され、充実感が得られて

さらにがんばろうと幸せになれます。

 

近年、日本人は人間は自分の力で生きていると思い違いをして、

自分達の理屈と我欲だけで、

自然を破壊したり、遺伝子を組み替えたりと好き放題しています。

 

そうではなく、

人間は神様のお恵みとご先祖様の恩のおかげで生かされており、

何事も自分がやっているのではなく、

「させていただいている」というのがこの世の真実です。

 

例えば病気になってから、元気に働けることのありがたさが分かった という話がありますが、

これは「させていただく」という感謝の心を忘れているという警告です。

 

ぜひとも毎日仕事や家事をする前に、

「させていただいている」という感謝の心を思い出してから

始めることをおすすめいたします。

そうすれば最高の生き方をすることができます。

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

正反対のものを見せる

 

2020年12月15日発行分

神様は人間に正反対のものを見せて、真実を知らせてくださいます。

例えば私達は明るい昼間というものが当たり前と思っていますが、

真実は宇宙のように真っ暗な闇の世界です。

その証拠に光をすべて遮断すれば真っ暗闇になります。

しかし、はじめから真っ暗闇だけですと

闇というものが人間に分からないので

正反対の明るい昼間が見られるようになっています。

音に関しても真実は音の無い世界ですが、

はじめから無音だけだと人間には分からないので

正反対の音というものが与えられています。

そして病気や不幸というものも、

人間に感謝というものの大切さを知らせるための神様からのお知らせです。

よく「神様がいらっしゃるなら、なぜこんな不幸や悩みがあるのか」と言う人がいますが、

そういうものがなければ本当のありがたさというものが分からないわけです。

何事も当たり前と感謝の心がなくなってしまったところに、

現代の乱れた世の中の原因があります。

つまり感謝の心が足りない人には不幸や悩みが現れてくるわけです。

命においても有限ですが、

正反対の「死」というものがあるために、

命のありがたさや尊さというものを知ることができ、

与えられた人生を精一杯生きようとすることができます。

このように神様は人間に正反対のものを見せて、

真実の世界を知らせてくれているので、

病気になった時でも、薬などの理屈だけで治そうとするのではなく、

自分の体や健康というものに深く感謝する必要があります。

何かが起こるというのは、偶然というものは全くないので、

神様からのお知らせと知り、

よりいっそう感謝し、全力で物事に取り組むということが大切です。

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

心の持ち方

2020年12月1日発行分

誰でも嫌なことなどがあると気分が悪くなって、

時にはそれをいつまでも引きずってしまうことがありますが、

そんな時でも、気持ちを切り替えて、

心を楽しいこと、良いことに向けるのが大切です。

「思考は現実化する」という言葉がありますが、

これは自分が考えていることは、いずれ実現するということです。

つまり良いことばかり考えていれば実際に物事は良い方向へ向かいますし、

逆のことを考えていれば物事は悪い方向へ向かいます。

また、せっかく自分の普段の行いが良くても、

心はいつも不平不満やネガティブなことばかり考えていると

物事は悪い方向へ向かってしまいます。

宇宙空間では冷たい太陽の光が地球の大気に反射することによってはじめて暖かい光になるのと同様に、

人は感謝というものを通じてはじめて神様、ご先祖様から幸せをいただくようになっています。

これは宗教の話や誰かの説ではなく、

実際に神様の世界、宇宙のしくみがそのようになっているという真実です。

そこで何が起こっても心を切り替えて、

良いことやうれしいこと、ありがたかったことに心を向けるというのは

理屈の無い感謝につながるので

神様、ご先祖様から幸せがいただけて、良い方向へ導かれるわけです。

また逆に不平不満や、物事を悪くとらえるというのは

神様のお導きに不満を持つということになり、

神様の御心に反するので、当然お恵みもいただけず、

物事も良い方向へは向かいません。

また葉室先生が著書で指摘されていますが、

「病気が治らない人というのは、いつも心で病気をつかんでいるのが原因」ということです。

自分が病気であると考えるのではなく、

それ以外の体の健康な部分に感謝して、

「いつも健康にしていただいてありがとうございます」と神様に感謝することによって

実際に健康な体が現れてくるということです。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

 

