カテゴリー別アーカイブ: 2021年バックナンバー

道の目的

2021年5月1日発行分

日本には書道や茶道、柔道、剣道など

道という名前の付く文化がありますが、

これらは単に技術をマスターしたり、テクニックを競ったりするものではありません。

人間には他の生物にはない、高度な頭脳と

器用に動く手足がありますが、

これは神様が「神の世界を認め、それを表現できる」ように

人間というものをおつくりになったからです。

決して人間の我欲を満たすために、これらの知能を与えたわけではありません。

日本の伝統文化である「道」についても

各々がそれぞれの分野の技術で

神の世界を表現するためにあります。

そのため、オリンピックの柔道などで相手を倒して

ガッツポーズなどをするのは論外で、

柔道に関しても相手に敬意をはらい、

自分が少しでも神に近づけるように心を鍛錬するというのが

本当の柔道ということです。

書道においても、単に上手な字を書くのが目的ではなく、

上手下手は関係なく、

神を文字で表現するために

心のこもった字を書いてゆくというのが

本来の書道の目的です。

そして神を表現するために努力を続けることによって

人間としての徳が磨かれてゆきます。

今、子供たちに英才教育といっていろいろな習い事をさせる時代ですが、

日本の「道」の精神と同じく

神の世界を表現できる立派な人間になるために

習い事で努力してもらうというのが

真実の教育になります。

また葉室頼昭先生は信仰について著書で以下のように指摘されています。

「どこそこの宗教を熱心に信仰しているという人がいますが

自分の欲やご利益のためだけに信仰している人が多いです。」

「これは信仰でも何でもなく、

単に自分の利益のために神仏を利用しているだけです。」

神様に感謝しておまつりをする「神道」というのは

宗教という概念のなかった、はるか昔から続いている

私達日本人の生活そのものです。

神様には何かをお願いするのではなく、

まつりを通して、ただひたすら神様にお悦びいただくのが

神道であり、人としての道です。

神様、ご先祖様をはじめ、

周りの人の幸せのために生きることが人として大切なことです。

 

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

 

今回は葉室頼昭先生から教わりました「道」についてご紹介させていただきました。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

神様と同じ波長

2021年4月15日発行分

テレビは放送局から届いている電波と

同じ波長の電波をテレビが出すことによって

番組を映し出すことができますが、

このしくみは神様の世界を表しています。

実は神様からのお恵みも自分の目の前まで届いているので

人間も神様と同じ波長である感謝のこころを出すことによって

実際に幸せが現れてきます。

逆に感謝せず不平不満ばかり言っている人は

永久に幸せが現れてきません。

この感謝ですが、お金がもうかったとか、〇〇だからという

我欲の感謝ではなく、

理屈の無い感謝というのが本当の感謝です。

つまりどんな時でも理由なく感謝すればよいので

誰でも実行することができます。

何が起こっても、どんな状態でも

常に理屈なく素直に

神様とご先祖様に感謝することによって

お恵みが目の前に現れてきます。

 

また素直に感謝できるようになるには

毎日「はらい」をすることが大切です。

「はらい」というのは我欲から出てくる「つみ・けがれ」という悪いものを

消すためのおこないです。

「はらい」についてはこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/ooharai.html

 

ぜひこの神様と同じ波長、「感謝の心」を出すと

幸せが現れてくるという真実のしくみを理解して

いつも理屈なく「ただただ、ありがたい」と感謝してください。

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

今回は葉室頼昭先生から教わりました「神様と同じ波長」についてご紹介させていただきました。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

