カテゴリー別アーカイブ: 今年~2021年バックナンバー

日本人としての正しい食生活

2022年12月1日発行分

現代では、ご存じの通りどんな食べ物もスーパーなどで手に入る時代ですが、

カロリーや栄養価といった知識だけで食べていると

本来の健康的で、いきいきとした活動ができなくなります。

例えば、多くの人が好きなお肉ですが、

肉を食べればスタミナがつくと誤解されていますが、

日本人は本来、牛や豚の肉は食べず、

お米や野菜、魚、鳥肉などを食べて生きてきた民族なので、

欧米人に比べて、腸が長く、

植物繊維などをじっくりと十分に消化して、

植物の生命力を体のなかにとりいれることができるようになっています。

そのため、日本人は本来、持久力があり、適応力も高いといった

世界に誇る体をもっています。

それに対して、牛や豚の肉を食べると、かならず腸の中で腐敗するため、

それを早く外へ排出する必要があるので、

欧米などの肉食の民族の腸は日本人よりも短くなっています。

しかし戦後、欧米人のような背が高く大きな体のほうが優れていると誤解されて、

肉食をどんどん取り入れられてしまったため、

日本人の長い腸の中で腐敗した肉が長時間とどまることになり、

日本人に大腸がんの人が急増し、

体格は大きいが、体力がないといった子供が増えてしまいました。

すぐに下痢になる人がいますが、

本来人間は滅多に下痢になることはないため、

これも肉食の影響です。

私もこのことを知るまでは、

毎日のように肉を食べて、しょっちゅう下痢になり、

肥満で健康診断でも引っかかっていましたが、

日本人としての正しい食事内容に戻したところ、

下痢になることが全く無くなり、

健康診断もすべてA判定になっています。

牛や豚などは、たまに食べる程度なら問題ないですが、

今こそ、日本人として最も力の出る

お米、野菜、魚を中心とした食生活に戻す必要があります。

また、神社で神様にお供えされるようなもの(お米や野菜、魚、鳥肉など)を

食べていれば間違いないです。

伊勢の神宮のお供え物についてはこちら↓
https://www.isejingu.or.jp/about/estate/

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

無心で神を感じる

2022年11月15日

2年前より、お正月の混雑をさけて、

この時期に伊勢の神宮に参拝をさせていただいており、

お神楽を奉納させていただいているのですが、

今回から、雑念を消して、

無心になってお神楽を奉納させていただきました。

すると、感動と感謝で涙が出てきました。

西行法師という僧侶・歌人が、伊勢の神宮に参拝された際に、

「なにごとの おはしますかは しらねども

   かたじけなさに 涙こぼるる」

(どなたが(どのような神様が)いらっしゃるのかはわかりませんが、

かたじけなく(厳かでありがたく)、涙が出てしまう。)

という句を詠んだそうですが、

その気持ちがわかったような気がしました。

これは理屈ではうまく説明できませんが、

やはり葉室先生がおっしゃられているように

「神様は理屈のない世界におられる」ので

ここでは、どのような神様がおまつりされていて云々

といった理屈や知識などはすべて忘れて、

ただ無心になることによって

神様を感じることができ、

感動と感謝で涙が出てきたのだと感じております。

 

また素直に無心になれるには、

理屈や我欲を消す必要がありますが、

これは神棚の前で感謝のおまつりをする際に

「大はらいのことば」を唱えて

「はらい」をおこなうことが大切です。

はらいについてはこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/ooharai.html

 

これからもずっと、

日々の家庭でのおまつりで

祓いをおこなって、我欲を消して、

神様にお悦びいただけるように頑張りたいと思います。

 

