Global Translator

いのちとは?

2019年2月15日発行分

「いのち」といいますと、多くの方が単に「心臓が動いて、生きている状態」と解釈されますが、

いのちというのは本来、「生きるための知恵」という意味になります。
150億年前に神様の御心でビックバンが起こり、

宇宙ができ、太陽や地球ができて、

人間などの生物が誕生しましたが、

この「生きるための知恵」である「いのち」は神様からのお恵みであり、

生物の誕生から現在まで休むことなく次の世代に伝えられています。
私達にとって、この「いのちを次の世代に伝える」ということは非常に重要なことです。

そして子供にいのちを伝えるには、家庭や地域を中心として行う必要があります。
「いのち」には居場所というものがあります。

まず自分の中、そしてそれぞれの家庭の中、

それぞれの民族、地域、国の中に

それぞれ祖先から伝えられた「いのち」というものが存在します。
そして民族や国が続くには、このいのちが絶えることなく、

次の世代に伝わってゆくことが絶対に必要です。
現代では家族がバラバラで食事をしたり、

それぞれ別のことばかりしてお互いに会話の少ない家庭が多いですが、

これでは、いのちの居場所が家庭になく、子供にいのちが伝わりません。

現代ではおかしな事件や事故を起こす人が後を絶ちませんが、

これも「いのち」が本人に伝わっていないため、

いくらかの遺伝子が眠ったままであるため、

人間として、おかしな判断をしてしまうのが原因です。
まず家庭では毎日、神様とご先祖様に家族そろって感謝のおまつりをすることが必要です。
子供は常に親の背中を見ていますので、親が毎日感謝のおまつりをして

「何事も神様とご先祖様のお蔭」と感謝の生活をすることによって

子供も自然とそれを真似して生きてゆくようになります。
また地域では神社での秋祭りや夏越のはらいなどの行事を通じて

神様への感謝のおまつりを子供に伝えています。
家庭や地域で神様とご先祖様に感謝を伝えるおまつりをすることによって

神様とご先祖様にお喜びいただけ、

神様のお恵みと、ご先祖様の生きる知恵が詰まった遺伝子が活性化されるので、

子供にしっかりといのちが伝わります。
私事で大変恐縮ですが、

毎日家族そろって感謝のおまつりをしているお陰で

娘にいのちがしっかりと伝わっているので、

特に「勉強しなさい」と言わなくても自分から進んで努力し、

学校では「周りの友達に思いやりがある」という

大変ありがたい評価をいただいています。
昨年最も感動したのは、娘が以前お世話になった担任の先生が無事出産され、

生まれた子に、娘と同じ名前を付けられたということです。(自慢話になってしまいすみません;;)
つまり子供に「〇〇しなさい」とか「〇〇してはいけません」ということを

いちいち言っていても、きりがありませんが、

毎日、家族そろって神様とご先祖様に感謝のおまつりをして感謝の生活をすることによって

いのちが伝わり、子供はおのずから立派に育ってゆきます。

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

あなたの人生を充実させる!3つの黄金ルール
誰でも幸せになれる方法をわかりやすくご紹介しています。
これを読んでぜひ本当の幸せを手に入れてください。
そして他の人にもこのすばらしい真実を教えてあげてください。
あなたの人生を充実させる!3つの黄金ルールはこち らからご覧いただけます。>>


メールマガジン「成功と幸せを驚くほど簡単に手に入れる方法!」
葉室頼昭先生から教えてもらった「幸せな人生を生きるために本当に大切なこと」をお伝えいたします。
日本人が本来大切にしてきた神様ご先祖様に感謝し、他人の幸せを考える生き方についてご紹介いたします。
バックナンバーは「メールマガジン」ページ よりご覧いただけます。



このページをお気に入り(ブックマーク)に登録する | | トップページに戻る