正しい食事からいのちが生まれる

2021年4月1日発行分

イザナギノミコトとイザナミノミコトという日本最初の夫婦の神様がおられますが、

日本最古の歴史書である古事記には、

そのイザナミノミコトがいろいろな神様をお産みになり

さらに自分の大便からも神様がお産まれになるという話が書かれています。

この古事記は単なるおとぎ話でなく、

この宇宙や世の中の真実について

物語を通して伝えてくれている私達にとって大変重要な書物です。

ここでイザナミノミコトの大便からも神様がお産まれになるというのは

人間の排泄物からも、いのちが生まれる⇒ 正しい便を排泄しなければならない。

という教えです。

もともと人糞は、農作物の肥料として使われていたため、

人糞の成分が植物の中に吸収されて、新たな野菜ができ、

その野菜を人間が食べるという循環になっています。

そのため、常に正しい食事をしなければ、不自然な便を出すことになるので

その不自然な便が吸収された野菜をまた食べることになります。

つまり正しい食事をして、正しい便を排泄することが

いのちの循環に不可欠ということが分かります。

近年、肥料は人工的なものになり、

食生活も非常に乱れたものとなっているため、

いのちの循環が正しく行われず、

現代のような乱れた世の中になってしまいました。

正しい食事というのは日本人なら日本人に合った食事を

規則正しくいただくということです。

日本人は本来、お米と野菜、魚を食べて生きてきました。

しかし近年は肉や甘いものを中心とした

欧米の食事ばかりする日本人が増えてしまったため、

病気になる人が増えてしまいました。

例えば日本人というのは農耕民族で

野菜を時間をかけて体内に取り入れるため、

欧米人よりも腸が長くなっています。

それなのに牛や豚などの肉ばかり食べていると

体内に吸収する際に、その長い腸の中で

途中で腐ってしまうため、

大腸がんになる人が増えているというのが現状です。

また日本人は本来、砂糖を大量に摂取してこなかったので

日本人が甘いものばかり食べていると

欧米人に比べて糖分の処理がうまくできないので

糖尿病になりやすくなります。

このように食事というのはカロリーうんぬんといった問題ではなく、

その民族に合った正しいものを適量いただくというのが大切です。

何を食べたらよいかという目安ですが、

これは神社や神棚で神様にお供えされているようなもの、

お米、野菜、果物、魚、鳥などが

日本人にとって正しい食べ物ということです。

また当たり前と思わず、無事おしっこや大便が出たら感謝することも大切です。

そして私達は神様とご先祖様からいただいた日本人の遺伝子を持っているので

毎日神様とご先祖様に感謝し、感謝のおまつりをして

祓い(はらい)を行うことによって

日本人の遺伝子が目覚めてくるので、

自ずと正しい食事や正しい食べる量というものがわかってきます。

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

「はらい」についてはこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/ooharai.html

 

今回は葉室頼昭先生から教わりました「正しい食事」についてご紹介させていただきました。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

御塩の素晴らしい力

2021年3月15日発行分

今年も3月3日から7日まで三重県伊勢市の御塩殿(みしおどの)神社で、

当神社に隣接する御塩殿において御塩がつくられました。

荒塩を三角錐形の土器につめて堅塩に焼固められてつくられますが、

1日で20個、5日間で100個もの御塩が焼固められます。

御塩焼固の様子↓
http://www2.jingu125.info/2017/03/05/post-55559/

この御塩作りは伊勢の神宮のおまつりでお供えされるため

大変重要な作業です。

普段当たり前のように用いている御塩ですが、

御塩というものは大変尊い、ありがたいものです。

日本では古来より、天の神様を「天つ神」

大地の神様を「国つ神」として崇敬し、感謝のおまつりを行ってきましたが、

この御塩はマグマが海中に溶け出してできたもので、

大地の神様である国つ神からの尊いお恵み、エネルギーです。

お祓いで御塩が用いられますが、これは国つ神からのお恵みである御塩の力で

体についた「つみ・けがれ」をはらうためです。

はらいについてはこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/ooharai.html

海外では塩というと単なるナトリウムNaという物質と解釈されていますが、

日本人は太古の昔から、御塩は単なるナトリウムではなく、

国つ神からのお恵みである、素晴らしいエネルギーを持った

ありがたいものということを知っていました。

そして御塩でお漬物をつくったり、

塩漬けした魚を干したりしていただいてきましたが、

これは御塩のエネルギーで食物を長持ちさせたり、

そのエネルギーを体に取り入れようという日本人の素晴らしい知恵です。

現代では日本人でも

お塩といえば、摂りすぎると高血圧になるというイメージだけの方が多いですが、

このように本来、国つ神からのありがたいお恵みですので、

感謝していただくことが大切です。

今回は葉室頼昭先生から教わりました「御塩」についてご紹介させていただきました。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭宮司の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