皆さんもぜひ、無心になって

伊勢の神宮をはじめ、氏神様などの神社に参拝したり、

神棚でおまつりをして、

神様のありがたさを感じてください。

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

お米のありがたさ

2022年11月1日発行分

ご存じの通り、日本人の主食はお米ですが、

お米というのは日本人のいのちの源となる

最も重要な食べ物です。

38億年の昔、泥の中に生命が誕生したように

泥には物凄いエネルギーが宿っていますが、

お米も田んぼという泥の中で育ちますので、

大地の力を大いに含んでいます。

また日本人は稲から男の子と女の子のいのちが生まれるということを知っていたので

「おこめ」の「こ」というのは「息子(むすこ)」の「こ」であり、

「め」というのは「娘(むすめ)」の「め」という意味で、

「こめ」と名付けています。

また、稲(いね)という名前も、

命の根(いのちのね)= いね という意味で名付けられています。

日本の名前においても、

昔から「豊葦原瑞穂国(とよあしはらの みずほのくに)」といわれますが、

これは豊かな収穫の続く、みずみずしい稲のできるすばらしい国という意味です。

このように日本やお米に関する名前だけでも

いかに日本人にとってお米が大切なのかがわかります。

 

神社や家庭の神棚では毎日神様にお供えがされますが、

その中でも一番重要なお供えものは、やはり「お米」です。

 

日本の神話では、日本人の総氏神であり最も尊い、

天照大御神は、御孫の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に

天上の清らかな稲を地上で作るように託されましたが、

これは稲(お米)が

日本を素晴らしい国にする

日本人のいのちの源である大切なものであることを示しています。

 

現代では、田んぼを減らしたり、

栄養学やカロリーという理屈だけでご飯を抜いたり

パン食にしたりする人がいますが、

これはとんでもないことで、

日本人のエネルギーが衰えた一つの原因でもあります。

ぜひとも今一度、お米の尊さ、ありがたさに目を向けて、

感謝して毎日いただくことが大切です。

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

お水のありがたさ

2022年10月15日発行分

普段何気なく使っているお水ですが、

これは単なる透明な流動性のある物質ではなく、

人間の想像を超えた奇跡の存在です。

人間はご存じの通り、ただ心臓が動いて食事をしていれば正しく生きられるわけではなく、

神様のお恵みとご先祖様からの生きるための知恵の導きがあってこそ、

正しい判断ができ、健康で幸せに生きられるわけです。

人間をはじめいろいろな生物は遺伝子をもっていますが、

実は、この遺伝子の配列を整えたり、

遺伝子から、生きてゆくために必要な

神様とご先祖様からの情報を

細胞に引き出してくる役割をおこなっているのがお水です。

つまり、遺伝子を整えたり、必要な情報を引き出すことができるということは

お水には遺伝子と同等の能力が宿っているということになります。

我々のご先祖様たちは、科学などなかった太古の昔から、

このお水の持つ素晴らしい奇跡の力を肌で感じ、感謝して、

体についた「つみ・けがれ」といった悪いものを消すために、

お水で体を清めてきました。

お風呂もお水で体を清めてきた名残です。

そして神社でも、鳥居をくぐると、手水(ちょうず)と呼ばれる

お水で口や手を清めるところがあり、

おまつりでも、神職や祭器具をお水で清めます。

神様へのお供えものも、お水は必ずお供えされますが、

これもお水というお恵みをくださる神様への感謝の現れです。

このようにお水というのは大変重要な存在であり、

日々感謝して、「ありがたく使わせていただく」という気持ちが大切です。

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

無心が最強

2022年10月1日発行分

神様は理屈のない世界におられるので、

理屈や我欲に凝り固まっていると、

いつまでたっても自分の前に神様の世界は現れず、

お恵みをいただくことはできません。

私たちは、ストレスや悩みがあると、

そのことに気を取られて考えてしまいますが、

あえて、マイナスのことが頭に浮かんで来たら

「何も考えない」無心の状態にして

ただただ、理屈なく神様とご先祖様に感謝することをおすすめいたします。

無心の状態にすれば、理屈や我欲と離れることができるので、

理屈のない神様の世界が現れて、

すべてが良い方向へ向かいます。

私も実践していますが、

「何も考えない」無心の状態で

ただただ、理屈なく神様とご先祖様に感謝するだけで、

物事が自分でも思いもよらないくらいの良い方向へ順調に向かってくれるので、

やはり、理屈や我欲というのは危険なものなのだと強く感じています。

つまり自分の心を理屈や我欲を消した、無心の状態にすることで、

理屈のない神様の世界と波長があうので、

お恵みが現れてくるということです。

理屈や我欲を消した何も考えない状態で、

神様の世界の波長を合わせ、

今、自分がやるべきことに集中するのが

人間本来の正しい生き方です。

また毎日「はらい」をおこなうことによって、

より素直にこれらが実践できるので

おすすめいたします。

「はらい」についてはこちらをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/ooharai.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

