Global Translator

大祓(おおはらい)

2013年6月15日発行分
■大祓(おおはらい)
今月6月30日に伊勢神宮の皇大神宮(内宮:ないくう)では大祓が執り行われます。
大祓とは大祭の前月末日に、伊勢神宮の神職・楽師を祓い清める行事です。
特に6月と12月の末日には全職員の大祓が行われます。
大祓の様子はこちら

祓い(はらい)とは体についた「つみ・けがれ」をはらうことです。
ここでいう「つみ」とは、犯罪などの「罪」という意味ではなく、
人間本来のすばらしい姿を包み隠してしまうもの = 包む身 を意味します。

「けがれ」というのは汚れたとか汚いという意味ではなく、
神様からいただいた気が枯れてしまった状態 = 気枯れ を意味します。

これらは「我欲」や「理屈」が原因で普段知らず知らずのうちに私達のからだに
付いてしまいますので、神様のお力で良いものに変えることを祓いといいます。

祓いでは「大祓いのことば」を奏上して「つみ・けがれ」を祓います。

このことばは昔、中臣氏の誰かが、神様の声を肌で感じ、それを言葉として表し、
以後ずっと語り継がれてきたことばで、今でも全国の神社で毎日奏上されています。
祓いの詳細はこちらをご覧ください。

この神様の声である大祓いのことばの力で「つみ・けがれ」を祓い清めるわけです。

私達が普段使うことばというのは、昔から言霊(ことだま)といって力をもっていますので
良いことばを言えば良いことがおこり、悪いことを言えばそのようになります。

今の日本ではおかしな言葉を使う人が増えているので
おかしな事件、事故が増えている原因のひとつとなっています。

祓いは悪いものを良いものに変えることができますが、
医療においても西洋医学では悪い部分を取り除いて治療しますが、
日本古来の東洋医学では悪い部分を取り除くのではなく、
元の良い状態に戻すための治療をします。

日本人は古来から共生のこころで、悪いものは除去するのではなく
良いものに変えてゆくということをしてきました。

お祓いと同様に人生においても、悪いことを良いことに変えてゆくという心がけが大切です。
失敗したら反省し、それをもとにプラスにしてゆくことが幸せにつながります。

人生で大切なことを「誰でも幸せになれる!最高の方法」という無料電子ブックにまとめました。
これを実践すれば間違いなく人生はすばらしい方向へ向かいます。
誰でも幸せになれる!最高の方法

アンドロイド端末のスマートフォンをお持ちの方は
いつでも手軽に読み返せますので、ぜひダウンロードしてみてください。
スマートフォンアプリ「誰でも幸せになれる!最高の方法」

大祓いのことばはこちら

そしてより丁寧に神様をおまつりするには神棚があります。
神棚について

「人生で一番大切なこと」は葉室頼昭先生が教えてくれます。
葉室頼昭先生

■伊勢神宮 最新情報
http://www.isejingu.or.jp/
http://www.isejingu.or.jp/shosai/maturi/maturi4.htm

■春日大社 感謝・共生の館 最新情報
春日大社は千三百年の歴史があり、日本の伝統文化の宝庫です。
これを理屈ではなく肌で知っていただこうと、境内に建てられた”
感謝・共生の館”で人生を生きるうえで大切な知恵が伝えられています。

春日大社 感謝・共生の館 日程一覧
http://www.kasugataisha.or.jp/manabu/index.html

以上の記事は下記メールマガジン「成功と幸せを驚くほど簡単に手に入れる方法!」
の発行分より抜粋しています。

あなたの人生を充実させる!3つの黄金ルール
誰でも幸せになれる方法をわかりやすくご紹介しています。
これを読んでぜひ本当の幸せを手に入れてください。
そして他の人にもこのすばらしい真実を教えてあげてください。
あなたの人生を充実させる!3つの黄金ルールはこち らからご覧いただけます。>>


メールマガジン「成功と幸せを驚くほど簡単に手に入れる方法!」
葉室頼昭先生から教えてもらった「幸せな人生を生きるために本当に大切なこと」をお伝えいたします。
日本人が本来大切にしてきた神様ご先祖様に感謝し、他人の幸せを考える生き方についてご紹介いたします。
バックナンバーは「メールマガジン」ページ よりご覧いただけます。



このページをお気に入り(ブックマーク)に登録する | | トップページに戻る