Global Translator

生かされているという事実

2024年7月1日発行分

戦後の、「理屈や知識、物質だけがすべて」という誤った教育の影響で、

ほとんどの人は人間は自分の力で生きていると思い込んでいます。

しかし、私たちの体の仕組みや、生きている世界について考えただけでも、

人間をはじめ、あらゆる生き物は

神様のお恵みで「生かされている」ということがわかります。

例えば、私たちは、自分の意志で心臓を動かしたり、止めたりすることはできませんし、

皮膚や内臓の細胞の働きについても

自分の意志でコントロールすることはできません。

また私たちが生活している世界についても、

地球だけに水があり、

何十億年もの間、太陽の光が絶え間なくふりそそぎ、

そのおかげで

あらゆる生物が存在しています。

また、自分の身を守る知恵や生活の知恵などにおいても、

長い年月、ご先祖様たちが経験してこられたことが

遺伝子の中に入っており、

そのおかげで、現代生きている私たちもすぐに実践できるわけです。

「この科学の時代に、神様やご先祖様というのは非科学的だ」という人がいますが、

逆に、これらの生かされている仕組みを理解していないほうが

よっぽど非科学的であるといえます。

つまり人間というのは、

自分の力で生き抜くというものではなく、

「生かされているこの今」

精一杯、

感謝して、楽しみ、

神様とご先祖様をはじめ、

周りが喜ぶ、幸せになるようなことを考えて生きるというのが

人生の正解です。

日本人は太古からこの真実を知っていたので、

神様への感謝のおまつりを第一に考えて生きてきました。

太古の遺跡を見ても、

神様のおまつりに関するものが多数出土しており、

いかに神様への感謝が強くあったかどうかが、うかがえます。

このように

人間は自分の力で生きているのではなく、

神様のお恵みとご先祖様の恩によって

「生かされている」ということを意識して生きることが大切です。

 

これらの知恵は、葉室頼昭先生の書籍でも詳しく知ることができます。

葉室頼昭先生
http://kamisamagosenzosama.com/hamurosensei.html

葉室頼昭先生の本を読むと、私たちはどれだけたくさんの

恩恵を受けているのかということがよく分かります。

葉室頼昭先生の本はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/hon.html

神様とご先祖様への感謝のおまつりについては以下のページをご覧ください。
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html