神様のメッセージを感じる

2020年9月15日発行分

自分の身に起こる出来事はすべて例外なく

神様のお導きです。

そして、何が起こっても、それに順応して

ひたすら努力することで、

神様は人生をより良い方向へ導いていただけます。

すべてが神様のお導きなので、

そこから神様からのメッセージを感じることが大切です。

よく「何が起こっても、良いように考えましょう」と言われますが、

これも真実を表しています。

そして、神様からのメッセージが感じられるようになれば、

仕事などで、何度、挑戦してもうまくいかないときに、

それが本来、人として正しい行いなのか否かといったメッセージを感じて、

別の行動を起こすことができるようになったり、

その挑戦が人として正しい行いならば、

別の解決策がひらめいたりといったことができるようになります。

人間の脳は数パーセントしか使われていないといわれていますが、

残りの不要な部分を神様がおつくりになられるわけがなく、

脳の残りの部分は、その神様からのメッセージ、気を感じるためにあります。

また余談ですが、山というのは、大地からの神様のエネルギーの強い場所なので

あれだけ、もりあがっているわけで、

登山や造成などで、立ち入るべきではないのですが、

山登りが好きな人がある日滑落して、瀕死の重傷を負い、

「もう山にはくるな」というメッセージを強く感じたそうです。

特に現代人は、人工的なものに囲まれて、

理屈や知識ばかりを重要視して生きているので、

そのメッセージを感じる部分が鈍くなっています。

太古の昔の日本人は、

神様とご先祖様に、日々生かされているという真実を肌で感じて感謝し、

自然と共生して、理屈や知識に毒されていなかったので、

神様からのメッセージもわかり、

神聖な場所がどこかも分かったため、

そこに神様をおまつりする神社を建てることができました。

そして日本という国は何千年も滅びることなく、平和に暮らしてこれたわけです。

この物事から神様のメッセージを感じるには、

人間の理屈であれこれ詮索しても決して、できるものではありません。

物事から神様のメッセージを感じるには、

日々、神様とご先祖様に感謝して、

感謝のおまつりと「はらい」を行う必要があります。

そして常に今やるべきことだけに集中して、

無心でいることがコツです。

すると、理屈や知識から解放されて、

神様のメッセージを感じることができるようになります。

「はらい」というのは、普段知らず知らずのうちに体についた

「つみ・けがれ」という悪いものを消すために行うもので、

毎日、「大祓い(おおはらい)の言葉」を唱えるという方法なので、

誰でも家でできますので、ぜひ実行されることをおすすめいたします。

「はらい」についてはこちらをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/ooharai.html

日々、神様とご先祖様に感謝して、

感謝のおまつりと「はらい」を行い、

神様からのメッセージを感じることが人生で大切なことです。

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

見ざる聞かざる言わざる

2022年9月1日発行分

日々の暮らしで、

愚痴や人の悪口など、悪いことを言ったり、

悪いものを見たり、聞いたりしていると、

同じように自分の体にも悪いもの、悪い気が付いてしまうので、

気を付ける必要があります。

例えば言葉というものは

現代では単なる情報を伝達する手段と思われていますが、

実はそうではなく、

元々は神の世界を表現するために生まれたものなので、

言葉そのものにエネルギーがあります。

そのため日本には言霊(ことだま)という言葉がありますが、

良いことを言えば、良いことが実際に現れ、

悪いことを言えば、悪いことが現れるようになっています。

おめでたいときに言ってはいけない「忌み言葉」というものがありますが、

それも同じ意味です。

皆さんの周りにもいるかもしれませんが、

人の悪口や批判ばかりしている人は、

それを言っている本人も決して幸せになることはありません。

そこで常に物事を良いほうにとらえて、

あらゆる事に「ありがたい」と感謝したり、人を褒めたりして

良い言葉を使うようにする必要があります。

また特に現代ではテレビやインターネットなどで、

様々な情報が簡単に入ってくるので

自分が取り入れる情報も取捨選択する必要があります。

悪いニュースや悪い動画、

スマホやパソコンなどで人工的なものばかりを見ていると

同じく悪い気が自分の体についてしまいます。

そうではなく、

神様からのお恵みである、自然の美しさや

人の良い部分を見たり、

美しい自然の音や良い話を聴くことが大切です。

また神道では、「つみ・けがれ」というものがありますが、

これは普段知らず知らずのうちに体についてしまう悪いもので、

先ほどのように悪いことを言ったり、見たり聞いたりしていると

自分の体についてしまいます。

そこで、日本では古来から神社や各家庭で、

これらの「つみ・けがれ」を消すために、

「はらい」というものがおこなわれています。

はらいは、お水やお塩で体を清めたり、

「大祓い(おおはらい)の言葉」を唱えておこないますので

誰でも各家庭で毎日実行できます。

はらいについてはこちらをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/ooharai.html

 

