カテゴリー別アーカイブ: 2021年バックナンバー

はたらくの心

2021年2月1日発行分

「はたらく」という言葉がありますが、

現代では外国のように「働く=労働」と考えて、

生活のために仕方なく働いている人が多いようです。

しかし本来「はたらく」という言葉の「はた」というのは

「周りの人」という意味で、「はたから見たら」というときなどに使われており、

「らく」というのは「楽にさせる。楽しませる。」という意味になります。

つまり「はたらく」というのは「周りの人を楽にさせる。楽しませる」という意味になります。

このように日本では本来、「はたらく」というのは周りの幸せのためにおこなうものです。

はじめに周りを幸せにすれば、自然と自分も幸せになってくるという真実を

昔から日本人は知っていました。

現代ではまず自分の利益を最優先に考えるという人がいますが、

この世の中はそのようにはなっていません。

仕事でも何でも常に周りの幸せを考えて生きるというのが真実であり、

本当に幸せになれる方法です。

そして、これをかたちで表しているのが

毎日、神社で行われているお祭りです。

おまつりというのは、神様に願い事をしているのではなく、

ただひたすら、神様にお悦びいただくために行われています。

神様が一番よろこばれるのは、神様のすばらしさを認めて、それを表現することです。

人間も人に認められたり、褒められたりしたらうれしいのと同じことですね。

おまつりでは、神様の素晴らしさを認め、

それを言葉で表現した祝詞(のりと)や

歌、舞などで表現したお神楽をささげます。

 

これは各家庭で毎朝神棚でおまつりをおこなうときも同じことで、

神様に何かをお願いするのではなく、

ただひたすら神様にお悦びいただくことが大切です。

具体的にお願いなどしなくても、神様は何でもご存知ですので、

真剣におまつりをして、神様にお悦びいただけたら、

自分が願ってもいないような素晴らしいお恵みをいただけます。

日本人はこの真実を知っていたので、

太古の昔から神様のおまつりを第一に考え、

神様のお恵みに感謝して生きてきました。

しかし現代の人はその逆をやっており、

おまつりは二の次に考えて、

自分達の利益のことばかり考えているので

いつまでも真実の幸せがやってこないわけです。

特に戦後、日本はご存知の通り、

周りより自分の利益を優先する人が増え、

不祥事や災害など、日本始まって以来のひどい状態になってしまいましたが、

日本が滅びずにこれたのは、

日々、神社や家庭で真剣に神様にお悦びいただく、おまつりをしてこられた方々のお蔭です。

今こそ、私達もご先祖様がしてこられたように

真剣に神様のおまつりをし、神様に感謝する生活をおくるときです。

神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

必要な情報だけを得る

2021年1月15日発行分

人間の目や耳は

神様の神秘なお力で必要な情報だけを取り入れるようになっています。

例えばもし人間の目にスマートフォンの電波や電磁波などあらゆるものが見えてしまったら

人間はひっくり返ってしまうでしょう。

元々人間の目にはいろいろなものが映っていますが、

その中から人間にとって必要なものだけを脳の神経がとらえているわけです。

まさに神の神秘なお力のおかげです。

耳に関しても、かりに補聴器をつけると、

普段聞こえないような雑音まで聞こえてきますが、

これは機械がすべての音をひろっているということです。

これも人間の耳の鼓膜から

人間に必要なものだけを脳の神経がとらえているわけです。

このように人間の体は神様の神秘なしくみによって

必要なものだけを取り入れるようになっています。

現代ではテレビやインターネットなどで様々な情報が入ってきますが、

私達もそれらを何でもかんでも見たり、取り入れるのではなく、

神の御心にそったものだけを意識して見ることが大切です。

神の御心にそったものというのは、

自然の美しさや芸術など神様のすばらしさを表現したものや

笑いや感動、

周りを幸せにするために必要なものをさします。

以前、このメールマガジンやホームページで

言葉には魂があるので

良い言葉をいえば良いことが現れ、

悪い言葉をいえば悪いことが現れるとお伝えしましたが、

情報を見ることに関しても同じことです。

今ニュースでは視聴者の注目を得るために

悪いニュースや暗いニュースを中心に報道していますが、

これではそれを見た人が暗いネガティブな気持ちになり、

世の中全体も暗いものになってしまいます。

ぜひとも目や耳と同じく、

神の御心にそったものだけを見ることが大切です。

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

「させていただく」という感謝の心

何事も「させていただく」という感謝の心で行うことが大切です。

日本には「はたらく」という言葉がありますが、

この「はた」というのは「はたから見たら」という時に使うように

「周りの人」という意味になります。

そして「らく」というのは「楽にさせる」「楽しませる」という意味なので

「はたらく」というのは「周りの人を楽にさせる、楽しませる」という意味になります。

周りの人を楽にさせる、楽しませることを感謝の心を持って、「させていただく」というのが

「働く」という言葉の真実の意味で、本来の日本人の人生観です。

そのため日本人はこのように「はたらく」という言葉にしたわけです。

実際に長年繁盛しているお店や企業というのは

利益を追求する前に、

「お客さんを楽にさせたり、楽しませる」ということに力を入れています。

 

それに対して「労働」というのは

「俺はこれだけ働いたから〇〇の報酬をよこせ」といった

感謝の心とはかけ離れた単なる取引の考え方です。

このような考え方ではたらいても、

疲れるだけで幸せになることもできません。

 

逆に感謝の心を持って、周りの人を楽にさせる、楽しませるように働けば

周りから感謝され、充実感が得られて

さらにがんばろうと幸せになれます。

 

近年、日本人は人間は自分の力で生きていると思い違いをして、

自分達の理屈と我欲だけで、

自然を破壊したり、遺伝子を組み替えたりと好き放題しています。

 

そうではなく、

人間は神様のお恵みとご先祖様の恩のおかげで生かされており、

何事も自分がやっているのではなく、

「させていただいている」というのがこの世の真実です。

 

例えば病気になってから、元気に働けることのありがたさが分かった という話がありますが、

これは「させていただく」という感謝の心を忘れているという警告です。

 

ぜひとも毎日仕事や家事をする前に、

「させていただいている」という感謝の心を思い出してから

始めることをおすすめいたします。

そうすれば最高の生き方をすることができます。

 

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html