Global Translator

神様・ご先祖様に毎日感謝

2009年 12月1日号

■神様・ご先祖様に毎日感謝

ご存知のとおり私たちが今こうしていられるのは、太陽、水、空気などの

神様のお恵みと、生きる知恵を連綿と伝えてこられたご先祖様の恩のお陰です。

理屈は忘れて、毎日、神様、ご先祖様に「ありがとうございます」と

手を合わせてください。

宇宙空間では冷たい太陽の光が地球の大気に「反射」することによってはじめて

「暖かい光」になるのと同様に、

人は「感謝」というものを通じてはじめて神様、ご先祖様から

「幸せ」をいただけるようになっています。

今回はおさらいをかねて神様・ご先祖様に感謝するための

毎日の大切な習慣についてお伝えいたします。

お部屋に神棚を設置して以下の方法で神様、ご先祖様に感謝してください。

神棚の設置についてはこちら
http://www.kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

神棚にむかって二礼・二拍手・一礼した後、ご先祖様に手を合わせます。

二礼・二拍手・一礼とは、

2回深く頭を下げて礼をし、2回手をたたき、手を合わせて

「ありがとうございます。」と感謝します。最後に1回深く頭を下げて礼をします。

二礼・二拍手・一礼の動画はこちら
http://www.kumamoto-shinsei.jp/modules/cinemaru/movie.php?id=27

神様、ご先祖様に感謝するために、さらに 丁寧な以下の方法があります。

1 二礼する

2回深く頭を下げて礼をします。

2 大祓いのことばを奏上する

大祓いのことばとは、これを唱えれば体についた悪いものをはらうことができる、

全国の神社で毎日唱えられている最高のことばです。

大祓いのことばについてはこちら
http://www.kamisamagosenzosama.com/ooharai.html

3 二礼・二拍手・一礼する

2回深く頭を下げて礼をし、2回手をたたき、手を合わせて「ありがとうございます。」と

感謝します。最後に1回深く頭を下げて礼をします。

4 二礼する

2回深く頭を下げて礼をします。

5 神棚拝詞(かみだなはいし)を奏上する

神棚拝詞には神様への感謝のことばと人生にとって大切なことが込められています。

内容は以下のホームページに記載されています。
http://homepage3.nifty.com/nireyamajinja/maturi/kamidanahaisi.pdf

6 二礼・二拍手・一礼する

7 ご先祖様に「ありがとうございます。」と感謝して手を合わせる。

毎日ご先祖様にお礼を言ってください。

この5 神棚拝詞(かみだなはいし)には人生を歩む上で大切なことが

実行できるように神様にお願いをしています。

神棚拝詞に以下のような文があります。

大神等(おおかみたち)の廣(ひろ)き厚き御恵(みめぐ)みを

辱(かたじけな)み奉(まつ)り

高き尊き神教(みおしえ)のまにまに 直(なお)き正しき眞心(まごころ)もちて

誠(まこと)の道に違(たが)ふことなく

負ひ持つ業(わざ)に勤(いそ)しみ勵(はげ)ましめ給(たま)ひ家門(いえかど)高く

身健(みすこやか)に 世のため人のために盡(つく)さしめ給へと

恐(かしこ)み恐みも白(もう)す

この部分は北海道神社庁のホームページに以下の説明がされています。

神々の広く厚い御恵【みめぐ】みをもったいなく思い、高く尊い神の教のとおり素直で

正しい真心によって人の道を踏みはずすことなく、自分たちが、従事する勤めに励むことが

できます様に、また、家が栄え、家族も健康で世のため、

人のために尽くさせてくださいと、恐【おそ】れ畏【かしこ】んで(謹んで)申し上げます。

北海道神社庁ホームページより
http://www.hokkaidojinjacho.jp/faq07.html

この文章には私たちの大切にすべきことが集約されていますね。

神様に感謝し、素直な真心を忘れず正しい勤めを行い、世のため人のために尽くすこと。

これを毎日唱えて実行に移すことがすばらしい人生につながります。

「人生で一番大切なこと」は葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://www.kamisamagosenzosama.com/hon.html