このように体に「つみ・けがれ」が付かないように、

毎日、良いことを話し、

自然の美しさや人の良い部分を見たり、

美しい自然の音や良い話を聴いて明るく過ごし、

毎日「はらい」をおこなうことが大切です。

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

すべてよし

2022年8月15日発行分

出世や受験など、世の中は生存競争だという人がいますが、

それは誤解にすぎません。

そうではなく、競争ではなく、

「順応」している生物だけが生き残るというのがこの世の真実です。

あらゆる生物がその真実で続いており、

氷河期の恐竜など、気候変動に順応できなかった生物は滅び、

氷河期でも、自らの体の毛を増やすなどして、

静かに、暖かくなるまで待つという生物だけが現代まで続いています。

人間も同じく、環境の変化などに順応する人は栄え、

順応できない人は滅びるようになっています。

この順応というのは、

何が起こっても、

悲観したり、逃げたりするのではなく、

今自分ができることに集中する、努力するということです。

そして、後は神様にお任せするというのが真実の生き方です。

これは、何もせずに、神様にお任せするという神頼みな生き方ではなく、

今自分ができることを全力で行い、

結果は神様にお任せするという意味です。

このように生きれば、

神様に人生をより良い方向へ導いていただけます。

例えば第一志望の会社の面接に落ちて、

その後も努力していたら、

より良い話がきたということもよくあることです。

この知恵を知っていれば、

何が起こっても、

例えば受験に落ちたり、配置転換されたとしても

「すべてよし」ということになりますので、

世の中には苦しみも悲しみも何もないということがわかります。

何が起こっても、

素直に今自分ができることを全力で行い、

結果は神様にお任せするという姿勢が真実の生き方であり、

人生を幸せに生きるコツです。

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

いのちとは

2022年8月1日発行分

いのちといいますと、食事をして普通に生きていれば続くと思っている人が多いですが、

実はそうではなく、いのちというのは、「生きるための知恵」のことで、

神様の知恵と、ご先祖様のいろいろな経験の知恵です。

この知恵は、物事の考え方以外にも

細胞を動かしている神様の尊い気(エネルギー)なども含み、

いのちによって、すべての生物は生かされています。

そしてこの知恵を失ってしまうと、家族でも、国でも滅んでしまいます。

戦後の知識ばかりの教育の影響で、

知識と知恵が混同されてしまい、

知識さえあれば生きて行けると誤解されてしまいましたが、

知識と知恵は全く別のものです。

例えば遺伝子や細胞を操作したり、

人間の都合で自然を破壊するという行為は

「知識や理屈」によるものですが、

逆に、それらは宇宙の真実に反するので、

やるべきではないと制止するのが

「知恵」の役割になります。

そして、この「いのち」がしっかりと詰まったものが、

日本に古来から続いている「神道(しんとう)」になります。

神道では、日々神様にお悦びいただくために

全国の神社でおまつりが行われています。

これは神様に悦んでいただけたら、

自分たちにもお恵みがいただけるという知恵を表しています。

また自分の目の前で起こる事はすべて「神様のお導き」であり、

何が起こっても実は、すべて良い方向へ向かっている という真実がありますが、

これも知恵のひとつになります。

もし、この知恵を知らなければ、

何か一見、不都合なことが起こった場合、

不平不満を言ってそのまま悪循環になってゆきますが、

「神様のお導き」ということを知っていれば、

