Global Translator

子どもに「いのち」を伝える

2019年11月1日発行分

「命」という言葉がありますが、

「いのち」というのは本来「生きるための知恵」のことです。
そして「生きるための知恵」というのは昔からの伝統のことです。

民族によって伝統はいろいろありますが、

日本人の伝統の基本は「神様、ご先祖様に感謝し、周りの幸せを考えて生きる」ということです。
私達の体は常に新陳代謝によって古い細胞から新しい細胞に

いのちを伝えることによって生きていますが、
人間もこの新陳代謝のように

「いのち」というものを新しい子供に伝えてゆくことが必要です。
生きるというと、単に栄養のある食事をして、仕事などをすればよいと解釈している人が多いですが、

人間が本当に生きるというのは、「いのち」を次の世代に伝えることです。
現代の日本ではこの「いのち」を子供に伝えず、

伝統を忘れ、欧米の考え方に憧れて、目先の利益を第一に考えて生きている人ばかりなので、

日本始まって以来の乱れた国となっています。
動物の場合は、食べ物を採ったり、敵から身を守るという

生きるための知恵を子どもに伝えていますが、
人間の場合はそれに加えて、それぞれの民族の伝統、

日本人の場合は「神様、ご先祖様に感謝し、周りの幸せを考えて生きる」という徳を次の世代に

伝えて続いてゆくようになっています。
そのため神様は人間に他の動物にはない高度な頭脳を与えられました。
ところで、私達の体の中にある遺伝子には

150億年昔からの神の命と知恵と、

38億年昔からの祖先の経験の知恵が入っていますので、
「いのち」をしっかりと子供に伝えることによって

この遺伝子がすべて目覚めるので、
大人があれこれ注意しなくても、自分で人としての正しい判断ができるようになり

立派な大人に成長してゆくのが真実です。
そのためには、まず大人が神様とご先祖様に感謝しておまつりをし、

周りの幸せを考えて行動するという姿を

子供に見せて伝えてゆく必要があります。
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html
「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

あなたの人生を充実させる!3つの黄金ルール
誰でも幸せになれる方法をわかりやすくご紹介しています。
これを読んでぜひ本当の幸せを手に入れてください。
そして他の人にもこのすばらしい真実を教えてあげてください。
あなたの人生を充実させる!3つの黄金ルールはこち らからご覧いただけます。>>


メールマガジン「成功と幸せを驚くほど簡単に手に入れる方法!」
葉室頼昭先生から教えてもらった「幸せな人生を生きるために本当に大切なこと」をお伝えいたします。
日本人が本来大切にしてきた神様ご先祖様に感謝し、他人の幸せを考える生き方についてご紹介いたします。
バックナンバーは「メールマガジン」ページ よりご覧いただけます。



このページをお気に入り(ブックマーク)に登録する | | トップページに戻る