■神道 おふくろの味

葉室頼昭先生の最終刊です。

おふくろの味というと料理だけを連想してしまいますが、

母から受け継いだ大切な「生きるための知恵=いのち」もおふくろの味です。

神道 おふくろの味
http://www.shunjusha.co.jp/detail/isbn/978-4-393-29924-1/

■神道「いのちを伝える」

この本は「人間は何のために生きているのか」という

根本的なことについて、目からウロコのオンパレードです。

このメールマガジンを立ち上げるきっかけにもなりました。

弟が結婚したときにプレゼントしましたが、ちゃんと読んでくれたのかは

不明です^^;

神道「いのちを伝える」
http://tinyurl.com/9whbtu

■誰でも簡単に幸せになれる!最も大切な方法

誰でも簡単に幸せになれる!最も大切な方法

http://www.kamisamagosenzosama.com/shiawase.pdf

理屈から生まれた小手先のテクニックでは、

本当の幸せを手に入れることはできません。

しかしながら、何も難しく考える必要もありません。

幸せになるには以下の3つのステップを踏むだけです。

1 「誰でも簡単に幸せになれる!最も大切な方法」を読む。

2 毎日1分、このレポートに書かれていることを実行する。

3 このことを自分の子供や他の人にも教える。

たったこれだけで、本当の幸せが見えてくるなら、

やってみないともったいないですね。

現代の日本人が忘れかけている「ある真実」を理解するだけです。

http://www.kamisamagosenzosama.com/shiawase.pdf

またこのレポートに書かれていることの原点は

葉室頼昭先生の本にも書かれています。

http://www.kamisamagosenzosama.com/hon.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

メールマガジンのバックナンバーはこちらからお読みいただけます。
http://www.kamisamagosenzosama.com/melmaga.html

「神棚ってどうやってお祀りしたらいいの?」という方は

こちらをお読みください↓
http://www.kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

神棚はこちらでもお迎えすることができます。
http://www.jingukaikan.jp/kaikan/shop2kamidana.html

■伊勢神宮 最新情報

http://www.isejingu.or.jp/whatsnew/index.php

http://www.isejingu.or.jp/shosai/maturi/maturi4.htm

■春日大社 感謝・共生の館 最新情報

春日大社は千三百年の歴史があり、日本の伝統文化の宝庫です。

これを理屈ではなく肌で知っていただこうと、境内に建てられた”

感謝・共生の館”で人生を生きるうえで大切な知恵が伝えられています。

春日大社 感謝・共生の館 日程一覧
http://www.kasugataisha.or.jp/manabu/index.html

■内容についてお尋ね等ありましたら遠慮なくご一報ください。

お申し込み・お問い合わせ先

春日大社 広報研修部(梓司課改め)

電話番号 0742-22-7788(代表)

FAX  0742-27-2114

〒630-8212 奈良市春日野町160

※ご参加の方は電車・バスをご利用ください(駐車場は別途料金が必要です)

※感謝 共生の館には、JR・近鉄奈良駅よりバスが便利です。

春日大社 感謝・共生の館
http://www.kasugataisha.or.jp/manabu/index.html

■日本人のこころのふるさと

伊勢神宮
http://www.isejingu.or.jp/

春日大社
http://www.kasugataisha.or.jp/

■毎日神様、ご先祖様に手を合わせて生活していると

本当に何か目に見えない力に助けられていることが実感できます。

仕事のトラブルも全くないし、すべてが順調でありがたい限りです。

いつもお読みいただきありがとうございます。

あなたの人生を充実させる!3つの黄金ルール
誰でも幸せになれる方法をわかりやすくご紹介しています。
これを読んでぜひ本当の幸せを手に入れてください。
そして他の人にもこのすばらしい真実を教えてあげてください。
あなたの人生を充実させる!3つの黄金ルールはこち らからご覧いただけます。>>


メールマガジン「成功と幸せを驚くほど簡単に手に入れる方法!」
葉室頼昭先生から教えてもらった「幸せな人生を生きるために本当に大切なこと」をお伝えいたします。
日本人が本来大切にしてきた神様ご先祖様に感謝し、他人の幸せを考える生き方についてご紹介いたします。
バックナンバーは「メールマガジン」ページ よりご覧いただけます。



このページをお気に入り(ブックマーク)に登録する | | トップページに戻る