逆に感謝して、今自分ができることに集中でき、

結果、より良い方向へ導かれるわけです。

つまり「神様のお導き」という知恵を知らないと、

まったく逆の結果になってしまいますので

知恵というものは人生にとって一番重要なものです。

 

そしてこの「いのち、生きるための知恵」というのは、

何もしなくても機能するわけではありません。

いのちがちゃんと機能するには、正しい働きかけというものが必要です。

この働きかけというのは、主に以下のことです。

・神様とご先祖様に感謝し、感謝のおまつりをする。

・自分よりも周りの幸せを第一に考える。

・日本人としての正しい食生活(お米、野菜、魚中心)をする。

 

感謝のおまつりをすることによって、

神様とご先祖様がお悦びになられ、

体の中の遺伝子がすべてオンになって、

神様とご先祖様からいただいた「いのち」が正しく機能するわけです。

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

そしてこれらは、日本人が太古の昔から一番大切にしてきたことで、

世界の模範となる優れた伝統文化です。

いのちが正しく働くと、

人間として正しい判断ができるようになり、

細胞も正しく働くので、健康で幸せな人生を送ることができます。

 

ご存じの通り今、科学や経済は十分発展しましたが、

それだけでは、世の中は幸せにならないということが

証明されています。

 

いまいちど、この「いのち、生きるための知恵」を

一番に考えて生きることが必要です。

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

認めることができるのが人間

2022年7月15日発行分

この世の中はすべて自分が認めたものが現れるようになっています。

「ありがたい」というのを認めれば、ありがたいお恵みが現実に現れてきますし、

不平不満ばかり認めていれば、実際にそれが現れてきます。

宇宙空間では暖かくもない太陽の光は、

地球の大気に反射することによって、はじめて明るく暖かい光となりますが、

これは神様の世界を表しています。

私達も神様とご先祖様に感謝することによって、

はじめてお恵みが現れてくるようになっています。

また、病気が良くなりますようにと神社でお願いする方がおられますが、

これでは、自分が病気であることを認めているので、

なかなか病気はなおりません。

そうではなく、体の元気な部分を認めて

「いつも健康にさせていただき、ありがとうございます。」と

神様とご先祖様に感謝するのが正しい感謝です。

戦後のアメリカの教育指導の影響で、

神様とご先祖様に感謝する大切さや伝統が学校で教えられなくなり、

知識や理屈だけを詰め込まれた人ばかりとなってしまい、

現代のような乱れ切った世の中になってしまいましたが、

本来日本人は、家庭で神棚をおまつりして、

神様のお恵みとご先祖様の恩に感謝し、

周りの幸せのために生きてきたという世界に誇る民族です。

6000年も前の日本の集落跡でも神様をおまつりする建物やお墓が見つかっているように

太古の昔から日本人は神様とご先祖様に感謝して生きてきました。

 

今、ご存じの通り、おかしな事件、事故、災害、疫病など頻発していますが、

これは私たちの心掛けが間違っているということの現れです。

 

毎日の忙しい生活の中で、神様とご先祖様に感謝するというのを

忘れてしまっている人が多いですが、

今一度、神様のお恵みとご先祖様の恩を認めて、

常に意識し、

毎日、神棚で手を合わせて、

「何事も神様とご先祖様のおかげ」という「感謝の生活」をすることが大切です。

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html