何が起こっても気持ちを切り替えて

理屈は考えずに、とにかく「ありがたい。ありがたい。」と思って

良いことや、ありがたかったことに心を向けて、

神様とご先祖様に感謝することが幸せにつながります。

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

神様の時間

2020年11月15日発行分
「急がば回れ」ということわざもありますが、

この世の中は「急ぐものは滅びる」というのが真実です。
急がない時間、言い換えれば神様の時間に沿って行動することで

物事は正しく良い方向へ導かれます。
よく追い越し車線で制限速度を超えて車を運転する人や

エスカレーターが上がってゆくのを待てずに、

エスカレーターを駆け上がってゆく人がいますが、
いずれも神様の時間に反するので滅びの道を進むことになります。
葉室先生自身も著書(神道見えないもののちから)で言われていましたが、

高速道路で、急いで別の車の前に入ったら

ものの見事にそこに暴走車が突っ込んできたそうです。
幸い命拾いして、急ぐとこうなると再確認したそうです。

急ぐのは、いのちを落とす危険もあります。
人間の理屈では、少しでも速く進めば、速く目的地に到着すると考えがちですが、

例えば車の運転で、混雑した大通りを避けて、

別の細い道をいけば速く目的地に着くと思ったが、

一方通行ばかりで逆に目的地から遠ざかってしまうことがあります。
この場合、大通りは神様が考えている最短距離で、

人間が考える最短距離を行くと、逆に行ってしまうということです。
これも「急げば失敗する」という人生を表しています。
ルールを守る、正しい行いをするというのが

神様が考えている最短距離です。
また仕事でも何でも、それを早く終わらせようとすると

出来栄えが最低限のクオリティになって

物事が失敗しやすくなります。
仕事でも受験でもまずは全力で努力する、

そして結果は神様のお導きにおまかせするというのが

自分に与えられた最高の道であり、最短距離になります。
「急ぐものは滅びる」という真実を忘れずに

全力で努力して神様の時間に沿って生きれば

それが最短の道となり、最善の方向へ導かれます。
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

シンプルに繰り返していのちを伝える

2020年11月1日発行分
伊勢の神宮をはじめとする神社のおまつりは、

千年以上も前からひたすら神様をお悦ばせするために繰り返し行われています。
おいしいお供えをして、祝詞(のりと)を奏上して神様をほめたたえ、

歌と踊りのお神楽で神様にお悦びいただいています。
そこに複雑なものはありません。

奈良時代から、ただシンプルにおまつりは繰り返しおこなわれていますが

このようにシンプルに繰り返すというのが、いのちが伝わる真実の姿です。
私達の体も新陳代謝で古い細胞から新しい細胞に

繰り返し命を伝えることによって生きることができます。
地球も同じく40億年以上もの間、一瞬も休むことなく

繰り返し太陽の周りを周ることによって、全ての生物を生かしてくれています。
また不易流行という言葉がありますが、

私達生物についても、遺伝子や伝統を繰り返し次に伝えながら、

同時に、その時代、時代の環境の変化に順応する、自分を変えるという

ふたつのことを行うことによって、はじめて進化することができます。
そして進化して神様に少しずつ近づいてゆくのが人間の本来の目的です。
どんなに大きな企業や組織でも、

昔のことだけを守って、時代に順応しないところは衰退してしまいますし、

逆に流行だけを求めた変化のみのところも繁栄することはできません。
ご存知の通り、今の日本は歴史と伝統をすてて、

アメリカの考え方ばかり取り入れて変化だけしている状態です。
伝統を伝えるということをしていないので

今のような乱れた社会となってしまいました。
伝統を忘れて、変化だけしているといずれは滅びてしまいます。
今こそ、神社が繰り返しおこなっているように、

「神様とご先祖様に感謝し、

神様とご先祖様にお悦びいただくおまつりを第一に考える」

「周りの幸せを考えて生きる」という

伝統に目覚めるときです。
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html