お導きと進化

2021年3月1日発行分

物事というのは偶然に起こるというものはなく、

すべて神様のお導きによるものです。

そして神様のお導きにしたがって、

今自分ができるベストを尽くす、適応することによって

人間はどんどん進化することができます。

そして進化しながら「いのち(生きるための知恵)」を次に伝えるのが

神様の御心にそった人生で幸せに生きる秘訣です。

いのちを次に伝えるというのは自分の子供や後輩以外にも

来世に生まれ変わったときにも伝えられます。

将来のことを心配したり、過去のことをいつまでも悔んだりすることなく、

今この瞬間にやるべきことに意識を集中することを

神道では中今(なかいま)といい、

人生において非常に大切なことです。

逆に物事に不平不満を言って、流れに逆らうのは

我欲が出ている証拠なので「はらい」を行う必要があります。

はらいというのは、普段知らず知らずのうちに体についた

「つみ・けがれ」を消して、

人間本来の美しい状態に戻すことです。

はらいを行うには別に難しいことをする必要はありません。

毎朝、神棚の前で大祓い(おおはらい)の言葉を唱えます。

これは昔、中臣氏の誰かが神様の声を肌で感じ、

それを言葉にしたもので、

今でも全国の神社で毎日唱えられています。

言葉というのは本来、単なる情報伝達の手段ではなく、

音という波動を出すことによって

音が表す内容が現実に現れてくるというものです。

つまり良い言葉を言えば、良いことが起こり、

悪い言葉を言えば、悪いことが起こるわけです。

そして大祓いの言葉は神様の言われた最高の言葉なので

それを声に出して唱えることによって

つみ・けがれという悪いものを消すことができるわけです。

はらいについてはこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/ooharai.html

ぜひとも「つみ・けがれ」をはらって、

何が起こっても神様のお導きと感謝し、

今自分ができることに最善を尽くすのが、

素晴らしい人生を歩むために必要なことです。

今回は葉室頼昭先生から教わりました「お導き」についてご紹介させていただきました。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭宮司の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神棚と神様とご先祖様への感謝のおまつりは以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

お米と稲

2021年2月15日発行分

私達日本人の主食といえばお米ですが、

稲(いね)という言葉の語源は「いのちの根=いね」という意味です。

つまりお米のできる稲というのは

日本人にとって、絶対になくてはならないエネルギー源なので

そのような言葉となりました。

また米(こめ)の語源ですが、

こめの

「こ」という文字は「おとこ・むすこ」の「こ」であり、

「め」という文字は「おとめ・むすめ」の「め」を表しています。

つまり「こめ」というのは稲から男の子、女の子のいのちが生まれるという

意味になります。

日本最古の歴史書である「古事記(こじき)」に天岩戸(あまのいわと)の物語が書かれています。

これは私達日本人の総氏神で最も尊い、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が

その弟の須佐之男命(すさのおのみこと)が悪さばかりしたため

天岩戸にお隠れになり、

その結果、世の中は真っ暗になり、いろいろな悪いことが起こるようになってしまったというお話です。

古事記に書かれている物語は単なる作り話ではなく、

太古の昔に、神様から伝わってきたことを感じることができた人が

それを言葉として表し、

代々、口伝えにされてきたことをまとめたものです。

つまり古事記は、日本がいつまでも栄え続けてゆくために必要なことを

物語を通して記されたものです。

そして、このとき須佐之男命がした悪さの一つに「田んぼを壊した」というものがあります。

これは日本人の最も大切な食べ物であるお米を大切にしないと

日本が暗く、悪いものになってしまうということを表しています。

現在、日本人は田んぼを減らして、輸入に頼り、

お米をあまり食べないという人も増えてしまったため、

天岩戸(あまのいわと)の物語で記されているように

疫病や災害、事件など、いろいろな悪いことが起こるようになってしまいました。

 

