Global Translator

真実の医学

2019年7月15日発行分
現代では、科学ですべて解決できると思っている人が多く、

病院などでも、検査の結果だけを見て、患者さんを見ずに診断していることが多いようです。
例えば葉室先生が形成外科医だったころ、

全身がだるく、食べると吐き、登校拒否症になってしまった小学生の女の子が

診察にきました。
その子はいろいろな病院で治療を受けてきたが、いっこうに良くならないので

藁をもすがる思いで葉室先生の病院へ来たそうです。
そこで葉室先生が女の子の体を触って診察したところ、

もの凄い肩こりがあることに気が付きました。
さすがに小学生にこれほどの肩こりがあるとは驚いたそうですが、

鍼治療をしばらく続けたところ

登校拒否症は完全に治り、元気にクラブや勉強に打ち込むことができるように

なりました。
治療というのは検査の結果だけ見て状態を判断するのではなく、

まず患者の体を自分の目でしっかりと見たうえで、

検査の結果を参考にするというのが本当の治療です。
この女の子のケースでも、検査ばかりで

女の子の体をしっかりと見て触診されていないので

いろいろな病院へ行っても一向に治らなかったわけです。
また昔は宗教と医学は同じもので、

お釈迦様もそうですが、お坊さんは説法もするし、病人も治すということをしていましたが、

明治以降、医学と宗教は別という考えの西洋医学が本当の医学とされ、

宗教と医学がつながっている東洋医学はそれよりも劣ったものと

解釈されるようになってしまいました。
しかし患者が人間として本来あるべき姿に戻すというのが真実の医療なので

医者には宗教的な心が必要です。
延命治療といって余命数日の夫を、数日間長く生かすために、

無理やり集中治療室に入れて

夫婦を離ればなれにしてしまうというのは真実の医療ではありません。
そうではなく、残された数日間を夫婦一緒に過ごしてもらうというのが

患者の幸せを考えた真実の医療ではないでしょうか。
近代医学は人間の体をモノ扱いして、

本来の人間のあるべき姿を忘れているので

医学の原点である、患者の真実の幸せを追求するというものに戻す必要があります。

「人生で一番大切なこと」はシンプルに葉室頼昭先生が教えてくれます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html
葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html
神様とご先祖様への感謝のおまつりの方法は以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

あなたの人生を充実させる!3つの黄金ルール
誰でも幸せになれる方法をわかりやすくご紹介しています。
これを読んでぜひ本当の幸せを手に入れてください。
そして他の人にもこのすばらしい真実を教えてあげてください。
あなたの人生を充実させる!3つの黄金ルールはこち らからご覧いただけます。>>


メールマガジン「成功と幸せを驚くほど簡単に手に入れる方法!」
葉室頼昭先生から教えてもらった「幸せな人生を生きるために本当に大切なこと」をお伝えいたします。
日本人が本来大切にしてきた神様ご先祖様に感謝し、他人の幸せを考える生き方についてご紹介いたします。
バックナンバーは「メールマガジン」ページ よりご覧いただけます。



このページをお気に入り(ブックマーク)に登録する | | トップページに戻る