毎日、神社や家庭の神棚で、

神様に感謝のこころでお供えする神饌(しんせん)でも

最も重要なものがお米になります。

また日本酒もお米から作られているので神様にお供えします。

また日本では、お米はそのまま食べる以外にも

お米を取った後のヌカでぬか漬けを作ったり、

日本酒を醸造したり、いろいろな形でいただいていますが、

これらもすべてお米のエネルギーをありがたくいただく日本人の素晴らしい知恵です。

現代では栄養学やカロリーといった知識だけで考えて

お米をあまり食べないという人が増えていますが、

それでは日本人としてのエネルギーが衰えてしまいます。

そしてお米は外国にもありますが、

日本の土地で育ったお米は

日本人の体に合った、日本人のいのちを伝えることができるので、

日本で作ったお米を食べることが大切です。

今こそ、日本人の最も大切な食べ物であるお米を大切に考えて、

日本で採れたお米をしっかり食べるという食生活に戻さなければなりません。

今回は葉室頼昭先生から教わりました「お米」についてご紹介させていただきました。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭宮司の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

はたらくの心

2021年2月1日発行分

「はたらく」という言葉がありますが、

現代では外国のように「働く=労働」と考えて、

生活のために仕方なく働いている人が多いようです。

しかし本来「はたらく」という言葉の「はた」というのは

「周りの人」という意味で、「はたから見たら」というときなどに使われており、

「らく」というのは「楽にさせる。楽しませる。」という意味になります。

つまり「はたらく」というのは「周りの人を楽にさせる。楽しませる」という意味になります。

このように日本では本来、「はたらく」というのは周りの幸せのためにおこなうものです。

はじめに周りを幸せにすれば、自然と自分も幸せになってくるという真実を

昔から日本人は知っていました。

現代ではまず自分の利益を最優先に考えるという人がいますが、

この世の中はそのようにはなっていません。

仕事でも何でも常に周りの幸せを考えて生きるというのが真実であり、

本当に幸せになれる方法です。

そして、これをかたちで表しているのが

毎日、神社で行われているお祭りです。

おまつりというのは、神様に願い事をしているのではなく、

ただひたすら、神様にお悦びいただくために行われています。

神様が一番よろこばれるのは、神様のすばらしさを認めて、それを表現することです。

人間も人に認められたり、褒められたりしたらうれしいのと同じことですね。

おまつりでは、神様の素晴らしさを認め、

それを言葉で表現した祝詞(のりと)や

歌、舞などで表現したお神楽をささげます。

 

これは各家庭で毎朝神棚でおまつりをおこなうときも同じことで、

神様に何かをお願いするのではなく、

ただひたすら神様にお悦びいただくことが大切です。

具体的にお願いなどしなくても、神様は何でもご存知ですので、

真剣におまつりをして、神様にお悦びいただけたら、

自分が願ってもいないような素晴らしいお恵みをいただけます。

日本人はこの真実を知っていたので、

太古の昔から神様のおまつりを第一に考え、

神様のお恵みに感謝して生きてきました。

しかし現代の人はその逆をやっており、

おまつりは二の次に考えて、

自分達の利益のことばかり考えているので

いつまでも真実の幸せがやってこないわけです。

特に戦後、日本はご存知の通り、

周りより自分の利益を優先する人が増え、

不祥事や災害など、日本始まって以来のひどい状態になってしまいましたが、

日本が滅びずにこれたのは、

日々、神社や家庭で真剣に神様にお悦びいただく、おまつりをしてこられた方々のお蔭です。

今こそ、私達もご先祖様がしてこられたように

真剣に神様のおまつりをし、神様に感謝する生活をおくるときです。

神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

必要な情報だけを得る

2021年1月15日発行分

人間の目や耳は

神様の神秘なお力で必要な情報だけを取り入れるようになっています。

例えばもし人間の目にスマートフォンの電波や電磁波などあらゆるものが見えてしまったら

人間はひっくり返ってしまうでしょう。

元々人間の目にはいろいろなものが映っていますが、

その中から人間にとって必要なものだけを脳の神経がとらえているわけです。

まさに神の神秘なお力のおかげです。

耳に関しても、かりに補聴器をつけると、

普段聞こえないような雑音まで聞こえてきますが、

これは機械がすべての音をひろっているということです。

これも人間の耳の鼓膜から

人間に必要なものだけを脳の神経がとらえているわけです。

このように人間の体は神様の神秘なしくみによって

必要なものだけを取り入れるようになっています。

現代ではテレビやインターネットなどで様々な情報が入ってきますが、

私達もそれらを何でもかんでも見たり、取り入れるのではなく、

神の御心にそったものだけを意識して見ることが大切です。

神の御心にそったものというのは、

自然の美しさや芸術など神様のすばらしさを表現したものや

笑いや感動、

周りを幸せにするために必要なものをさします。

以前、このメールマガジンやホームページで

言葉には魂があるので

良い言葉をいえば良いことが現れ、

悪い言葉をいえば悪いことが現れるとお伝えしましたが、

情報を見ることに関しても同じことです。

今ニュースでは視聴者の注目を得るために

悪いニュースや暗いニュースを中心に報道していますが、

これではそれを見た人が暗いネガティブな気持ちになり、

世の中全体も暗いものになってしまいます。

ぜひとも目や耳と同じく、

神の御心にそったものだけを見ることが大切です。

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

「させていただく」という感謝の心

何事も「させていただく」という感謝の心で行うことが大切です。

日本には「はたらく」という言葉がありますが、

この「はた」というのは「はたから見たら」という時に使うように

「周りの人」という意味になります。

そして「らく」というのは「楽にさせる」「楽しませる」という意味なので

「はたらく」というのは「周りの人を楽にさせる、楽しませる」という意味になります。

周りの人を楽にさせる、楽しませることを感謝の心を持って、「させていただく」というのが

「働く」という言葉の真実の意味で、本来の日本人の人生観です。

そのため日本人はこのように「はたらく」という言葉にしたわけです。

実際に長年繁盛しているお店や企業というのは

利益を追求する前に、

「お客さんを楽にさせたり、楽しませる」ということに力を入れています。

 

それに対して「労働」というのは

「俺はこれだけ働いたから〇〇の報酬をよこせ」といった

感謝の心とはかけ離れた単なる取引の考え方です。

このような考え方ではたらいても、

疲れるだけで幸せになることもできません。

 

逆に感謝の心を持って、周りの人を楽にさせる、楽しませるように働けば

周りから感謝され、充実感が得られて

さらにがんばろうと幸せになれます。

 

近年、日本人は人間は自分の力で生きていると思い違いをして、

自分達の理屈と我欲だけで、

自然を破壊したり、遺伝子を組み替えたりと好き放題しています。

 

そうではなく、

人間は神様のお恵みとご先祖様の恩のおかげで生かされており、

何事も自分がやっているのではなく、

「させていただいている」というのがこの世の真実です。

 

例えば病気になってから、元気に働けることのありがたさが分かった という話がありますが、

これは「させていただく」という感謝の心を忘れているという警告です。

 

ぜひとも毎日仕事や家事をする前に、

「させていただいている」という感謝の心を思い出してから

始めることをおすすめいたします。

そうすれば最高の生き方をすることができます。

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html